07月26日 今日の気づきシェア

- - - さちこ(HN:寝子)
16:03
RT @teateseitai: ダンスやバレエに強い整体師を目指すなら。 姿勢や歩き方を見られる整体師を目指すなら。 整体の基本を何度も身につくまで練習するなら。 【てあて整体スクール】 https://t.co/Sclmcl9reH #整体スクール #整体学校 #東京で整…
19:33
背骨・脊柱よりも ”脊椎”派です(^^) https://t.co/ZbSFELwTjn #jugem_blog

知多半田WS ありがとうございました

レッスンレポート comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

アフターのご報告ばかりで

肝心のワークショップのレポートが

すっかり遅くなりました(^^ゞ

 

あらためまして・・・

知多半田ベリーダンス向けWS

ご参加いただいた皆さん

お世話いただいているMinoriさん

ありがとうございました❤️

 

地方出張の最初の時に出会って

年に1回のペースで今年が3回目

続けてこられて嬉しいです

 

今回はベリーダンスの方が対象で

「腕と上半身の動き」をテーマに

皆さんにきらめいていただきました✨

 

 

「腕をまっすぐに と言われるけど

 どうしたらいいでしょう」

 

そんな質問からスタート

しかし 彼女の先生が何を意図しているのか

私はもちろん彼女もわかっておらず・・

だからこその質問なんですけどね(^^;

 

ただ 首にある必死さにワークして

腕のマッピングを更新したら

すっときれいな腕になりました♪

 

 

「ショルダーシミー(揺らす動き)で

 力が入ってきて疲れる」

 

これはよくある質問です

何が起きているかというと 多くの場合

・一生懸命動かそうとしている

・動きをチェックしている

 

こういう時は わざと目の前で手を振ります

ハロ〜!

それに気づいて でも動き続けていると

動きが楽になっちゃいます♪

 

外の世界とコンタクトしていること

これ とても大事なのです

 

 

「ひじを曲げて上げて 動かす」

 

独特なポーズと動きもありました

そのポジションに腕を置くために

肩ががんばっていたので

動きの指示の言葉を変えてみました

「ひじが身体から離れていく」

 

使う言葉もとても大事です(^^)b

 

 

「私は硬いから」

 

最初から決めている人には

言葉どおりを身体がやろうとしていることを

体験していただきました

「動ける」体験です(^^)

 

もちろんすべての最初には

「きらめく」があります

楽な首で 頭がふわっと高いところにあって

全体が長く広くなること

 

少しでも気づきの体験ができたかなぁ(^^)

 

次回は9月3日に静岡で

ベリーダンス向けの体験WSがあります

すでに残席は5名様とのこと

静岡方面の方は こちらをチェックしてくださいね

 → 9月3日静岡WS

 

東京の方は 誰でも参加できる

夏の体験ワークショップへどうぞ☆

8月12日(土)13:30〜17:30

RESERVA予約システムから予約する

 

いただいた感想をいくつかシェアします❤️

ーーーー・ーーーー・ーーーー

「自分の意識のもち方次第で動きが変わることがよくわかりました。体と考え方のくせをなおして新しい自分になりたいなぁ。」(渡邉充代さん)

 

「(役に立ったのは)楽なところを見つけて楽でい続けられるようにする。否定形でない言葉で脳に指示をする。きめつけないこと。またぜひ受けたいです♪」(石川久美子さん)

 

気をつけていたつもりが、意識しすぎだったり、やりすぎたり、逆に力を入れすぎたり、固めていたり・・・と意識の持ち方、イメージの持ち方の再確認ができ良かったです。」(みのりさん)

 

思い込んでしまうと身体もそのようにしか動かないということが、体験してわかりました。とてもわかりやすく楽しかったです。触れられると照れてしまいますが……」(宮崎留美さん)

 

ポジティブな気持ちになりました。どうしても自分に厳しくなってしまいますが、考え方一つで気も楽になりますね。ありがとうございました。」(K.H.さん)

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

背骨・脊柱よりも ”脊椎”派です(^^)

脊椎・軸のこと comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

背骨・脊椎・脊柱

 

いろんな呼び方がありますが

あなたはどれを使いますか?

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

踊るための身体のしくみを

また少しずつ振り返っています

 

今日は いわゆる「背骨」

 

私としては「脊椎」と呼びたいです(^^)

 

だって 背骨って言うと

背中にありそうじゃないですか

ノドを通っている骨を「背骨」って言う?

「首の骨」ですよね

 

首の骨 = 頚椎

背中の骨 = 胸椎

腰の骨 = 腰椎

 

用語的にはエリア別に名前があるけど

でも 全体はつながっているのですよ

 

分けた言葉を使っていると

自分の意識の底(いわゆる無意識)でも 

違うものに扱ってしまうのですね

 

だから 全体で「脊椎」

仙骨や尾骨 尻尾の先まで脊椎!

 

それと 背骨っていうと

やっぱり背中にある気がしちゃいます

でも背中に触れるのは突起です

たとえばこれは胸椎の部分

 

突起も大事なのだけど

重さを支える仕事をしていて

あなたが思う カーブを描いている骨は

もっと前を通っています

 

背中にあると思ってしまうと

いろんなものが後ろにズレていきます

だから 「背骨」にしたくないのね

 

もう一つ 「脊柱」というのもあります

まさに柱のように積み重なっているんだけど

柱っていったら 普通はこれでしょ

 

曲がった柱ってないですよね

だから「脊柱」って思っていると

やっぱり意識の底で

まっすぐにしたくなっちゃうのです

 

使う言葉って大事なのです

自分が 自分の身体をどう思っているか

どんなイメージに理解しているのか

それを表していますからね!

 

なので・・・ 

私は「脊椎(せきつい)」派です(^^)

 

AT Danceで身体を学ぶとき

たんなる解剖学ではなく

自分の身体をどう信じているか

そこを見直すことを大事にしています

 

知識は大事だけど

それを自分に落とし込むこと

体感すること

 

あぁ 私の身体ってそうだよね!

 

それをぜひ学んでいって欲しいです(^^)

「踊る身体の骨&コツレッスン」

そういうクラスです

 

8月10日(木) 13:15〜15:45

 腕全体のしくみを学びましょう

RESERVA予約システムから予約する

 

8月11日(金) 13:30〜17:30

 軸・腕・脚の大事なしくみを

 ピックアップして学びます

RESERVA予約システムから予約する

 

8月15日(火) 19:15〜21:45

8月16日(水) 14:15〜16:45

 足首・足について学びましょう

RESERVA予約システムから予約する

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

07月25日 今日の気づきシェア

- - - さちこ(HN:寝子)
02:25
クジラも人間と同じ・・ https://t.co/6NSIzw3MJy #jugem_blog

07月24日 今日の気づきシェア

- - - さちこ(HN:寝子)
11:30
食事に行った店で、シェイカーの探求に合気道に興味があるという、プロフェッショナルバーテンダーさんにワンポイントレッスン。 その後のシェイカー振りが優雅になりました?
11:31
これからシャチのトレーニングショー?
16:12
水族館でまったり癒されてます? ほわ〜ってしてると、笑みとともに自然と口がゆるんで開いてる(笑) https://t.co/qmvvxLOfBO

クジラも人間と同じ・・

身体のこと あれこれ comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

人間と動物の骨格は 

ベースは共通しています

 

いったい誰が考えたのか・・

本当に素晴らしいなぁと

いつも感動するのです

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

名古屋で水族館に行ったのです

シャチを見たくて❤️

 

そしたらね・・・あったのです

骨が♪

クジラたちの大きな骨がいっぱい!

 

BIGなマッコウクジラ・・入りきりません(^^;

 

シャチくん

 

クジラやイルカは哺乳類です

だから魚類とは骨が違います

骨は私たち人間と似ているのですよ(^^)b

 

魚はヒレですが

クジラの場合は「腕・手」です

大きな手でしょ!

 

 

肩甲骨・上腕骨・尺骨&橈骨・指

私たちと一緒です

 

陸から海に入ったばかりの頃

「ムカシクジラ」と呼ばれるものは

脚もあります

 

 

だんだん進化の過程で

脚が要らなくなると・・もうひざ下はないです

 

 

そして最後はこれ

今のクジラたちには 骨盤の名残があります

 

 

それから 尻尾は上下に振るので

そのための筋肉がつく骨が

尻尾の下側にあります

骨の突起は筋肉がつく場所

私たちの脊椎も同じですね

 

 

 

私たち人間は首があって

頭が自由に動くわけですが

クジラやイルカたちは

首の骨がくっついています

つまり・・首がない!

 

 

これは 速く泳ぐために必要なんですって

だからイルカは首を振るとき

胴体も全部が左右に動きますよね

 

 

でも シロイルカと呼ばれるベルーガには

ちゃんと首があります!

骨が分かれていますよね

ただ 泳ぐのはゆったりなのです

 

 

この子達は 頭も小さいです

首があるので こんな動きもできちゃう!

 

 

めっちゃラブリーです💓

 

骨格は ベースは同じですが

それぞれの環境や生き方に適した形状

変化しているわけですね

 

私たち人間は 陸上で

手を使い立って活動するために

適した骨格を持っています

 

二足直立歩行をするために

「適した形」なのですよ!

 

それなのに 肩こり腰痛・・・

いっぱい不都合が起きるのはなぜですか?

 

自然のシステムを邪魔する

余計な干渉をしているからですね

 

それをさせているのは誰?

自分が・・ですよね

動物はそんな不自然なことしませんよ!

 

あなたの身体がもっている

自然のシステムに合った使い方

それを思い出させてくれる学び

アレクサンダー・テクニークなのです

 

自分の身体を活かせば

踊ることはもっと楽しくなります(^^♪

 

■8月11・12日 夏の体験WS■

身体のしくみを学ぶ 身体の骨&コツレッスン

活かす使い方を学ぶ アレクサンダー・テクニーク

どちらもお勧めです✨

 

8月11日(金・祝) 13:30〜17:30

 身体の骨&コツレッスン

8月12日(土) 13:30〜17:30

 あなたに役立つアレクサンダー・テクニーク

ご予約&詳細はこちらから

RESERVA予約システムから予約する

 

■身体を活かす使い方 アレクサンダー・テクニーク■

7月26日・8月9・23日

 14:15〜15:45

8月3・17・24・31日

 19:15〜20:45

RESERVA予約システムから予約する

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

07月22日 今日の気づきシェア

- - - さちこ(HN:寝子)
02:59
地方からのご参加 ありがとうございます https://t.co/aGfsyAkL1C #jugem_blog

07月21日 今日の気づきシェア

- - - さちこ(HN:寝子)
02:26
骨の仕事・筋肉の仕事 https://t.co/ZfF4Oqn4pS #jugem_blog
18:04
30年来のダンスの仲間が、膝を痛めて踊り続ける危機に直面しています。 痛くなってからも、真面目な彼女は好きなものダンスをがんばり続けてきた、その結果なので悲しいです。 できることは何でもしたい。 だから、アレクサンダーテクニーク教師になったんだもの。

地方からのご参加 ありがとうございます

レッスンレポート comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

出張月間になっている7月ですが

地方からお越しの受講者さんも

ときおりいらっしゃいます(^^)

今月は福岡と高知から!

 

他に予定があって上京した限られた時間の中で

レッスンに来てくださるって・・

本当に嬉しい❤️

 

高知から来てくださった國廣 桜さんが

その後の感想を送ってくださいました

ご本人の承諾をいただいたのでシェアします

ありがとうございます

 

ーーーー

先日は本当にどうもありがとうございました。

あの日に自分の中で発見したことや意識を今毎日ふとした時に思い出しながら生活しています。

自分の感覚と結果がイコールでないこと、メルマガでも読んでいたはずでしたが、

やはり実際にレッスンを受けるとすごく理解できました。

特にルルベのしやすさや安定感はすごく変わって感動です。

ストレッチや筋トレなんかの時も頭を意識して自分の状態を観察すると、いつもよりも身体が柔らかくなった様に感じます。

本当に身体ってすごいし面白いですね。

また機会があればレッスンを受けに行きたいです!

ーーーー

 

文字で読んで

「きっとこんな感じだろう」

想像していたことと

実際に体験してみるのでは

発見のレベルが違いますね(^^)b

 

ぜひ観察と実験を続けていってください

 

お盆休みの前半となる 8月11・12日

夏休み体験ワークショップを開催します

東京の方も 地方の方も

お時間が取れそうだったらぜひ☆

11日はすでに半分埋まっています!

 

8月11日(金・祝)

 踊る身体の骨&コツレッスン

8月12日(土)

 あなたに役立つアレクサンダー・テクニーク

 

ご予約&詳細はこちらから

RESERVA予約システムから予約する

 

それほど時間はないけど

個人レッスンなら受けたい!

という方はメールくださいませ

→ こちらからどうぞ

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

骨の仕事・筋肉の仕事

踊るために知っておきたい身体のこと comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

「踊る身体のコツを知る!」

 

これ 私のHPの名前です

身体のコツ=骨を知って

動きのコツも見つけよう

そんな意味があります

動きのコツにつながるのは 

アレクサンダー・テクニークですね

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

”身体のコツ”についての記事を 

また少し書いていこうかなと(^^)

だって 読んでも読んでも忘れるでしょ(笑)

 

 

ということで・・

「骨の仕事 筋肉の仕事」

 

身体はさまざまなものでできていますが

あなたの身体を形作っているもの

それは何でしょうか?

 

「骨」ですよね

基本の形は骨で決まります

 

 

では骨のお仕事って何でしょうか?

 

●「重さを支える」

一番上にある頭の重さを脊椎が支え

肋骨や腕も加わった重さを骨盤が支え

頭も含めた胴体全体を脚が支えています

 

●「動きを決める・つくる」

骨と骨が出会う場所が関節

そこで動きは起きます

関節の構造や形によって

動ける範囲や方向が決まります

 

 

でも 骨だけでは動くことができませんよね

そこで登場するのが「筋肉」です

 

●「筋肉は骨を動かす」

筋肉は関節をまたいで骨についています

これは上腕二頭筋です

縮むと肘が曲がります

(筋肉.guide)

 

●「重力に対して身体を起こす」

骨を動かすことによって

赤ちゃんの時の這い這いから

身体を起こして立ち上げ それを保つ

これも大事なお仕事です

 

「抗重力筋」とも呼ばれている筋肉たちで

重力に抗って(あらがって)身体を起こす!

そのために働いています

 

でも 起こしすぎたら倒れてしまいますね

だから行き過ぎないように引き戻す

その役目を持っている筋肉もあります

両方の力のバランスによって

身体は起きて立っています

 

これが より小さな力でバランスするほど

立つことは楽になります

そして 動きやすくもなります

 

それなのに・・・!

立つことをがんばっていませんか?

 

あなたの身体は

身体を起こして活動するために

十分に発達しています

しっかりと立つことができます

 

それなのに 起こしすぎてしまう

「姿勢を保とう」とするあまり

起こすことをがんばりすぎてしまい

骨のつながり・積み重なりを歪めて

バランスを崩しています

 

いつも筋肉が余計に働き続けていて

あ〜 立っているのって本当に大変!

 

疲れると脱力してしまって

さらに崩れます

 

身体を形作っているもの

重さを支えているもの

それは「骨」ですよ(^^)b

骨ってけっこう太いし 大きいです

 

自分の骨を信頼して

支える仕事はお任せしたらどうでしょうか

バランスよく積み重なっていれば

力はぐっと少なくてすみます

 

もう一度言います

より小さな力でバランスしているほど

立っていることは楽だし

身体は自由に動くことができます

 

もっと楽に立って踊りましょう♪

 

■身体を活かす使い方■

7月26日・8月9・23日

 14:15〜15:45

7月27日・8月3・17日

 19:15〜20:45

RESERVA予約システムから予約する

 

■夏の体験ワークショップ■

8月11日 13:30〜17:30

 踊る身体の骨&コツレッスン

8月12日 13:30〜17:30

 あなたに役立つアレクサンダー・テクニーク

RESERVA予約システムから予約する

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM