「腕を横に上げる動き」 バレエ&ベリーver.

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

以前こんな記事を書きました

肘を落としたくないし、肩も上げたくない!

 

そのときに書いた「肩の内旋」の動き

ビデオにアップしたときに

もう一つ記事を書きました

楽できれいなアンバーの腕をつくる

 

文章で読んで動くよりも

少しはわかりやすくなったでしょうか

 

今日の映像はその続き

アンバーに置いた腕を横に上げるとき

肘が落ちてしまうことについての

ワンポイントレッスンです

 

どんな動きもそうですが

”ポジション”と思うと 形にしたくなります

でもすべては動きの結果つくられたものです

 

身体のしくみに沿って必要な動きをやる

 

シンプルにしたときにより自然になります

もちろん”きらめく”ことから始めますよ!

 

アンバーからアラスゴンドに上げる動き


もう一つ ベリーダンスVer.

 

腕に張りがありながらも

肩でがんばらない 横のポジションですね

 

フラの方もこちらの腕の使い方ですね

 

左右に腕の方向が変わるときは

肩関節での内旋・外旋の動きが起きていますよ

 

 

動いてみて 何か発見があった方

もっと知りたいことが出てきた方

 

いつでもレッスンにお越しくださいね☆

「踊るカラダの使い方」

現在はオンラインで開催中です

 

身体のしくみをもっと知りたくなった人は

「骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ」

こちらがお勧めです(^^)b

今月は「骨盤の動きとしくみ」がテーマ

 

腕について興味がある人は

6日のWSもまだ受け付けています

「3日間オンラインWS」

 

すべてのご予約はこちらからどうぞ

 

メルマガ登録はこちらから

 ⇨ 登録する

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

 

肘を落としたくないし、肩も上げたくない!

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

腕を横に上げたとき

肘が下を向いて落ちてしまう

上げようとすると

今度は肩が上がってしまう

 

どうしたらいいの!!

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

肘を落とそうとしているわけじゃないけど

気づくと落ちちゃってる

 

これは自然なことでもあります

 

腕を自然に下ろしているときって

肘はどっち向いていますか?

 

後ろですよね

 

そのまま横からてっぺんに上げたら

肘はどっち向いてますか?

 

いつのまにか外を向いてるでしょ

 

そういうことです(^^)b

勝手に回っちゃうんですよ

そうしないと腕が上がらないから

 

腕を横から上に動かす間に

肩関節では約90度の外旋が起きます

横に上げているうちに

下方向に回り始めているんですよ

だから 肘が落ちます

 

 

じゃあ肘が落ちないためには

どうしたらいいのでしょうか?

 

最初の段階で少し外を向けておくんです

 

アンバのポジションのとき

肘は外側向けていますよね

そうすれば横に上げたときに

いい感じに後ろを向いてくれます♪

 

でもここに罠があるんですよ〜

 

肘を外に張ろうとすると

肩から動かしてしまう!

 

それで ”前肩”になったり

横に上げたときに肩が上がります

 

 

肘を横に向けるのは

肩関節の”内旋”の動きです

肩が前に入っちゃうときは

鎖骨や肩甲骨ごと動かしています

やっている動きが違うんですよね

 

首や背中に力が入っていると

この動きがうまくいきません

(筋肉でブレーキかかってますからね!)

 

 

肩関節の内旋を練習しましょう

 

まず楽な首とふわっと高い頭を思い出します

背中が丸くカーブをしていて

坐骨の上に頭がふわっとのっています

 

バッグを腕にかけるときのように

手のひら上で肘を曲げます

肘は脇につけたままで

手を内外へと動かしてみましょう

 

これ、内旋&外旋の動きです

肩の場所は動いていないけど

肩に触ると中で動きを感じると思います

(ちょっとゴリゴリしてるかも!)

 

今度は両腕でこの動きをやってみましょう

そして 手の先から静かに

お腹の前で前腕を重ねていって

最後に肘を脇から離します

 

肘が外を向いていますよね

そのまま肘をゆるめて 手を下ろしましょう

 

はい、アンバのできあがり♪

 

そこから 指先が左右に離れていくと

きれいに腕が横に上がったと思います

いかがですか(^^)

 

 

肘を張ろう

落とさないように上げておこう

 

こうした考えが

余分な力でがんばらせて

必要のない動きをさせています

 

腕はいろんな方向に動けるようにできているから

本当に動きたい場所とは

違う場所が勝手に動きやすいんですよね

 

 

余計ながんばりをやめて

楽な自分で ていねいに動いていくと

必要な動きはおのずとできるようになります

 

私がお伝えしているのは

”やり方、動き方”ではなく 

あなたが持っている自然な動きを

使えるようになるための方法

 

自分使いの原理原則

動くときの基本の”き” なんです

 

あなたの身体は本当はもっと楽に動く

いつでも自然な動きができる

もっと気持ちよく踊れる!

 

そのことをお伝えし続けています

ぜひ見つけにいらしてくださいね

しっかり手洗い&うがいして 

スマイル倍増でお待ちしておりますよ〜💖

 

 

レッスンのご予約はこちら

https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

出かけなくても遠方でもOK

スマホでも受けられる

オンライン個人レッスンを始めました☆

詳しくはこちらから

 → オンライン個人レッスン

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

横に腕を上げると肩が痛くてつらい・・

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

腕をアラスゴンドに(横に)上げていると

肩の筋肉が痛くなってしまう

 

キープするのもつらいし

肩も一緒に上がっちゃいそう!

 

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

「腕は脇で支えてね」って

先生から言われたことがあるかもしれませんね

 

痛くなってしまう筋肉はこれ

三角筋(さんかくきん)です

 

 

腕をあげたときにポッコリ

出てしまうあの部分ですね

 

三角筋で腕の骨を持ち上げているのですが・・

でも 三角筋だけががんばりすぎちゃう

そういう使い方を続けていると

肩周りががっちり筋肉質になって

ちょっとゴツい感じになっちゃいます!

 

 

なので 骨のことも思い出しませんか(^^)b

 

腕を横に上げるとき

動きの支点はどこでしょうか?

 

いわゆる「肩関節」ですね

肩甲骨と腕の骨(上腕骨)が出会う場所

 

それは 三角筋で持ち上げているような

上の端にはありませんよ

もっと下の 内側にあります

 

 

 

支点がわかったところで

じゃあ実際に動いてみましょう

 

まず腕は身体の横に下ろしておきます

 

1回目はいつも通り 

腕を横に上げてみましょう


2回目は動きの支点を思い直します

上のへりではなく もう少し下

肩の丸みの内側です

そこを支点に 先端である指先が

太ももから離れていきましょう

 

 

さて 何か違いはありましたか?

 

肩の三角筋のがんばりが

少し減ったと思います

その分 脇の支えが強くなっていませんか

この支点は 前や後ろに上げるときも同じですよ

 

さらに 楽な首とふわっと高い頭

それから 床にある足を考えながら上げると

(自分の重さが足にのっていること)

また何か変わると思います

 

腕の支えがグラグラして弱いのは・・

この記事で書いたように

腕の骨の支えるつながりが

骨盤から脚につながっていることも

思い出すとまた変わります

 

 

今回のポイントは

・正しい動きの支点を使う

・腕を上げようとしないで

 指が軸(胴体)から離れていく

・腕の動きだけど 全体が参加している

 

 

ほんの少しの違いが

その先に大きな違いとなります

肩で三角筋ががんばり続けたら・・・!

特に女性ダンサーは

きれいな筋肉をつけたいですからね💖


 

あなたが知らない自分の身体のこと

気づいてない無意識の動き

 

楽で自然なものに変えていきましょう

(ていうか 本来は楽なのだ!)

 

■骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ 1Day

3月20日(金・祝)13:20〜18:40

新宿マイスタジオ

 → ご予約&詳細

 

■踊るカラダの使い方 〜踊りやすく痛めない姿勢と動き

 → ご予約&詳細

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

腕の支えがグラグラして弱いのは・・

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

腕(手)は 

何かにつかまって自分を支えたり

相手を支えるることにも使いますね

 

バーにつかまったり

パートナーの手をとったり

身体のどこかに添えて支えたり

 

その支えがどうも不安定で

つかまってもグラグラしてしまう・・

 

さてどうしましょうか?

 

つかまっても不安定に感じると

手で握りしめてしまったり

身体にも余計に力が入りますよね

 

支えるのは 手の仕事でも

筋肉の仕事でもありません

 

支えるのは 骨の仕事!

 

いつも言っていますよね

 

でも その支えを肩甲骨に任せていたら

頼りにはならないでしょう

肩甲骨は”動くもの”なので

周りの筋肉ががんばらなくてはいけません

 

腕は鎖骨から!
支点は身体の前側にありますよ

 

腕の骨は 肩甲骨&鎖骨を通って

身体の前側にある胸骨へ

これだけでもしっかり強い支えができます

 

さらに 胸骨から第1肋骨を通って

脊椎へとつながります

第1胸椎から下に向かって太い腰椎へ

そして骨盤まで

力は硬い骨に沿って伝わっていきます

 

 

あなたの腕(手)が支えている力は

軸全体が支えているわけですね!

 

さらに言えば脚を通って

床(大地)が支えていることにもなります

 

なんてパワフルなんでしょう!!

 

床は上向きにあなたを支えています

その力は同じ道を逆に辿って

脊椎から頭のてっぺんへ

強いエネルギーの柱となって

あなたを支えてくれますよ

 

 

あなたをデザインしている骨のしくみ

つながりに沿って動けば

無理な力は要らないし 入りません

 

余分な力を使わないために

もっと骨を頼りにしましょうよ(^^)b

 

あなたの中にある骨のしくみを

動いて体験して学ぶ身体のレッスン

■骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ

<1日で全体のポイントを学ぶワークショップ>

3月20日(金・祝)13:20〜18:40

新宿マイスタジオ

 → ご予約&詳細

 

<テーマごとにじっくり学ぶマスタークラス >

3月のテーマは「肩関節の動き」

17日(火)19:15〜21:45

18日(水)14:15〜16:45

新宿マイスタジオ

 → ご予約&詳細

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

脚が軽く上がったのは、腕を変えたから

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

「バトマン(脚を上げる動き)のとき

 力で無理やり上げてしまいます」

 

今日のレッスンで出てきたのは

久しぶりに脚を上げる動き

 

さて 何が起きていたのでしょうか?

 

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

(久しぶりに言ったわ〜)

 

脚をぽ〜んと放り投げるように

前・横・後ろと高く上げる動き

 

より高く上げようとするほど

速くシャープに上げようとするほど

どうしても力でがんばりたくなりますね

 

実際に動いて見せていただくと

ふむふむ・・・

 

 

スタジオにはバーが無いので

壁に手を添えて支えていたのですが

私がその手を取ってバー代わりになり

そこからもう一度やってもらいました

 

そうすると・・・

さっきよりも力みが減りました

私の手にも ほとんど力はかかっていません

 

何が変わったんでしょうか?

私のハンドパワー?ではないですよ(笑)

 

 

変えたのは 腕の方向です

 

最初 壁に手をついていたときは

身体の真横あたりだったんです

それで私はもっと前で手を支えたのですね

 

いわゆる アラスゴンドの腕は

身体の斜め前出ます

 

腕は 肩甲骨の延長上に出したときが

自分の身体にとっての”横”なんですよね

 

「え、そうなの!?」と思った人は

下の骨くんをよく見てね!

 

 

それを真横にしていたので

上体も後ろに倒れていて

首から背面が緊張していましたから

脚も上がりにくくて 力が必要だったってわけ

 

原因は脚の方ではなかったのです

(もちろん”きらめく”のは基本!)

 

気づいてみれば

な〜んだ、そういうこと!?

 

習慣になっている動きって

そういうものなのです(^^)b

 

 

「骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ」

今月のテーマクラスは<肩関節の動き>です

腕の動きのあれこれを しくみから学びましょう☆

 

学校やいろんなレッスンがお休みのあなた

せっかく空いた時間を有効に使って

自分を磨くチャンスですよ🌟
 

「骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ」

3月12日(木)11:15〜13:45

17日(火) 19:15〜21:45

18日(水) 14:15〜16:45

新宿マイスタジオ

 → ご予約&詳細はこちら

 

全体のポイントをまとめて学べる 1日WS

3月20日(金・祝)13:20〜18:40

新宿マイスタジオ

 → ご予約&詳細はこちら

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

肩が上がらないために この筋肉にはたらいてほしい

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

手を(腕を)上げるとき

肩が上がらないために

もとい 首が短くならないために!

 

肩甲骨が 手〜腕についていって

自然な動きが起きていれば

首は長いままでいられるのですが

 

そのときはたらいている筋肉はここ↓

 

肩甲骨の裏側から 肋骨に向かってついてます

前鋸筋(ぜんきょきん)

 

肩甲骨を肋骨に沿って

脇の下に向かって前に引っ張ってくれます

(肋骨は楕円だから 横じゃないんですよね!)

 

 

でも 背中側に力が入っているとき

 

肩甲骨を寄せておこうとしたり

胸を上げようとしたり

肩を後ろに引いておいたり

頭を後ろに引いていたりするとき

 

背中では大岡裁きのように

「肩甲骨は私のものよ!」

前鋸筋と菱形筋(りょうけいきん)

引っ張り合ってしまいます

 

これだと 肩甲骨はどっちにも行けずに

腕が上がりにくいですね

 

そのまま上げると・・エイ! 

肩も一緒に上がります

 

 

ここは 菱形筋には控えてもらって

肩甲骨を自由にしたいのです

 

かといって

「前鋸筋をしっかり使おう」

なんて考える必要はありません

 

はたらいてほしいだけで

使おうとしなくていいのです

はたらきやすいようにしてあげるだけ(^^)b

 

筋肉に意識を向ける必要もありません

(むしろ忘れてほしい!)

ただ 知っておけばいいのです

 

 

ここね すっごく大事なとこ!

 

筋肉(身体)って しっかり使いたくなるし

使っている感覚が欲しくなるでしょ

 

そこが「ワナ」なのです

 

 

筋肉は動きに必要なだけはたらいてくれます

どれだけ必要かは 身体がちゃんと知っているから

あなたは「使おう」としなくていいのです

 

使いたい衝動に

「いらないよ〜」って言いましょう

 

やってほしいのは

前鋸筋がはたらきやすいように

全体が協力できる準備をすること

 

そのためにアレクサンダー・テクニークを使います

 

”きらめく”が起きることを自分にお願いして

自分の首が楽で

頭はふわっと高いところで動けることを思い出し

脊椎がしなやかに元の長さとカーブを取り戻すと

肩甲骨の間は広くなって

腕が自由に動けるようになります

(ここまで 協力の準備)

 

手の指先が 行きたいところまで動いていくと

腕〜肩甲骨がついていきます

(動かそう、使おうとしないで必要な動きをする)

 

菱形筋はブレーキをかけることなく

手を(腕を)上げた分だけ 肩甲骨は動いて

前鋸筋は必要なだけはたらいてくれます

 

それが あなたの身体のデザインです


 

動きを通して自然な動きを見つける

■踊るカラダの使い方

 ー 踊りやすく痛めない姿勢と動きレッスン 

3月4日・16日 19:15〜

11日・25日 14:15〜

 

まず身体のしくみから学ぶ

■骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ

1日WS 3月20日 13:20〜18:40

 

どちらもお勧めです

ダンスジャンルやレベルは問いません

3月4月は福岡&札幌でもワークショップを開催☆

 

3月7〜9日 福岡ワークショップ

4月18・19日 札幌ワークショップ

 

ご予約はタイトルをクリック 

or こちらから↓↓

https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

肩が上がらないために・・ 肩を下げておかない

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

少し前に

肩が上がらないために 指先から動く

指先から動く・・のはリズムがあるから

 

こんな記事を書きました

もう一つ ”肩が上がらないために”

 

肩を下げておかない!

 

は? 意味がわかりません!

 

そう思うでしょ

 

肩が上がってしまうと

「しっかり肩を下げておいて」

なんて注意されますもんね

 

 

肩(もしくは肩甲骨)を下げておく

上がらないようにする

下げてキープする

 

これ 肩が上がる原因になります

 

なんてことでしょう!

せっかくの努力が水の泡!?

 

 

考えてもみてください

下げておくために 何をしますか?

 

力でがんばりますよね

 

どこの力ですか?

 

肩甲骨周りの 背中の筋肉を使って

上がらないようにするわけですよね

 

でも 前の記事で書きました

 

上腕骨の動いた分だけ 肩甲骨が動きます

 肩甲骨を意識していると周辺の筋肉が緊張して

 ブレーキをかけてリズムを崩します」

 

 

腕が動くとき 

肩甲骨は一緒に動く必要があります

 

手を頭の上に アンオーに上げるとき

もし肩甲骨を下げたまま止めておいたら

うまく上がらず 腕も短くなります

ブレーキかかってますからね

 

しっかり高く(腕が長く)上げようとしたら

肩甲骨ごと引っ張り上げるしかない!

 

だから 肩が上がってしまいます

 

止めておいたらダメなのです

 

肩甲骨が必要な動きをしてくれたら

肩は上がりません

首は短くなりません

 

 

それ以前に・・

 

まだ上がっていないのだから

下げておく必要がない!

 

でしょ(^^)b

腕が自然な場所にあるのに

わざわざ下げる必要ないですもんね

 

もう一つお伝えすると

上がってしまったら 下げるのではなく

 

「上げるのをやめる」

 

こちらをお勧めします

下げるってどこまでかわからないでしょ

だから 余計にがんばっちゃいます

 

やっている でも必要ないことを

ただ「やめる」だけで十分なのです

 

アレクサンダー・テクニークはそういう学び☆

 

もっとあなたの身体のデザインに合った

自然な使い方を見つけませんか(^^)

 

動きを通して自然な動きを見つける

■踊るカラダの使い方

 ー 踊りやすく痛めない姿勢と動きレッスン 

3月4日・16日 19:15〜

11日・25日 14:15〜

 

まず身体のしくみから学ぶ

■骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ

1日WS 3月20日 13:20〜18:40

 

どちらもお勧めです

ダンスジャンルやレベルは問いません

3月4月は福岡&札幌でもワークショップを開催☆

 

3月7〜9日 福岡ワークショップ

4月18・19日 札幌ワークショップ

 

ご予約はタイトルをクリック 

or こちらから↓↓

https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

指先から動く・・のはリズムがあるから

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

昨日のこちらの記事の補足

「肩が上がらないために 指先から動く」

 

腕だけでなく 身体のどんな動きも

全体がつながりながら

でも 順番に動きが起きています

 

「順番に」って大事なのです!

 

 

ほら 電車だって先頭車両から

順番に続いていくから安全に走れます

もし後ろの車両がスピードアップしたり

いつまでも動かなかったら

途中が詰まって脱線しちゃうでしょ

 

道路だってそうです

赤信号が青になったら 

先頭から順番に走り出します

いつまでも止まってたら ビッビー!

後ろからクラクション鳴らされますよ

 

 

腕の動きには法則があります

 

「肩甲上腕リズム」

(ググると画像や動きの映像がいっぱいあります)

 

ざっくり言うと

腕の上腕骨と肩甲骨の動きには

2:1のバランスで動くという法則

 

腕を横に上げるとき

30度くらいまでは肩甲骨は動きません

もっと上げるには 

肩甲骨が一緒に動く必要があります

 

 

90度まで(肩の高さに)上げると

肩甲骨は30度 上方回旋します

つまり上腕骨の動きは60度

120度まで上げると 肩甲骨は40度

だから2:1の比率です

腕の方が動きが倍速いですよ!

 

(こんな感じ)

 

これが自然のリズム

上腕骨の動いた分だけ 肩甲骨が動きます

 

 

肩甲骨を意識していると周辺の筋肉が緊張して

ブレーキをかけてリズムを崩します

先に動かそうとすると 不自然なリズムになります

 

「動きが硬い」ってなります

 

ブレーキをかけたまま腕が上がれば

肩甲骨は回旋することができずに

ただ上がってしまいます

 

そうすると 首が短くなって

「肩が上がってる!」

注意されちゃいますね(^^;

 

このリズムで自然に動くためには

背面の筋肉がリラックスしていて

余分な緊張がないことが大切です

 

特に前に上げるときは

背中からのブレーキが強くなりがち!

横のときより肩が上がりやすいです

 

 

そのためには

・頭がふわっとバランスできるような

 首の楽さがあること

・腕は自然に身体の”横”にあること

・肩甲骨の間が楽で広いこと

・背中全体が長く広いこと

・指先が動きをリードすること

 

指先がリードっていうのは

あやつり人形とかをイメージするといいかも💡

あやつる紐や棒は手についていて

手が動いて 腕全体がついていって動く

そんな感じ(^^)b

 

全体が楽で自然なバランスにいて

「腕を動かそう」としないでいると

腕は長くしなやかに

きれいに動いてくれるのです♪

(実はここすご〜く大事!)

 

身体はいつでもそうやって動きたいし

動けるデザインとシステムがあるから

あれこれと邪魔しないで

自然に動ける状態を作ってあげる

 

それだけなのね💖

 

でも・・・

つい何かをやりたくなっちゃうでしょ

 

そこが練習なのです

アレクサンダー・テクニークを使って

あなたの身体に合った自然な動きを

取り戻していきませんか

 

 

動きを通して自然な動きを見つける

■踊るカラダの使い方

 

まず身体のしくみから学ぶ

■骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ

 

どちらもお勧めです

ダンスジャンルやレベルは問いません

3月4月は福岡&札幌でもワークショップを開催します☆

 

3月7〜9日 福岡ワークショップ

4月18・19日 札幌ワークショップ

 

ご予約はタイトルをクリック 

or こちらから↓↓

https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

肩が上がらないために 指先から動く

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

「腕は肩甲骨から」

 

よく言われますけど

この“から“は

肩甲骨”から”動かして腕が動く

という動きの始まりではなく

 

肩甲骨”から”指先までが腕だよっていう

腕の範囲を意味しています

 

動きの始まりは指先の方

 

肩甲骨は最後!

一番後から

必要なだけついていけばいいのです

 

 

ここを勘違いしていると

肩が上がってしまうんですよね

 

 

先日の「身体のしくみ」レッスンのとき

「引越しで荷物を運び過ぎて

 痛くて腕が上がりません」

という生徒さんがいました

 

よく見てみると 腕を上げようとして

肩が先に動いています

 

「肩甲骨は最後ね」ってお伝えしてから

彼女の指先に手を添えて

指先に先に上がってもらいました

 

指(手)に前腕・上腕とついていって

肩甲骨は一番最後

 

 

そしたら・・

痛みなく上がっちゃいました♪

 

「痛いからしばらくちゃんと踊れないと思ってたのに!」

 

もうその後は一人でも指先リードで

楽に頭の上まで上げることができましたよ(^^)b

 

 

始まりの意味で使う先生もいるけど

 

動くとき肩甲骨を意識していたり

肩甲骨を動かそうとがんばったら

動きは硬くなるし 肩も上がります

 

軸に近い 首や背中や胸に力が入っていると

そちらから先に動きたくなります

 

「あなたは最後でいいよ〜」

 

自分の肩甲骨に言ってみましょ☆

 

 

肩甲骨は最後!

手の動きに腕がついていって

肩甲骨は 腕の動きに必要なだけ

最後に動けばいいのです

 

 

背中で肩甲骨がスムースに動くためには

もちろん楽な首とふわっと高い頭

 

首の後ろが緊張していたら

背中も緊張します

頭が低くて脊椎を押していたら

いろんな筋肉が縮んで

腕の動きを邪魔します

 

腕の自由な動きのためには

まず軸が長くしなやかなことなのです(^^)b

 

アレクサンダー・テクニーク

あなたが 楽な首とふわっと高い頭

長くしなやかな脊椎を取り戻すことで

腕はもちろん 全体の動きを

楽にスムースに変えていくレッスンです

 

■踊るカラダの使い方 アレクサンダー・テクニーク

2月21日 19:15〜20:45

2月24日 16:15〜17:45

 → 詳しくはこちら

 

福岡ワークショップ受付中☆

■骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ

3月7日(土) 13:30〜18:30

 

■アレクサンダー・テクニーク体験WS

3月8日(日) 13:30〜17:30

3月9日(月) 11:15〜13:15

 → 詳しくはこちら

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

つかまっていてもグラグラしちゃうのは・・

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

バーを持っているのに

誰かの手や 何かにつかまっているのに

グラグラして支えられない!

 

床や壁に手をついて身体を支えるとき

(エクササイズなどでも)

腕から背中にかけて すごく力が必要で

筋肉がプルプルしちゃう

 

そんなあなたは自分の腕を

ちょっと勘違いしているかも・・?

 

 

たとえば・・・

「腕は肩甲骨からつながってる」ので

支えも背中側にあると思っている人

 

肩を後ろに引いている人

不安定になりやすいと思います

 

それが腕と軸とのつながりを

途切れさせてしまう・・というか

つながりを利用できていないのです

 

 

天使の羽は背中から生えていますけど

あなたの腕は背中ではなく

前側についています

 

腕と軸をつないでいるのは

肩甲骨ではありません

 

「鎖骨(さこつ)」ですよ!

 

肩甲骨は 背中で動くようになっています

動くものは支点にはなりません

 

 

ほら、湖などでボートに乗るとき

ロープでつないではあっても

揺れるボートに乗るのは難しいでしょ(^^)b

 

腕を背中側につなげようとしていると

肩甲骨の周りの筋肉は

なんとか動きを止めようとして

首から背中までの筋肉を総動員!

たくさんの力を使います

 

でも 鎖骨で前側につなぐなら

あとはしっかり強い骨全体が支えてくれます

 

 

あなたの腕は 身体の前でつながっています

じゃないと這い這いもしにくいでしょ(笑)

赤ちゃんは筋力無いですから

骨の支えを使うしかないですからね

 

支える力は腕から鎖骨を通って

胴体の前側にある 胸骨や肋骨

そこから脊椎へとつたわって

脊椎に沿って頭と尻尾へ

軸に沿って上と下に分散されます

 

最終的に支えているのは

やっぱり軸・脊椎なんですよね!

 

 

何かにつかまったり押したりして

自分を支えるとき

「腕は鎖骨から胸の中心につながっている」

 

そのことを覚えておいてくださいね☆

 

ただし つかまるのは”保険”で

本当は足と軸で支えるのが一番です(^^)b

 

 

■骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ 1DayWS

福岡 3月7日(土)13:30〜18:30

 天神 ラビートスタジオ

 → 詳しくはこちら

 

東京 3月20日(土)13:20〜18:40

 新宿マイスタジオ

 → 詳しくはこちら

(2月20日まで早割受付中☆)

 

軸と腕のつながりを体験で学ぶテーマクラス

3月18日(火)19:15〜21:45

3月19日(水)14:15〜16:45

 新宿マイスタジオ

 → 詳しくはこちら

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM