骨盤の歪みが気になる人は・・

身体のしくみ 骨盤 - - さちこ(HN:寝子)

骨盤の歪みが気になる・・・

 

そういう人は多いと思います

動きへの影響はもちろん

美容と健康にも関係しますからね

 

ところで・・ 

骨盤の歪みって何でしょう?

 

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

骨盤の歪み・・

 

傾いたり ねじれたり

開いたりというのが

一般的に言われているものですが

あなたはどのタイプでしょうか

 

 

「骨盤の」と言葉では言いますが

実際に起きているのは

周辺の筋肉の 余分な緊張です

 

たとえばここ(腰方形筋)

 

左右にありますが 片側が縮めば傾きますね

筋肉が緊張し続けると 痛みが起きます

動きも止めているので 全体が動けなくなりますね

 

緊張なのでマッサージでゆるめれば

その時は歪みが改善します

 

でも 緊張はあなた自身の癖なので

またすぐ元に戻ります

 

 

骨盤自体は靭帯でしっかりつながれていて

そう簡単にずれたり歪んだり

動くものではありません

(動かないわけではないですよ)

立てなくなっちゃいますからね!

 

 

 

骨盤の骨組み自体が変形するのではなく

骨盤がつながっている脊椎

腰椎から仙骨にかけての部分で

傾きやねじれが起きています

 

骨盤の動きは 脊椎の動きなのです

 

傾けることやねじることは

ただの動きの可能性の一つですが

そこで固定してしまうことが

「歪み」なのです

 

 

姿勢を良くしようとして

逆に起こしすぎて背中を縮めている人

この筋肉を使いすぎて腰が痛くなるでしょう

骨盤も前傾しやすくなりますし

ねじれを起こしている場合もあると思います

 

 

 

もう一度言いますが

「歪みは習慣」です

 

筋肉を使いすぎる習慣です

 

 

解決のために筋肉のことを考えると

また違う歪みを起こします

筋肉は意識を向けると

はたらこう(縮もう)としますからね!

背中やお腹あたりの筋肉は忘れましょう

 

骨盤の角度やポジションをさぐるのも

ほぼ失敗するでしょう

 

一つの指標としては

腸骨の前側と恥骨を結ぶ三角が

(立っているなら)床と垂直

というのがありますが

その上の方で傾いていたら同じことです

(つまり胸をあげて背中を縮めていたら

 骨盤が前傾するのと同じ)

 

 

改善のために私からの提案は

 *筋肉のことは忘れましょう

 *胴体全体で考えましょう

 

 

胴体の端と端

頭のてっぺんと坐骨だけ考えます

これは中心を通る”軸”でもあります

 

坐骨の上

鼻の奥より高いところに

頭がふわっとのっている

そう思います(イメージを持ちます)

 

正面から見ると 三角形になります

これが 二等辺三角形なら

傾きはないわけですよね

 

頭はフワッと高いところにあって

坐骨はかかとの方を向いていることを

思い出します

三角形は細長くなっていくでしょう

 

端と端が離れていれば

その間にあるものは

もっとも自然な場所に落ち着きます

 

 

それでも 縮めたくなる

筋肉でなんとかしたくなる

 

それが習慣です

 

 

使いすぎる場所があれば

必要なのに使っていない場所もあります

 

あなたの習慣を見つけて

変えていくのがレッスンです

 

脊椎が長くしなやかで

骨盤の自然な動きをつくるなら

歪みも減っていきますし

腰痛も改善されます

 

※アレクサンダー・テクニークは

 慢性腰痛の改善効果が医学的に認められています

 

 

動きを通して習慣を見直します

チケットやコース受講がお勧め!

■身体を活かす使い方 アレクサンダー・テクニーク

 → ご予約・詳細

 

身体のしくみから見直しましょう

5月は「骨盤の動き」がテーマ

■踊る身体の骨&コツレッスン 

 → ご予約・詳細

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

骨盤は開いておこう

身体のしくみ 骨盤 - trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

骨盤の開きが気になっているあなた

 

「骨盤が開く」って何ですか?

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

今日のお話は

「骨盤は開いておこう」です

 

 

骨盤が開いていると

歪みの原因になったり

下半身が太ってしまったり

安定が悪くなったり・・

 

そんなふうに言われますよねぇ

でも 骨盤は開いておきたいのです

 

ただし・・・

上の部分を です

 

実は最近 なんか腰が痛いというか

突っ張った感じがするなぁと思って

何をしていたかなぁと観察したのです

 

そしたら・・

お腹に力入りすぎてました

締めすぎというか

寒さのせいもありましたかね

 

腰周りの筋肉・筋膜が緊張して

つっぱり感や痛みになってたのです

 

で・・思い直しました

 

キラメク(頭のロックをはずす)をお願いしつつ

骨盤の上には大きなボウルがある

もっと広がっていいよ!

 

そしたら腰もふっと楽になりました(^^)

 

あぁ 締めすぎちゃってごめんよ〜!

そう思いましたよ❤️

 

 

お腹の支え もちろん大事です

でも どんなこともやり過ぎは

やらないのと同じこと

「過ぎたるは及ばざるが如し」

 

 

ちなみに 骨盤は上が開くと

下の方は閉じるしくみになっています

 

 

お尻の方も閉じてくれるわけですね

一挙両得(^^)b

 

これはほんの小さな 繊細な動き

思うだけで変化が起きる

微妙なレベルの動きです

でも 影響力は大きいですよ!

 

 

アレクサンダー・テクニーク使ってると

こういう気づきが増えます

そして 自分の身体を

上手にコントロールできるようになります

練習は必要ですけどね(^^ゞ

 

あなたも一緒にキラメキませんか♪

 

今月の「踊る身体の骨&コツレッスン」

テーマが”腹筋と体幹”です

 

こんな時間の投稿で申し訳ないですが

明日14日と20日にクラスがあります

よかったらぜひ(^^)b

 

「踊る身体の骨&コツレッスン マスタークラス」

12月14日(木) 11:15〜13:45

12月20日(水) 14:15〜16:45

RESERVA予約システムから予約する

 

その他のレッスンはこちらから

https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

メルマガ読者はちょっとお得♪

登録がまだの方はこちらからどうぞ!

https://maroon-ex.jp/fx43102/atdance1

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

股関節の情報をアップデートしたら やっぱり動きやすい

身体のしくみ 骨盤 comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

「股関節は斜めを向いているんだよ」

 

先日のビルさんのWSのとき

言われたこと

頭では知っていたのにね!

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

ATの「モンキー」という

浅いプリエのような動きをしていたとき

「右の股関節がずっと何かやっているんです」

そうビルさんに伝えると

返ってきたのが冒頭の言葉

 

「踊る身体の骨&コツレッスン」で

自分の身体を書いてもらうと

皆さん 脚を骨盤から下に出ています

でもね・・・

股関節(骨盤と脚をつなぐ関節)は

下向きでも 横向きでもありません

 

斜め前の 少し下を向いています

なんていうか・・微妙な角度でしょ(^^;

 

真横からはまってるんじゃない

 

自分の中に この骨盤と脚

もう一度イメージしたときに

股関節がするっと動きました♪

 

ん〜 そうかぁ!

 

今日のダンスレッスンでも

プリエのときに「斜め」を思い出すと

より動きやすかったのです(^^)

 

 

身体のことって 知識じゃないのです

自分の身体の中にイメージできて

そのように自分が使えているか

 

大事なのはそこんとこ!(^^)b

だから 動いて身体を学びます

というか・・発見します

 

 

自分の身体で 見て触れて動いて

「そうだったのか!」って体験して

新しい動きの中で身体を発見して学ぶ

「踊る身体の骨&コツレッスン」

 

マスタークラス第4期は まもなく開催

コース受講のお申し込みはこちらから

RESERVA予約システムから予約する

 

コースはちょっと・・という方は

1回ずつのビジター受講もできます

10月は初回価格で 20%オフの6,000円!

 

10月のテーマは「頭と脊椎の関係性」

”きらめく”の大事なところですね!

受講後にコースへの変更もできますよ

 

教える人なら 一度は学んでくださいね!

ダンス初心者にもお勧めです

 

私のような 身体が気になるシニアな皆さんは

これからの人生を快適に過ごすためにも

必ず役にたちます!!

痛い痛いって言いながら踊るのは

楽しくないでしょ(^^)b

 

お待ちしておりますね☆

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

骨盤を上下に動かしたい

身体のしくみ 骨盤 comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)
「ベリーダンスって ちょっと特殊な動きをするので
 大腰筋を使い過ぎてしまうと思うんです」


こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく
踊る! 身体のコツ&骨トレーナー さちこです

これは先日のレッスンの時にあった質問です
例えばこんな動き・・と言ってやってくださったのが
骨盤を上下に動かすことでした

「大腰筋を使いすぎないためには
 他にどこを使えばいいですか?
 どんなエクササイズをしたらいいですか?」

”何をしたらいいか”

普通はそう考えますよね
でもアレクサンダーテクニークですから
違う角度から見ていきましょう
”何がやりたい動きを邪魔してるのかな〜?”です

やりたいことは
・骨盤は横に振らずに縦に上下する
・全体はまっすぐを保ってグラグラしない
・今回はかかとを上げた状態で骨盤を動かす


骨盤は 膝を曲げていた方が動きやすいのですが
今回はかかとを上げて膝も伸ばしています

まず実際の動きを拝見します

どこを動かそうとしているか尋ねると
股関節のあたりを指しました
そのあたりに手をタテに置いて
上下の動きを示してくれました

さて この動きは骨盤の左右の部分(寛骨)が
上下にズレるように動くわけではありません

そんなことになったら大変ですよ!!

彼女もそうは思っていなかったのですが
手があったのは大腰筋のあたり
「大腰筋を使い過ぎている」ことと関係ある?
ちょっと気になりますね


この動きは 脚(大腿骨)に対して
股関節で骨盤が外屈・内屈することであり
動いているのは腰椎
です
上がった方の側の脚は持ち上げられ
骨盤は肋骨に近づきます


ということをふまえて・・
<プラン1>
動かそうと考える場所を変えます

股関節から骨盤の上の端へ

股関節は動きの支点となる場所です
大きく移動しているのは 骨盤の上の端ですね
動かしやすさに変化が起きました

<プラン2>
立つことのプランを変えてみました

特にかかとを上げて立つ時です

しっかり立とうと思う時 上に引き上げたくなりますよね
その「上」はどっちかな?ということ
上って思うと 無意識に後ろに行きたくなってしまうのです
構造的に アゴはすぐに上がってしまうから


かかとを上げようとするとこの傾向が強くなり
結果 股関節を前に押していました
これでは股関節はうまく動いてくれません

首が楽で自由になった頭が
頭の前側にはアゴがぶら下がっていることを思い
自分では少し前かなと”感じる方向”にいくのに
ついていってもらいました
頭を前に出すわけじゃないですよ

本当の意味での”上”に全体が長くなっていくと
軸が整うので 全体が安定します

だから 力でがんばる必要がなくなって
結果として 骨盤も動きやすくなりました(^_^)


こうやって文字で書くと
「へ〜 そんなこと?」なのですが
自分一人でやろうと思ってもなかなか上手くいきません

「自分はまっすぐ上にいっているつもり」

その感覚が 必ずしもあてにならないのです
感覚って相対的なものだし 瞬時に変わってしまうものです

無意識にやっている緊張は
”無意識”ってくらいですから 自分ではわかりません
だからこそ 客観的な目が必要です
それがレッスンなのです


動かしたい場所をスムーズに動かせるようになりたい
関係ない場所がグラグラしちゃうのをなんとかしたい

そんな方は どうぞお待ちしております

【テーマWS「動かしたい場所だけ動かしたい!」】
 3月26日(土) 11:15〜13:45 新宿マイスタジオ6C

【身体を活かす使い方】
 3月23日(水) 14:15〜15:45
 3月28日(月) 19:15〜20:45

【身体を活かす使い方 4月〜】
 4月4日(月) 16:15〜15:45
 4月11日(月) 19:15〜20:45
 4月13日(水) 14:15〜15:45
  すべて新宿マイスタジオ6C

4月からは3つのクラスでそれぞれ月に2回です
継続して学べるお得なコースもあります


【踊る身体の骨&コツレッスン 1Dayワークショップ】
 4月30日(土) 12:30〜18:30 新宿マイスタジオ5C
  ☆3月末までのお申し込みは早割!


すべてのご予約&詳細は こちらからどうぞ
https://reserva.be/atdanceyoyaku

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

坐骨で座るというのは・・・

身体のしくみ 骨盤 comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)
長座や座った開脚での前屈ストレッチのとき
まず 座っているときの自分を思い出せますか?
坐骨のどのあたりにのっているでしょうね

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく
踊る! 身体のコツ&骨トレーナー さちこです

このタイトルを書いて なんとなくググったら
「坐骨を3cmくらい引いて 少し前側で座る」
なんて記事をいくつか見かけました
3cmって何!? 計るんですかねぇ
感覚だけではわからないと思うんですが・・・(^_^;

まぁそれはともかくとして・・
あなたは座る時に 腰を丸くしないようにと思って
あえて 腰を前に押して座っていませんか?

先日の動きレッスン(アクテビティ)で開脚前屈した方は
股関節の硬さを感じていました

実際にやっていただくと なるほど・・
脚を開いて座っている時に 少し腰を押していました
つまり 股関節をすでに詰めていました
開脚ではありませんが こんな状態です


ハンズオンして
「首が楽で頭が動けて 全体がついていって」もらうと
まず座っている様子が変わります
そこから前屈してもらうと
「気持ちいい〜!」

座っている時点での変化について
「坐骨を間違っていたかも・・」
この図も見てもらうと
彼女はもっと前側で座っていたそうです


大きい画像で「坐骨」を確認しておきましょうね
この少し色を変えたところが坐骨です


「尖ったところに座ると痛い」
そんな声もあると思いますが
そこそこお尻にはお肉もありますし
座布団という道具も使えます
上体の動きとともに 坐骨で前後に揺れることができます

坐骨の前寄りにのって股関節を詰めて座っていると
上体の動きがあっても 股関節はあまり使われず
腰でそれをカバーすることになります

いつも坐骨は同じ場所がイスと接することになるでしょう
お尻が痛くなるのも道理です

私も昔は(ていうか今もすぐやりたくなりますが)
仕事の時にそういう座り方をしていました
今にして思えば そうやって股関節を詰めていたことは
大腿骨頭壊死が起きる要因になっているでしょう


新しいプランで座っている彼女は
ぬいぐるみのクマクマがちょこんといるみたいな
そんな座り方になっていました
あなたもやってみませんか☆(^_^)
レッスンでお待ちしております


【ダンスがもっと上手くなる! 身体を活かす使い方】
3月7・14・28日(月) 19:15〜20:45
3月9・23日(水) 14:15〜15:45
新宿マイスタジオ6C

【テーマWS アイソレーション ○○だけ動かしたい】
3月26日(土) 11:15〜13:45
新宿マイスタジオ6C

【個人レッスンday】
3月30日(水) 14〜21時の間で45分の個人レッスン
新宿マイスタジオ5D


すべてのご予約&詳細はこちらからどうぞ
https://reserva.be/atdanceyoyaku

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM