新しいペンの持ち方

アレクサンダー・テクニーク - - さちこ(HN:寝子)

私は字を書くときのペンの持ち方に

かなりの癖があります

 

ペンを寝かせて下の方をぎゅっと握り

腕は横に開いて机にのせます

身体も斜めになっているときがあります

だけど文字は自分から見て普通の向きです

(逆に腕を開かないと文字が斜めになる)

 

以前この使い方をみてもらったことがあります

私としては あまり変えたくない部分と

それでも楽にしたい部分がありました

 

 

さっき他の先生のクラスを見学していたとき

字を書くアクティビティに対して

 

「指がペンの方に向かっていって

 ペンとフィットする」

 

そんなプランが出てきたのですね

 

楽にペンを持ちながらも

書く前に握ろうととして

指を引いていたからのようです

 

頭が動けて全体がついていって

身体の前側で腕全体が動きながら

指が長くなりながら

指先がペンに向かっていって

ペンの長さにフィットしていくと

 

・・・落ち着く♪

 

握りたくならない!

字を書いてみても自然で楽です

 

これでも書けるんだ!って

自分の中ではとても意外ポイント

 

ペンは書きたい文字に必要なだけ

指の先で動いてくれます

 

これはバーを持つとき

相手の手をとるとき

いろんな場面で使えるプランですね☆

 

 

それを遊びながら思い出しました

 

むか〜し このレッスンをやったとき

 

「ペン先が紙の方に向かっていくと

 思ってみたらどうなるかな?」

 

そう言われたことがありました

 

でも全然それがわからなくて

なんでペン先が向こうに(紙の方)行きながら

文字が書けるんだろう?って

頭の中は???でした

 

だけど今はたしかにそれをやってます

 

 

最初書き始めたときは

腕の向きに対していつもの斜めでしたが

もう一度 手が動いて腕がついていって

そして指がペンの方に向かっていくと

腕を横に開かなくても 

自分の向きで文字が書けるなと

 

 

私にとっては今までとは全く違うプラン

でも とても面白いプランでした

 

こういうところが

アレクサンダー・テクニークの面白さ

 

何か間違いを直すわけではなく

これが正しいやり方よ!って言うわけでもなく

 

今よりももっと身体に合った

別のプランもあるけど試してみませんか(^^)b

 

そういうお誘いなのですよね〜!

 

お誘いを受けるかどうかは自分次第

やらない自由はいつもあります

 

あなたもお誘いにのってみる?

 

■踊るカラダの使い方

 〜踊りやすく痛めない姿勢と動きレッスン

5月21日 11:15〜 zoom

5月25日 20:00〜 zoom

5月27日 14:15〜 スタジオ予定

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

オンライン de お茶会 ありがとう💖

アレクサンダー・テクニーク - - さちこ(HN:寝子)

初めてのオンラインお茶会

おかげさまで8名さま満席☆

ありがとうございました〜💖

 

記念にパチリ

 

今までにレッスン受けてくださったり

なんらかでお話ししたことある方だったので

私も楽な気分で進められました

 

住む場所は遠くても

初めて会う人たちでも

互いに顔を見て話す中でつながっていく

 

こういうのってオンラインの良いところ♪

 

生活が一変してからの過ごし方や

オンラインでレッスンをやることについて

自分の身体について気づいていること

 

ちょっとプチレッスンも入りながら

お互いにシェアしつつ いろいろお話できました

2時間だったけど けっこうあっという間!

 

こういう会は 定期的にやりたいな💖

せっかくつながれるんだもん

 

なのでまた企画します(^^)b

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

動きが硬くなる本当の理由

アレクサンダー・テクニーク - - さちこ(HN:寝子)

動きが硬い

思うように動けない

痛みが置きやすい

 

その理由を

 

可動域が狭くて身体が硬いから

自分が下手だから

もう歳だから

無理な動きをやり過ぎたから

 

「自分が悪いんです!」

 

そんなふうに考えてきた人

 

違いますからね〜〜!!

 

動きが硬くなる本当の理由は

そこじゃないし

 

あなたの身体は 本当はもっと楽に動きます!

 

ただ気づかないうちにブレーキをかけているだけ

いつものやり方に勘違いがあるだけ

 

私はいつもお伝えしていますよね

でも 記事を読んだだけでは信じられない

とはいえ レッスンにもなかなか行けない・・

 

そこで・・・!!

映像を作っちゃいました〜〜☆\(^o^)/

 

いつもワークショップの最初にやること

”きらめく”を体験する部分を

30分ほどの映像にまとめました

よかったら見ながら一緒にやってみてください

 

ご覧いただいて もっと興味がわいたら

 

いつもやりにくいあの動きも

もしかしたら変われるかも?って思ったら

 

今度はレッスンを受けにいらしてください

ラッキーなことに今は全国(いえ世界中!)

どこからでもオンラインでレッスンできます☆

 

AT Danceのきらめくレッスンはこちらから

 → https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

まず頭から始めましょう

アレクサンダー・テクニーク - - さちこ(HN:寝子)

楽な首と ふわっと自由な頭・・・

 

いつも書いていますよね

 

でも なんで”頭”?

 

そう思ってる人も多いのではないかしら

 

 

だって 普通だったら

大事な場所といったら”体幹”でしょ

 

 

でも その胴体部の動きを左右するのは

上に出ているの方なのです

 

体幹=安定 のイメージだけど

頭=動き なのですよ

 

ダンスは動きでしょ

だからこそ 頭なのです

 

 

首に力が入ることで

頭が胴体の方に引っ張られると

脊椎を上から押しつぶすことになります

 

クッションが入って カーブもあって

自由にしなやかに動ける骨の集合体

それが脊椎ですよね

 

その脊椎をギュッと縮めちゃうわけです

 

 

それでは つぶれたバネ

クッションがつぶれて間隔が狭くなると

脊椎は動きにくいですよね

 

これでは自由に踊れません!

 

脊椎がつぶれて間隔が狭くなっている

ということは

脊椎周りの筋肉も やっぱり縮んでいます

つまり 胴体に力が入っています

 

胴体に力が入っているということは

そこにつながっている腕や脚も

付け根の方に力が入ってしまい

胴体の方に引き込まれます

 

 

そして 先端の手や足まで

緊張がつながって起きていくわけですよ!

 

あちこちに力が勝手に入ってしまうし

動きも硬くなってしまいます

可動域だって使えなくなります

 

 

だからこそ 

楽な首と ふわっと自由な頭なのです

 

思うように身体が動かないとき

なんとなく力が入ってしまうとき

動くと痛みが起きてしまうとき

 

楽な首で 頭がふわっと胴体から離れて

脊椎が本来の長さを取り戻すこと

 

先にそこが変わらないと

他の部分も変われないのです

 

 

頭と脊椎が自由になるっていうのは

ボディが自由に動けるということ

 

ボディに動きが見えるダンサーさんは

やっぱり一味違うんですよね

巧さが格上というか 上質です🌟

 

 

この 首と頭から始まって

脊椎が長くしなやかになって

腕や脚も全体が自由になっていくこと

 

自然なニュートラルの状態に戻ること

「きらめく」って言ってます

AT Dance式の 動きを表す言葉です

 

 

どんな動きも まず

「頭と脊椎(軸)から始める」

 

首が楽で 頭が動いて(動ける自由があって) 

脊椎が長くなりながらついていく

 

これは脊椎動物すべての動きのシステムなのです

 

アレクサンダーさんは すごい発見をしましたよね☆

 

ダンサーさんにこそ ぜひ使って欲しい💖

アレクサンダー・テクニークなのです

 

 

きらめく動きが起きているとき

あなたの可能性も きらめいちゃいます🌟

 

すべてのレッスンはこちらから

 https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

 

4月4日と8日は 無料オンライン体験会

くわしくはこちら↓

”きらめく”をオンラインで無料体験

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

それは原因ではなく”症状”です

アレクサンダー・テクニーク - - さちこ(HN:寝子)

腰が痛いのは 骨盤が歪んでいるから

 

では ありません

それは”原因”ではないのです

 

 

あなたが「原因」と思っているあれこれは
起きている
「症状」です

 

じゃあ 歪んでいるのはなぜ?
姿勢が悪くなってしまうのはなぜ?
筋膜が癒着しているのはなぜ?

 

本当の原因はもっと手前にあります

 

あなたの外に原因はありません
根本の原因はあなたの中にあります

 

そして 楽に痛みなく動ける

身体のデザインとシステムも
やっぱりあなたの中にあります

 

活かす使い方を学びましょう
あなたの身体に合った

あなたのダンスを見つけましょう🌟

 

レッスンでお待ちしております💖

https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

3月7〜9日 福岡ワークショップ

 → 詳しくはこちら

4月18・19日 札幌ワークショップ

 → 詳しくはこちら

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

シンプルなベース(基本)を大事にね☆

アレクサンダー・テクニーク - - さちこ(HN:寝子)

表現としてアクセントをつけるのも
動きのメリハリをつけたりするのも
大きく動くのも
濃いめにするのも(笑)

 

まずは楽で自然で

きらめいてるあなたで動くことが先で
”やること”はそこに加えるスパイスみたいなもの

 

がんばる方を優先してしまうと 元が崩れます

 

素材がよければ スパイスも効果的だし
元素材をより良く見せてくれるけど

 

素材がいまいちだと スパイスは誤魔化す使い方になるし
逆効果になってしまうこともありますよ

 

「基本が大事」って そういうことだと思うのです😉

 

 

過ぎたるは及ばざるが如し

・・ってことですね😉

まずはシンプルなベースを大事にしましょう

 

楽で自然でのびやかな動き
あなたの身体全体が協調して踊ること
そっちから磨いていきましょう

 

アレクサンダー・テクニーク

あなたのダンスを見つけませんか🌟

 

■踊るカラダの使い方
2月21日 19:15〜20:45
2月24日 16:15〜17:45
2月26日 14:15〜15:45

 → ご予約&詳細はこちら

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

上は 後ろではなく「上」なんです

アレクサンダー・テクニーク - - さちこ(HN:寝子)

上は 後ろではなく「上」なんです

 

は・・?

あたり前じゃないですか

 

そう思うでしょ

 

でも 多くの人が

「頭が高くなる」

「頭の上に意識を向ける」

そう考えたときに

後ろに引っ張り上げようとします

 

 

姿勢を良くしたい気持ちがあるから?

それも「気をつけ」のイメージが

こびりついているかもしれません

 

頭のてっぺんを つむじの辺りと

思っているかもしれません

大体の人は後ろにありますよね

 

首の後ろには大きな筋肉がたくさんあるので

頭を後ろに引っ張りやすいこともあります

 

 

でも 上はあくまでも「上」です

後ろではありません

 

 

後ろに引っ張ってしまうと

首から背面の筋肉が緊張します

 

脊椎の動きにブレーキをかけるだけでなく

肩甲骨周りの筋肉も緊張して

腕の動きも邪魔し始めます

腰も反りたくなって 出っ尻になったり

股関節をロックして脚の動きも邪魔します

 

 

”きらめく”とき

楽な首で頭がふわっと高いところで

バランスする自由をもっているとき

頭は胴体から離れていきます

後ろではなく 「上」の方へ

 

そのとき 脊椎のてっぺんで

頭(頭蓋骨)は 繊細に前に転がりながら

胴体からふわっと離れていきます

 

これは ほんのわずかな繊細な動きです

でも 全体に影響を及ぼす動きでもあります

 

頭が本当に「上」にふわっと高くなって

脊椎がしなやかに長くなるために

あなたの全体に協調作用がはたらいて

各部分が連動して動くための

とても大切な動きです

 

 

上は 後ろではありません

上は 「上」なのです

 

あなたのダンスが変わる

身体のシステムとデザインに合った使い方

レッスンで一緒にキラメキましょう☆

 

2月のレッスンカレンダーです

来週のレッスンは

6日 スパイラル・コンディショニング

7日 踊るカラダの使い方

 

ご予約は → こちらから

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

さじ加減が大事

アレクサンダー・テクニーク - - さちこ(HN:寝子)

どうしても 余分な力を使いすぎてしまう

力んでしまって 動きが硬くなる

 

でも 力が足りないと

やりたいことができない

 

力を使えば やりたいことはできちゃうから

 

”できた”経験を再現していると

つい力をたくさん使いすぎてしまう

 

使っているうちに慣れてくると

足りない気がしてしまって

もっと使いすぎてしまう

 

本当は

やりたいことに必要な力だけ使っていれば

動きのクオリティもアップするし

疲れにくくなるし

身体も痛めにくくなります

 

力のさじ加減が大事

なにごともね

 

 

じゃあどのくらいがいいんだろう?

 

それは あなたの身体の方が

ちゃんと知っています

 

楽な首と ふわっと高くて自由な頭があれば

あなたの全体がそれについていって

協調して動ける準備ができます

 

あとはやりたいことがハッキリわかっていれば

身体は必要な力で 必要な動きをしてくれます

 

身体の方が知っているから

余計な干渉はしなくていいのです

 

 

「もっとここを使わないとダメよね」

「こっちに動かした方がいいよね」

 

それは要らないです

だから余分な力を使ってしまいます

 

 

身体がもっている能力を

ちゃんと使ってあげましょうね(^^)b

 

■踊るカラダの使い方 アレクサンダー・テクニーク

<1月のグループレッスン>

13日(月・祝)16:15〜17:45

15日(水)14:15〜15:45

24日(金)19:15〜20:45

29日(水)19:15〜20:45

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

感覚でわからなくてもいい

アレクサンダー・テクニーク - - さちこ(HN:寝子)

昨日書いた

「手の指が動く方向」という記事

 

そこに書いた動きの実験に

「よくわからなかった。鈍いのかも・・」

そんなコメントをいただきました

 

「わからない」

オッケーです(^^)b

 

 

「そんなこと言ったら失礼では・・」は無用の心配

いつでもその答えはあっていいんです

遠慮せず言ってください

 

「わからない私って・・どうしよう」

その自分へのダメ出しのような評価も無用です

評価を加えると だいたい自分を低くしがちです

 

それ いらないですよ!

 

「私にはわからなかった」

ただその結果があるだけです

 

 

結果についての「こうじゃなかった?」は

あくまでも私の感覚にすぎません

 

感覚は人それぞれです

私と同じ動きをしたとしても

同じ感覚になるとは限りません

 

同じでも 違う言葉で表現されるかもしれません

感覚はその人の中にあります

 

まったく逆の感覚を持つ人もいます

 

慣れているのと違うやり方を提案されたとき

いつもの方が「楽で動きやすい」と感じ

新しい不慣れな方は「やりにくい」と感じる

これもよくあることです

 

もちろん「わからない」もあるのです

実際にはうまくやっていても

違いを感じていない人もいます

 

動き自体 違うことをやっているかもしれません

実験をやって見せたわけじゃないし

写真と文字だけの説明で映像は無いですから

やって欲しいことがうまく伝わらないのも

これは仕方のないことです

 

 

これ ダンスレッスンでも同じです

 

ステップの順番とかは誰が説明しても同じだけど

「もっと胸を開く」

「このときは肩甲骨が動く」

みたいな説明は あくまでも先生の”感覚”です

 

その言葉通り 感覚を得ようとして

いろいろ動かしてみても なんか違う・・・

これで合ってるのかしら・・?

言われていることが全然わからない・・!

 

同じ動きなのに先生によって言うことが違う!

なんてこともありますね

 

いろんな先生からレッスンを受けると

A先生でわからなかったことが

B先生のレッスンでは理解できた♪

これもよくあります


教える方も 教わる方も悩ましいです

 

 

いずれにしても感覚に

「わからない」はあってもいいんです

そもそも感覚はあてにならないものですから

 

あてにならない

わからないものを わかろうとしたり

感覚を探して ちゃんと感じようとし始めると

身体は力が入って動きが硬くなります

 

 

その方がよくないです

 

感覚でわかろうとせず

やりたいことに必要な動きの指示を出して

手順をていねいにやってみましょう(^^)b

 

 

もちろん 身体感覚がより繊細で

実際の動きとマッチしていた方が

踊るためには望ましいです

 

そこんところは練習です

感覚を磨く練習をしましょう☆

 

レッスンでお待ちしております

 

12月の身体を活かす使い方レッスン

夜のクラス(19:15〜20:45) 4日・12日・18日

昼のクラス(14:15〜15:45) 11日・25日

 → ご予約はこちら

 

■余分な力を抜いて踊るための 身体を活かす使い方WS

11月30日 横浜

 → 詳しくはこちら

12月28日 新宿 (11月末まで早割!)

 → 詳しくはこちら 

 

メルマガは登録していますか!

私から月2回のお便りが届きます

 → メルマガに登録

踊るために知っておきたい! 身体のしくみ7つのこと

 PDFで差し上げております☆)

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

 

身体の動きがあって 腕が動く・・って何?

アレクサンダー・テクニーク - - さちこ(HN:寝子)

「身体の動きがあって 腕が動く」

 

ふとテレビから聞こえてきた言葉

レッスンでもよく言われるのではと思います

 

そう言われて「身体を動かそう」としてしまうと

違うものになっちゃいます

だって それは自然な動きを言葉にしたものだから

 

 

ボディの方が動ける楽さをもっていたら

腕ものびやかに長く動ける

 

腕や脚の動きは 軸の状態(固めているか自由か)に

いつでも影響を受けています

 

軸(脊椎)がしなやかに動けるためには

「楽な首とふわっと高くて自由に動ける頭」

 

これがあれば 腕はボディから伸びやかに動きます☆

 

AT Danceのレッスンで まずあなたにお伝えしているのは

この一番最初に起きてほしい 軸の変化なのです(^^)b

 

 

少人数のレッスンです

ゆっくり自分の身体を解放していきましょう

 

■身体を活かす使い方 アレクサンダー・テクニーク

11月27日(水) 19:15〜20:45

12月4日(水) 19:15〜20:45

12月12日(木) 19:15〜20:45 

12月18日(水) 19:15〜20:45

 マイレッスン新宿御苑

12月11日(水) 14:15〜15:45

12月25日(水) 14:15〜15:45

 新宿マイスタジオ

 → ご予約&詳細

 

11月30日は横浜でワークショップ

■余分な力を抜いて踊るための 身体を活かす使い方

11月30日(土) 13:20〜16:40

場所:E-スタジオ横浜 205

 → ご予約&詳細

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM