男子100m決勝!

ここがすごいね! - - さちこ(HN:寝子)

見ましたか! 

陸上の100m男子決勝

 

9秒台にのせている二人

サニブラウン選手と桐生選手

事実上の一騎打ちと見られていたレース

 

結果はもうニュースでご存知のとおり

サニブラウン選手が新記録で1位でした

 

 

ニュースではいろんな映像が流れます

横からの映像を見た人いますか?

 

サニブラウン選手は 頭から胴体のラインが

やや前傾になって足につながっています

頭が前に進んで

胴体がついていって

足の蹴りに力がつながりやすいです

 

桐生選手は 少し胸が前に出てます

肘をしっかり後ろに引いているのかもですが

ちょっとだけ頭が遅れてる感じ

そしてゴールで頭をグイって前に出しますね

少し力んだのかもしれません

 

 

自分で走ってみるとよくわかりますが

急ごうとしているときって

なんだか頭が後ろに置いてかれて

ブレーキになってしまうのですよね

 

それで おでこが前にいくように変えると

楽に進めるようになります

急いで歩くときも同じ

 

胴体は前に進みたいのに

頭を忘れてしまうと後ろに残って

微妙にブレーキをかけてしまう・・(^^;

 

 

以前のサニブラウン選手の映像も出てたのですが

頭は前にあるけど

ちょっとアゴが出ていたかな

 

首の後ろが縮んで

頭は前にあったとしても

ちょっとブレーキになります

今回は全体が前に向かっていました

 

 

思い出しましたが

桐生選手が9秒台にのせたときは

「これなら確かに速いよね!」って

思って映像を見ていたのですよ

この時は頭が今回より前にありました

 

少しでも速く走ろうとするのか

速く走るために必要なことをするのか

 

今回の二人の違い

桐生選手の9秒台のときとの違いは

そこんとこだったように思います

 

 

マラソンや駅伝を見ていても思うのですが

海外の速い選手は だいたい頭から胴体が

きれいにつながった前傾です

 

でも日本の選手は上体が立っていて

胸が前にいく感じが多いですね

 

指導法の違いなんでしょうか?

日本の選手の真面目さというか

「ちゃんとする」気持ちの表れでしょうか?

 

肘を後ろに引こうとする力が

胸を前に出して

頭を後ろに残してしまうのかも?

 

ちょっとだけ首の後ろを長くしたい〜

そしたら きっとスピードアップするのにな

もったいないな〜!って

見ていてよく思います

 

アレクサンダー・テクニーク使ったら

みんなもっと速くなっちゃうと思うんだけど(^^)b

 

 

身体の使い方や スポーツの指導法って

どんどん進化しているし 変化しています

人間の身体がもつ可能性がどこまで開かれるのか

今後が楽しみですね!

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

小平選手の速さの秘密

ここがすごいね! - trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

今週からオリンピックが始まりますね!

テレビではいろいろ特集をやってます

 

昨日の番組でスピードスケートの

小平奈緒選手のインタビューをやってました

インタビュアーは高橋大輔さん

 

「調子が良さそうなときは

 スローモーションみたいに見えるんですが・・」

 

そんな質問をしていました

 

スピードを出しているはずなのに

ゆっくりの動きに見えるのが不思議・・

 

裏を返せば

「スピードを出すためには 

 必死に氷を蹴っているはずだ」

 

そういう先入観があります

面白いですよね!

 

小平選手の答えの中に

「古武術を取り入れている」

とありました

 

身体の負担を少なくしながら

最大限の能力を発揮できるように

 

そういう意図があってだそうです

 

古武術とアレクサンダー・テクニーク

両者はこの点でとても近いです

 

<これまでの滑り方>

空気抵抗を減らすために

上体をめいっぱい前傾して

首を縮めて頭を起こして

必死に後ろに蹴る

 

<小平選手の滑り方>

股関節・ひざ・足首で脚をたたんで

腰を低く落として

上体はこれまでより起きている

その分 首も上体も長い

重心がかかとの方にも分散されて

つま先が引っかかることがないので

ひざも前に運びやすく

スケート靴は前へと滑っていく

 

 

彼女がアレクサンダー・テクニークを選んでも

きっと似たような滑りになったでしょう

 

常識にとらわれることなく

やりたいことのために

より良いプランを選んでいく

しかも 身体に優しいプランをね❤️

 

これが上達への本当の近道(^^)b

 

小平選手 応援していま〜す☆

 

ーーーきらめく☆レッスン情報ーーー

 

■身体を活かす使い方 アレクサンダー・テクニーク 

2月8・15・22日 19:15〜

2月14・28日 14:15〜

 

■踊りやすい身体づくりとダンス基礎 〜ダンスABC

<2月のテーマはルティレ(片足バランス)>

2月7・15日 14:20〜

2月13・27日 19:20〜

 

■踊る身体の骨&コツレッスン マスタークラス

<2月は 軸と腕(肩甲帯)>

2月8日 11:15〜

2月21日 14:15〜

 

■踊る身体の骨&コツレッスン 速習コース

<2月は 腕全体>

2月20日 19:15〜

 

すべてのご予約はこちらからどうぞ

https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

メルマガ登録はこちらから♪

https://maroon-ex.jp/fx43102/atdance1

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

リオ 体操が楽しみです(^^♪

ここがすごいね! comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)
「着地は 跳ぶ前にもう決まっている」

リオ五輪の男子体操の5人が決まりましたね!
冬のフィギュアスケート同様に こちらも楽しみです
個人的には同じ名字の白井くんも出場☆
めっちゃ応援しております♪


こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく
踊る! 身体のコツ&骨トレーナー さちこです

で・・・冒頭に書いたのは
内村航平選手のインタビューでの発言

やっぱりね
最高のアスリートっていうのは本当に
自分をどう使うかっていうことを知ってます

インタビュアーの高橋大輔さんも
「勉強になりました!」って感じでしたが
これだけ体現していると 本当にすごいねって
ただただ感心するばかりです

内村選手といえば やっぱ美しい着地ですよ
あの美しい着地はどこから考えているのか?
そんな質問の答えがさっきの言葉

例えば鉄棒でフィニッシュに向けて回っていて
手を離して動作に入ってからとか
着地に向かう時とか ではなく
回っていて次は離すぞ〜っていう
そのときにはもう 着地は決まっている!


スケートで言うなら 踏み切る前の助走の
片方の足で滑っているくらいのとき

確かにその通りなのです
だって動作に入る時点で上手くいっていれば
ほんの少しの微修正はあったとしても
あとは流れにのるだけですから

手を離す 踏み切りに入る前に
「次は跳ぶんだ」「次は回るんだ」って
何かソワソワし始めちゃったら
きっと余計なことをやってしまいます

これはわかりますよね

アレクサンダー・テクニークのレッスンでも
一番大事なのはここんとこ!

だから内村選手 すごい!って思います


もう一つね
彼は 練習はたくさんやらない派なのですって

”練習”をたくさん繰り返すのではなく
しっかり120%イメージして
”本番”と同じように1回やったら それでOK

そう 毎回の練習が本番

しかも イメージ120%ですよ
100%じゃなくて 120%!
完璧に動作の一つ一つがクリアなんだと思います

自分の身体がどう動いているか
どこに どんなタイミングで手をつくか
その時に何を見ているのか
身体の角度や 動きの速さや順番
しっかり再生できているからこそ
あとはそのとおりにやるだけ

私たちも本番の前には音楽聞きながら
振りを思い返したりしますよね

その時に曲に合わせて動きが出てこなかったら
絶対に踊ることはできません

でもですよ
その時ってどのくらいイメージできてます?
だいたいこんな感じ〜じゃなく
しっかり踊っている自分の姿
手や足の先まで全部
ちゃんと思い描けているでしょうか

私は自信をもって言いますが・・
描けていませんでした
完全に流していました
これはダメだわ〜(^_^;



あ、それからね
あんだけ 6連覇もしているのですが
プレッシャーはあまり感じてないんだそうです

「自分のやることでいっぱいいっぱいで
 そんなことは感じている暇がない」

そんな言い方をしていましたが
要は 自分がこれから何をやるかだけを考えていて
他の選手が良い演技をして会場が沸こうが
メダルの期待とか言われても
そこにいちいち反応しない
120%のイメージ作っているから
失敗することなんてもちろん頭にない

そういうことなんだと思います

アレクサンダー・テクニークのレッスンで学ぶこと
ことごとく自分でできちゃっている

さすが!というしかないですね
リオ五輪での団体優勝
期待してます!!



これは無理だわ〜というあなたは
まずレッスンで一歩踏み出しましょう(^_^)

【身体を活かす使い方】
6月6・20日(月) 16:15〜17:45
6月13・27日(月) 19:15〜20:45
6月8・15日(水) 14:15〜15:45
新宿マイスタジオ6C

→ ご予約はこちらから

【個人レッスンDay 6月30日】
6月30日(木) 新宿マイスタジオ5D
〔レッスン時間〕
14:10〜14:50、14:55〜15:35、15:40〜16:20
16:50〜17:30、17:35〜18:15
19:20〜20:00、20:05〜20:45
ご希望の時間枠を選んでご予約ください

→ ご予約はこちらから

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

一流な人は知っている イチロー編

ここがすごいね! comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)
一流と言われる人は 自分で気づけるのですね!

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく
踊る! 身体のコツ&骨トレーナー さちこです

報道ステーションのスポーツコーナーでのインタビュー
番組を見たときも「すごいよね、やっぱり」って思ったけど
映像が回ってきたので あらためてシェアします
11分くらいなので まずご覧になってください
特に後半は見てくださいませ〜
『イチロー、大谷翔平やダルビッシュの肉体改造に苦言』

自分の無意識の習慣に気づくこと
いろんな体験をすることが 一番の近道で学びであること
自分のバランスを崩すようなトレーニングは意味が無いこと
こういうセンスがあるからこそ 彼は一流と言われるのですよね(^_^)


私が素晴らしいなぁと思ったのは 彼の気づきです
「シーズン明けはいつもスイングが重く
 ある程度過ぎていくとだんだん軽くなる
 それを毎年繰り返している」

そのことを通して 彼は自分を観察して気づくのです

おそらく だいだいの人は
「シーズン明けで まだ身体が実戦になじんでいないから」
ただやり過ごしてしまったり
「ダメだ、もっと体力をつけないと」
さらに鍛えたりするでしょう
でも イチローはまったく違う結論を出しました
その観察と洞察が素晴らしい
と思うのです

アレクサンダー・テクニークも 少し遠回りに見えて
一番近道になる学びです

あなたの気づきをお手伝いしますよ(^_^)

今日は「身体を活かす使い方」
明日は「個人レッスンDay」
こちら 昼間の時間はまだ余裕があります
そして金曜夜は「ボディ・インテグレーション」です


30日の「踊る身体の骨&コツレッスン 1Day」もお待ちしております

https://reserva.be/atdanceyoyaku

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM