ひざを伸ばすとき ひざは前に・・?

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

ひざを伸ばして立つ

ひざはまっすぐに!

 

これ自体は何も悪いことじゃないですが・・

 

どうやって伸ばすのか

まっすぐにするのか

 

そこが問題!

 

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

ひざを伸ばす

 

日常的な動きではありますが

踊るときはもっとしっかり伸ばして

立っているかもしれませんね

 

さて 問題は「どうやって」

 

あなたは どうやってひざを伸ばしますか?

 

 

よくあるのは「ひざを後ろに押す」です

 

ひざを突っ張る

ロックするような伸ばし方ですね

 

グイグイ押して伸ばしすぎてしまうと

靭帯がゆるんでケガをしやすくなる

危険な伸ばし方でもあります

 

バレエでは 過伸展で後ろに反ったひざを

「美しい」と感じている人も一部いるようですが

私としてはまったくお勧めしません

 

 

そもそも「後ろに押す」のは

後ろに曲げる動きでしょ!

靭帯が強いから曲がらないだけ

 

 

AT Danceのレッスンでやるのは

上と下の方向性を”思う”こと

 

頭はてっぺんの方へ

足は床から地球の中心に向かって

上と下に離れていくよ〜〜〜って”思う”

 

これで十分ひざはまっすぐになります(^^)b

 

 

ここでさらに「DSM」

カーブとスパイラルを探究しはじめてから

さらにイメージが変わりました!

 

 

まず胴体の方

頭から始まる前後のカーブによって

8の字を描くような流れがあります

 

 

これは「きらめく」で起きてくる動きの最初

 

楽な首で 頭がちょっと前に転がりながら

頭がふわっと胴体から離れて

脊椎が長くなっていくと

背面がもっと長く広くなっていきます

 

 

坐骨がかかとの方を向いて

尻尾がしまわれる流れから

脚のスパイラルにつながっていきます

 

脚の流れはアウトスパイラル

 

 

ひざの内側が前に お互いが離れながら

かかとはお互いが近づきながら

脚全体としては 床に向かって長くなります

 

その動きの中で ひざが伸びて

まっすぐな脚で立つことができるのですよ(^^♪

 

わかります?

 

ひざは後ろではなく 「前へ」

 

前に向かいながら

お互いがちょっと離れるように

方向付いていくのです

 

それだとひざが曲がっちゃう!

 

そう思いますか?

でも違うんですよ〜

 

 

ひざが前に向かいながらお互いが離れると

かかとは近づきたくなります

股関節でも外旋方向が生まれます

 

そう・・・アンデオールですね

脚全体のアウトスパイラル

 

ひざを後ろに押すと

股関節が内旋方向に引っ張られちゃうんです

それは困るでしょ(^^)b

 

 

この脚で立っていると

まっすぐ長いけど ギュッと締めるのではなく

楽でしなやかで動きやすいのです

プリエもぐっとやりやすくなります

 

(巻いてみました(笑)

 

そういうことか〜☆

 

今日の指導者向けのクラスでも少しやったのですが

新感覚にびっくりしていましたよ

 

あなたもぜひ体験してくださいね(^^♪

 

■ダブルスパイラル・ムーヴメント(DSM)体験WS

<京都・大阪>

10月14日(月祝)13〜17時

 香田裕佳ダンススタジオ

 (詳細は下のチラシをどうぞ)

 → ご予約は裕佳さんまで

 

<広島>

10月19日(土)14〜18時

 JSMアステールプラザ

 → ご予約・詳細はこちら

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

脊椎のねじる動きは 頭からどうぞ

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

横を向くとき 後ろを振り向くとき

どんなふうに動いていますか?

その動きはスムーズですか?

どこかをギュッと縮めていませんか?

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

これは 胴体をねじる動きですが

あなたの胴体に「頭」は含まれていますか?

 

脇腹や首だけで ギュッと力を入れていたり

どこかで流れを止めてしまって

縮めたねじりになっていないでしょうか

 

 

そのやり方でもいいんですが

ダブルスパイラル・ムーヴメント(DSM)を使えば

もっと楽で スムーズな流れで

十分に後ろまで振り向くことができます

 

 

スパイラルのつながりから見ていきましょう

 

胴体のスパイラルは 頭と骨盤を結びます

頭蓋骨の乳様突起(にゅうようとっき)と

骨盤の上の縁部分です

 

 

もちろん タテにではありません

頭の左側から 骨盤の右側にバッテン

でもありません

それはクロスですね

 

左の乳様突起からスタートしたら

右脇の方をぐるっと回って

左の骨盤に向かいます

 

スパイラルは前からと後ろから

それぞれ左右にあります

 

 

ねじる動きのときは

対角線にあるスパイラルが一緒にはたらきます

 

たとえば左を向くなら

左からのバック・スパイラルと

右からのフロント・スパイラルが

同時に動くわけですね

 

だから「ダブルスパイラル」(^^)b

 

 

この流れを活かして使うために

大事なことが2点あります

 

1.スパイラルは頭から始まる

 

ねじる動きは つい胴体だけになりがちです

でも必ず頭からスタートします

なぜなら ねじるのは脊椎の動きであり

脊椎の一番上の端に頭があるから

 

そして 端から動き始めるのが

一番効率がいいのです

 

端なら一番下ではダメなの?

腰からねじり上げてもいいんじゃない?

 

そう思ったあなた

残念ながら 腰はねじれません!

(本当ですよ!)

一番上の頭からはじめてください(^^)b

 

 

2.スパイラルはいつも長い

 

頭と骨盤を結ぶ矢印の流れを

ねじって縮めるのではなく

矢印に沿って水が流れていくように

先へ先へと送っていくようなイメージです

 

流れの順番に次々と動いていくものだから

 

後ろを振り向いたときに

首や腰のあたりがギュッと縮んだとしたら

流れをどこかで止めています

 

 

スパイラルが頭からスタートして

どこかで止まることなく流れるためには

「きらめく☆」

 

アレクサンダー・テクニークを使います!

首を縮めて 胴体も縮めていたら

スパイラルの動き自体がうまくいきません

 

楽な首と フワッと自由な頭で

長くしなやかな脊椎で動けること

 

そして ていねいに自分を扱うこと

全体が長く広いままで動くこと

 

だからこそスパイラルは流れて

動きがつながっていきます

 

 

実際にやっていることはシンプルだけど

うっかりすると罠にはまりますよ!

 

ねじっている”実感”を探してしまうから

 

実感があるときは たぶん縮んでいます

楽なままでスパイラルが起きているときは

あまり実感がないと思います

ただ 動きには結果が表れています

 

「動かそう」としないで

動きの流れと方向を思うこと

 

思うだけで身体は動きを始めます

 

ぜひ 体験してくださいね(^^)b

 

10月は関西と広島でワークショップです

 

■ダブルスパイラル・ムーヴメント(DSM)体験WS

<京都・大阪>

10月14日(月祝)13〜17時

 香田裕佳ダンススタジオ

 (詳細は下のチラシをどうぞ)

 → ご予約は裕佳さんまで

 

<広島>

10月19日(土)14〜18時

 JSMアステールプラザ

 → ご予約・詳細はこちら

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

らせんのつながりを活かすと・・動きやすい!!

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

身体はつながっています

 

筋肉・筋膜

皮膚

神経

血管・リンパ

 

途切れることなく全体にひろがっている

そう 身体は全体がつながっています

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

つながっているから

身体のそれぞれの部分に起きることは

全体に影響しています

 

部分の動きなんてないのです

いつでも自分は全体!

 

つながりの中でも 特に着目したいのが

<スパイラルのつながり>

 

ダンスをする人は これを使えるかどうかで

動きやすさがかなり違いますよ!!

 

身体のスパイラル構造を実際の動きに活かすと

どんな素敵なことが起きるかしら♪

 

そんなクラスが 今年からやっている

「ダブルスパイラル・ムーヴメント(DSM)」

 

スパイラルの構造については

いろんなメソッドでも語られています

 

あなたも知っているかもしれない

ジャイロキネシスは カーブやスパイラルを

エクササイズとして使っていますね

アナトミートレインでも

スパイラルのつながりがでてきます

 

ということは・・・

スパイラルって使える!ってことですよね☆

 

 

だって 身体の構造がそうなっているんです

骨のつながりも

筋肉のつながりも・・!

 

私たちの身体には斜め方向の筋肉があります

たとえばこんな感じ

 

頭部から首の後ろを通って

斜めの肋間筋を経由して

前側で 外腹斜筋から内腹斜筋へ

 

ぐるっと斜めにつながりながら

頭・肋骨・骨盤を結んでいるわけです

 

そのおかげで胴体の3つの大きなパーツが

それぞれの方向に動けるから

私たちは自由に踊ることができるのですよ!

 

 

「右を向く」

このシンプルなねじる動きも

もちろんスパイラルですよね

 

首だけで止めてしまうこともできるけど

肋骨もついていけば

大きく胴体をねじることができます

 

 

このスパイラルの流れは左右で1組

それが前後にあるんです

つまり 2組のダブルスパイラル

シングルじゃなくて ダブル

ダブルじゃないとだめなんです!!

 

そして すべて頭とつながっています

 

頭はいつでも大事

アレクサンダー・テクニークですからね

「キラメク」のスタートは

 

 

さて・・・

この2組のダブルスパイラルは

脚や腕にはどうつながっていくのでしょうか?

 

プリエなどをするときの腕は?

タンデュで出す脚は?

 

腹筋運動するときの

胴体から脚へのつながりや

いろいろなストレッチをしながらも

頭から脚や腕へのつながりを

イメージしながら動いてみました

 

そうするとね・・楽なのですよ〜♪

 

スパイラルのつながりを上手く使えると

身体はとてものびやかに動きます

 

力でがんばることが減って

使いたい場所を使えます

 

関節への余分な負荷も減ります

いろんなポーズもより楽に保てます

 

バレエのアンデオールって 

つけ根を外旋するだけじゃなく

脚全体のスパイラルだな〜って

あらためて思いました!

 

 

これは・・・!

皆さんにちゃんとお伝えしなくては☆

 

ということで・・ 

今年は各地で体験ワークショップを開催しています

 

10月は京阪と広島の2ヶ所です

 

■DSM 京阪ワークショップ

10月14日(月・祝)13〜17時

香田裕佳ダンススタジオ

(京都に限りなく近い大阪!)

 

 → 詳しくはこちら

 

■DSM 広島ワークショップ

10月19日(土)14〜18時

JSMアステールプラザ

 

 → 詳しくはこちら

 

 

ヨガやジャイロキネシスなどの方にも!

かなりお勧めです

 

アレクサンダー・テクニークも入ってます

ていうか そのものかも?

つまり・・・

ダンスにはめっちゃ役立つ☆ってことです(^^)b

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

その動き スパイラルに逆行してるかも?

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

なんだか動きにくいなぁ・・

身体が窮屈だなぁ・・

このポーズってつらいのよね・・

 

そういうときの動きや姿勢って

カーブやスパイラルに逆行しています

 

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

たとえば 立っているとき

安定して立って動く(踊る)ためには

青の矢印のように 

頭から始まった胴体のカーブの8の字の流れ

脚へのアウトスパイラルが必要なのね

 

 

でも よく見ると背中は流れと違いますよね

後ろにカーブしているはずの背中を

前に押してしまって

後ろは全部下へ

前は全部上へ

これだとお腹が抜けやすくなります

キープするために身体のどこかが

必要以上にがんばらなくてはいけません

 

彼女はまだ頭が後ろに落ちすぎていないので

それほどでもありませんが

赤のパワーにひきずられたら

出っ尻になってしまう可能性も高いです

 

 

 

脚のアウトスパイラルは

バレエで言うアンデオールの流れです

 

これは 脚と胴体を安定させるための

自然な方向性なんですよね

あなたの脚もアウトスパイラルです

(どこまで回すかは別として!)

 

自然な方向性なのに難しくしているのは

「ひざを真っ直ぐ伸ばしたい!」

そう思って ひざを後ろに押してしまうこと

 

脚って 正面から見たときに

ひざで角度をもっているじゃないですか

 

だから ひざを後ろに押すと

内側の方がたくさん動いて

股関節を内旋方向に引っ張ってしまう

インサイドのスパイラルになっちゃうんです

(これ O脚の元です!)

 

つまりスパイラルが逆方向!

股関節は窮屈で動きにくくなりますよ

 

 

本当はね

ひざを真っ直ぐきれいに伸ばすのも

アウトスパイラルなんですよ(^^)b

 

先日レッスンにいらした新体操女子も

やっぱりひざを押し続けて

反張膝になりかけていました

立つと少しかかとが離れます

 

でも ていねいにアウトスパイラルの方向に

脚を使っていくうちに・・・

かかとも近づいてきて

きれいなラインになったのです☆

 

もちろん楽に立ててます

ということは 動きやすい!

 

スパイラル 素晴らしい!

自画自賛しちゃいました💖

 

 

つながりをわかって使うこと

流れに沿って いつでも長く使うこと

 

それが 楽で自然な動きのコツです

 

じゃあどうつながってるの?

どんな流れになっているの?

 

そこを具体的に体験的に学べるのが

ダブルスパイラル・ムーヴメント(DSM)

 

去年のデモレッスンから約一年

どんどん発見が深まって進化してます☆

自分でも ますます面白くなっていて

もっとたくさんの皆さんにお伝えしたいです!!

 

10月は京阪と広島でワークショップあります

●10月14日 京阪WS 13〜17時

●10月19日 広島WS 14〜18時

 JSMアステールプラザ

  → ご予約・詳細はこちら

 

前回の大阪で予定が合わなかった方

今回の場所は京都の方が近いのですが

ぜひ都合つけてお越しくださいね!

 

広島では初の開催です☆

 

 

バレエのアンデオールはスパイラル

パッセやアチチュードもスパイラルの動き

 

ひざを伸ばして立つこともスパイラル

曲げる動きもスパイラル

 

ベリーダンスのボディの動きは

脊椎のカーブのつながり

腕のやわらかな動きはスパイラル

 

社交ダンスで組んだときの姿勢は

脊椎のカーブと胴体のスパイラル

 

ヨガのバックベンド(後屈)はカーブのつながり

 

フラメンコのポーズはカーブとスパイラル

 

サルサのステップは もちろんスパイラル

 

ジャイロキネシスは まさにカーブとスパイラル!

 

カーブとスパイラルは動きの流れ

長くなっていく方向性です

 

どんな流れでつながっているのか

ポイントがわかれば動きやすさはアップします!

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

スパイラルを使ってみたら 楽で気持ちいい人増加中☆

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

昨日はBODYCHANCEでの授業でした

 

クラスの中で ちょこちょこと

DSM スパイラルの要素を入れています

 

昨日は いわゆる「V字バランス」の

アクティビティがありました

 

 

彼女の場合は軽減バージョンで

背もたれのあるイスを使います

 

まず 寄りかかるところが大事

なにごとも最初が肝心ですからね!

 

楽な首とふわっと高い頭で

少し首の後ろが長くなりながら・・

 

中心で前後の8の字を描くような

カーブの流れに沿って

骨盤が少し後傾しながら

背面が少し丸なることも許しながら

実際は長くなるだけ

背もたれに背中の上部をあずけます

 

 

次は ひざを上げて抱える動き

 

ただ引き寄せようとすると

股関節がギュッと縮んでつらくなります

 

胴体からの流れに続いて

脚は外のスパイラルにつながります

(こんなイメージ)

 

大転子側からひざの内側に向かって

もも裏が長くなっていくことを思いながら

ひざが自分の方へではなく

上に浮かんでいきます

 

「あぁ これだと楽です♪」

 

さらに足首からつま先まで続く

アウトスパイラルの流れで

長くなっていくことをお伝えすると

 

そこからひざを伸ばして

きれいにバランスされました

 

さらにそこから開脚まで!

 

「痛くならない!」

 

いつも長くなりながら使うこと

その流れは直線ではなく

スパイラルなのです(^^)b

 

スパイラルを使えば

動きは自然で楽なのです♪

 

 

もう一つ

こちらは 横になりたかった人

 

横向きに寝るのも 下になる肩が痛いし

なんだか楽になれない・・・

 

そのときも まず丸くなるための

前後の8の字で全体に長くなってもらい

置いている脚に自然に流れるように

スパイラルに沿って顔の向きを変えて

流れを手で示してあげると

 

「あぁ これだと気持ちいいです・・」

 

そのまま自分がなりたい体勢に

少しずつ転がりながら

でも 自然なスパイラルを尊重しながら

ほんの少し横になってから

ていねいに起き上がったら・・

 

とても楽にきれいに座っていました

身体を起こしておくために

どこかをがんばる必要がなくなってました

 

 

スパイラルは身体にとって自然な流れです

 

 

後半では あぐらに足を組む動きもやりました

 

足を手前に引き寄せるときに

すねの側をもって手前に寄せていませんか?

 

でも このときの脚は股関節からはじまって

全体がアウトスパイラルになっていますよね

 

それなのに すねの側から手前に引いたら

スパイラルは内向きになって逆行します

だから ひざが上がっちゃうでしょ(^^)b

 

このときは かかと側から手を入れて

外くるぶしをもって引き寄せます

そうすると アウトスパイラルがつながります

 

「ひざがいつもより床に近い!」

 

そうでしょ〜♪

だって自然な流れを邪魔していないから

 

 

すべての姿勢や動きは

カーブとスパイラルでできています

それは 身体にとっての自然な流れ

動きが起きていく方向性です

 

どうつながって 流れていくのか

まず基本的なことがわかれば

あとは応用していけますよ

 

10月は京阪と広島で体験WSがあります

 

腕や脚はより長くしなやかに

ボディの動きはなめらかに☆

 

ぜひ体験にいらしてください

 

■ダブルスパイラル・ムーブメント 体験WS

京阪 10月14日(月・祝)13〜17時

広島 10月19日(土)14〜18時

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

美しいアラベスクはスパイラル♪

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

脚を後ろに高く上げる動き

アラベスク


長く きれいに 

できれば高く上げたいものですね☆

 

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

高く上げなくても

片方のつま先を後ろにつけたポーズって

いろんなジャンルでありますよね

 

高さが違うだけで基本は同じです

 

脚を長く きれいに見せるために

使いたいのがスパイラルなのです(^^)b

 

 

片方の脚を後ろに出す → 上げる

 

このときに必要なことは主に3つ

 

・股関節のターンアウト

・足の行く方向に骨盤がついていく

・軸足と頭、後ろの脚の3方向の張り

 (前に出す腕と4方向でもあります)

 

 

●股関節のターンアウト

 

十分にターンアウトしていないと

かかとが先に後ろに出て

まず見た目が美しくないですね

 

後ろに脚を出す間に

さらに股関節はターンイン

内旋してしまいます

これだと脚をお腹側に引き寄せてしまって

あまり後ろに上がりません

 

ひざが斜め外前に向くような

股関節でのターンアウト

さらに 足先まで続くアウトスパイラル☆

 

バレエ以外のポーズでも同じ

 

ずここから始まります

 

アウトスパイラルのままで足を出すには

小指の外側がリードして 後ろに動いていく

それに脚が順番についていきます

 

 

●足の行く方向に骨盤がついていく

 

脚を動かすとき

前後左右どの方向にしても

「つけ根から出す」みたいな考えが

あると思うのですが

股関節でできる 脚を後ろに上げる動き

(伸展と言います)

これは20度くらいしか動けません

 

ではどうするのか?

 

「骨盤から脚」

 

そう言われたことありませんか?

これ 実際にそうなのです(^^)b

骨盤(寛骨)は脚チームなのですよ

 

足を後ろに出す(タンデュ)も

骨盤からのびる長い脚で動きましょう

もちろん アウトスパイラルを使って!

 

 

ここでもう一つ大事なポイント

脚のアウトスパイラルは

胴体につながっていきます

 

脊椎にねじりが加わって骨盤も回っていきます

(骨盤が傾くというか 上げる脚と一緒に開きます)

 

(ちょっとフレディにがんばってもらった!)

 

 

この胴体のスパイラルは いろんな動きで使いますが

意外とできない人が多いんです

だいたいの人が骨盤と一緒に 肋骨も動いちゃう!

 

なぜだかわかります?

 

お腹を締めすぎているから!

腹筋は動くために使ってくださいね(^^)b

 

 

胸椎&腰椎でねじれながら

アーチを描いていく(反る動き)と

脚は高く上がっていきます

 

ただ 腰椎は年齢とともに可動域が減ります

大人から始めた人は無理をせず

ていねいに少しずつ上げてくださいね

 

 

●軸足と頭、後ろの脚の3方向の張り

 

脚を後ろに出す・上げるときに

ついやってしまうのが

頭を後ろに引くこと

 

背中のアーチはたしかに必要ですが

むやみに上体を後ろに倒したら

脚は逆に上がらなくなります

 

脚が後ろに上がる分

上体は軸足より前にいきます

そこからカーブの流れで上へ

 

頭と軸足 さらに上げている後ろの脚

この3つの方向にお互いが長くなりながら

張りとバランスをつくっています

 

腕を前に出すのは

脚と腕で 前後の強い張りをつくり

さらに上体を起こすことも助けるため

 

頭から骨盤をとおって 軸足と上げた脚

そして前に伸ばした腕へと

それぞれスパイラルがつながって

のびやかな張りをつくります

 

 

 

スパイラルは「流れ」だから

動きとして順番につながっていきます

 

脚を後ろに上げるときは

一番先端は 最初に行った小指の外側

そこが動くと スパイラルでつながっているとおり

足首・ひざ・股関節・骨盤・肋骨・・

順番についていきます

 

 

後ろに出すこと

後ろに上げることばかり考えていると

先に違うところが動いちゃう

 

たとえば骨盤

そうすると腰あたりの筋肉が余分に使われて

腰が痛くなりますよ!

 

 

スパイラルのつながりがわかると

いろんな動きが自然でスムーズになります

 

ぜひ体験にいらしてくださいね☆

 

まもなく開催☆

身体のつながりから動きを良くする

■ダブルスパイラル・ムーヴメント 体験WS

7月15日(月・祝) 13:20〜17:40

新宿マイスタジオ

 

 

楽に安定して動ける自分を取り戻そう

■ブレない軸を手に入れる☆ AT体験ワークショップ

7月27日(土) 13:15〜15:45

新宿マイスタジオ

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

ひざを曲げて踊ると出っ尻になっちゃうのは・・

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

ベリーダンスやフラのように

ひざを曲げた姿勢で踊るときに

反り腰や出っ尻になりやすいですよね

 

さて どうしましょうか

 

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

ベリーやフラは 骨盤(腰)動かす踊りなので

ひざを曲げて踊ることが多いですね

 

ひざをピンと突っ張っていたら

上下や8の字の揺らす動きはできません

 

 

いわゆる”基本姿勢”というと

ひざをゆるめた立ち姿勢になります

 

ひざをゆるめる=ひざを曲げる

=股関節や足首もゆるめて曲げる

 

特に 股関節をゆるめることは

骨盤の動きには欠かせません

股関節は骨盤にありますからね!

 

 

で・・ですよ

股関節をゆるめよう 曲げようとしたときに

やってしまいがちなのが

骨盤だけを前傾すること

 

これ 反り腰&出っ尻ですね

 

 

股関節を曲げるといったら

上体全部を前傾する

つまり おじぎをするとか

イスに座るときのような動き

これもあるじゃないですか

 

でも「股関節をゆるめて」って言うと

多くの人が 骨盤を前傾することで

股関節をゆるめようとするのです

 

なぜでしょう?

 

 

先日いらしたフラの方が

「背中はまっすぐが基本」

そうおっしゃってたのですね

 

バレエならともかく

フラでもそうなの!?と 意外でした

 

よくお話をきいてみると・・

 

上体が前に倒れすぎてしまう

落ちてしまうので

しっかり上体を起こしておきたい

胸も上げておく

 

そこに「背中はまっすぐ」の理由がありました

 

なるほど〜!です

 

立ったところから

ひざを緩めるときに 骨盤を前傾する

あるいは 前に落ちてしまった上体を

胸からグイッっと起こす

 

胸から上は起こしておきたかった!

だから反り腰・出っ尻 になったわけですね

 

先生に注意されたとおりやっています

あなたは何も間違ったことはしていません

 

 

でもこのやり方だと 骨盤は動きにくいです

腰まわりの筋肉を縮めていますし

股関節もたぶんロックされます

腰も痛くなるでしょう

そして 言われたようにやっているはずなのに

「出っ尻になってる!」って注意されたりします

・・・困りましたね(^^;

 

 

 

これは 胴体の中心にある軸と

前後のカーブのつながりを使うことで

スッキリ解決できます☆

 

 

本来やりたいことは

骨盤を上下左右・8の字にも

なめらかに大きく動かしたいわけですね

 

そのために必要なのは

・ひざや股関節をゆるめること

・脊椎を長くしなやかにしておくこと

 (骨盤の動き=脊椎の動き だから)

 

 

まず「きらめく」です

自分の首が楽で 一番上の頭がふわっと高いことを

鼻よりも上で頭がバランスしていることを思い出します

坐骨と頭のてっぺんを結ぶ三角の軸は

いつでも中心で細長くなっています

 

これは 脊椎を長くしなやかにするため

 

頭はいつでもふわっと高いことを思いながら

イスに座ろうかな〜というように

坐骨が少し後ろの下方向へ

そして股関節とひざ 足首をゆるめます

 

股関節とひざは後ろカーブ

ひざは前のカーブでしたよね!

 → こちらの記事参照

 

 

さて これで股関節から上の全体が

おじぎするように前傾しましたね

 

でも顔が下を向いてしまうので

目玉が上に転がるように

目線と一緒に顔を正面まで上げていきます

 

それに胸もついていって

胴体の前側が長くなっていって

背中全体がアーチになります

 

流れとしてはこんな感じ

 

動きを図にすること自体

ちょっと無理があるので

この辺はレッスンで体験して欲しいんですが

 

大事なことは

腰を反るのではなく

背中全体がアーチを描くということ

(これは浅いアーチなので まっすぐっぽい)

 

それは 頭から順番に動いた結果として

たどりついた姿勢なのです

身体を起こすのとは違うんですね

 

胸も上がるし 顔は前を向くけど

股関節はゆるんでいて

しかも 背中も長いまま!

 

だから骨盤が動きやすいのです(^^)b

 

 

自分でやってみようとすると

どうしても 途中から起こしたくなったり

背中や首を縮めてしまったり

「この姿勢にしたい!」の罠にはまります

 

今までがそういうやり方をしてきたので

習慣になっているんですね

 

だからこそ サポートを受けて

違いを自分の身体で体験すること

動きの学びには 実際に動いてみて

脳に新しい感覚をあげることが大事です

 

 

8の字に骨盤を動かすときは

もちろんスパイラルを使いますよ☆

このスパイラルは頭からつながっています

長いんですよ(^^)b

 

 

カーブとスパイラルの基本がわかっていると

本当にいろんな動きに応用がききます

 

ぜひワークショップへお越しくださいね

 

身体のつながりから動きを良くする

■ダブルスパイラル・ムーヴメント 体験WS

7月15日(月・祝) 13:20〜17:40

新宿マイスタジオ

 

 

楽なのに安定して動ける

■ブレない軸を手に入れる☆ ダンスの基礎力アップ

7月27日(土) 13:15〜15:45

新宿マイスタジオ

 

 

あなたの身体と動きの可能性を開く 水曜クラス

■身体を活かす使い方 アレクサンダー・テクニーク

 

 

あなたには あなたの身体に合った使い方があります

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

ルルヴェでかかとがスーッと上がるためには

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

かかとを上げたバランス

ルルヴェで立とうとすると

両足でもグラグラして不安定になっちゃう

 

上手な人はスッと楽にかかとが上がるのに

いったい何が違うのかしら・・?

 

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

 

片足はもちろんですが

両足でもなかなかバランスが取れなくて

足首がグラグラしちゃいますよね

 

かかとを上げて立とうとすると

だいたい後ろに倒れませんか?

前に倒れる方が少ないですよね

 

なぜでしょう?

 

 

答えは簡単

そういう立ち方をしているから

 

 

後ろに倒れやすい人はだいたい

良い姿勢になろうとしています

 

頭を少し後ろの上に引き上げて

胸を上げていて

骨盤を立てておこうとして

もものつけ根を少し前に押していて

ひざはしっかり伸ばそうとして

たぶん後ろに押しています

もしかしたら 足指の方にのって

かかとにはあまり体重がかかっていないかもです

 

 

だいたいの人はこのどれか一つ以上を

きっとやっていますよね

全部やっている人も多いと思います

 

 

でもこれって 骨のバランスからすると

ちょっと逆方向なのですよ

 

 

あなたもご存知のとおり

脊椎は前後にカーブをしていますよね

これは 重い頭を支えてバランスするバネです

 

胴体は この脊椎の前後のカーブで

バランスをしています

 

実はカーブは身体全体に続いているんですよ

頭のてっぺんから つま先まで

全部がカーブでつながっているんです

 

脊椎のカーブは

後ろ(後弯)は 胸椎と仙骨

前(前弯)は 頚椎と腰椎

 

じゃあ 身体全体ではどこが前で

どこが後ろかわかりますか?

 

 

こんな感じに続いています

 

 

 

赤が後ろのカーブ

青が前のカーブですね

 

そうすると 仙骨の後ろのカーブは

股関節に続く部分の後ろカーブでもあります

 

ひざは前にカーブをしていて

足首は後ろにカーブをしています

 

 

さっき後ろに倒れやすい人は

ももの付け根(股関節あたり)を前に押して

ひざは伸ばそうとしている

後ろに押していると書きました

 

それだとカーブが逆ですよね!

 

自然のバランスのためにあるカーブを

無くしちゃったら・・ていうか

逆転させようとしていたら

そりゃ バランスも取りにくくなります(^^;

 

 

身体の自然なカーブの積み重なりで

全体がバランスしていれば

 

頭のてっぺんがもっと高いところに行くよ〜

・・って思いながら

足首を伸ばすだけなのです

(今曲がっているのはそこだけだから!)

 

床を押すこともいらないし

どこか途中の場所を上げる必要なんて

まったくいらないんです

 

 

身体がもっているしくみ

カーブのつながりを使ってあげれば

立つことはもっと楽に自然になります

 

ぜひ体験にいらしてください☆

 

身体のつながりから動きを良くする

■ダブルスパイラル・ムーヴメント 体験WS

7月15日(月・祝) 13:20〜17:40

新宿マイスタジオ

 

 

楽なのに安定して動ける

■ブレない軸を手に入れる☆ ダンスの基礎力アップ

7月27日(土) 13:15〜15:45

新宿マイスタジオ

 

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

腕や脚を長く使うには・・

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

もっと腕や脚が長かったら・・!

 

最近の若い皆さんは長い腕や脚をお持ちですが

昭和生まれの大人ダンサーな私たちは・・ね(^^;

 

長さは変わらないけど

せめて「長く見せる」ように

使い方を工夫したいですよね

 

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

 

腕や脚を長く見えるように使うために

大事なポイントは2つ

 

●腕や脚はどこから始まっているか

 正しいマッピングをもつ

 

つけ根というのは 軸とつながる場所

腕なら肩ではなく 鎖骨の内側

 

脚は パンツの線のあたりではなく 

股関節はもう少し上にあるし

軸とつながっているのは 仙腸関節です

 

そこから先端までが腕や脚の長さ

始まりが違うと 長さが変わるだけでなく

動きやすさもアップします!

 

 

●スパイラルのつながりで動く

 

まっすぐ伸ばそうとしないで

スパイラルを使うと もっと長くなります

 

==ちょっと実験です==

手を肩のところから すっとまっすぐ

遠くに伸ばします

 

一度戻してから 

今度は少しだけねじりを加えながら

前に遠くに伸ばします

 

どんな違いを感じますか?

 

まっすぐの方は 少し突っ張った感じや

腕に力が入る感じがしませんか

 

スパイラルのねじる動きを入れると

動きも ”すっ”じゃなくて”にゅ〜”

にゅ〜って感じしません(笑)

指先は突っ張り感なく遠くへと

伸びていったのではと思います

 

 

脚も同じです

まっすぐ伸ばしていくのと

少し外にねじるように出すのでは

伸び具合が違うでしょ(^^)b

 

バレエでもアンデオールしますよね

 

さっきの写真にスパイラルを描くと

こんな感じ

 

まぁちょっとわかりにくいけど(^^;

 

右腕は外向きのスパイラル

左腕は(描いてないけど)内向きのスパイラル

 

腕や脚だけでなく 胴体も全部

スパイラルでつながっているでしょ

身体ってそういうものなのです

 

 

スパイラルのつながりを活かすには

もちろん「きらめく☆」

アレクサンダー・テクニーク使って

楽な首とフワッと自由で高い頭を思い出します

 

そうすると 首から背中の力みが減って

肩甲骨が自由になります

 ↑

これ 腕が長くなるために必須!!

 

 

背面が長く広くなると 腰が楽になって

骨盤が自由になります

 ↑

これも 脚が長くなるために必須!

骨盤(寛骨)は脚ですから

 

あとは ちゃんとした”つけ根”の場所から

にゅ〜っと長くなっていくなら

あなたの腕や脚も もっときれいに見えます

長くなると 少し細く見えますしね♪

 

 

腕や脚を長くみえるように使うには

「きらめく」とスパイラルがポイント☆

 

どんなふうにスパイラルはつながってるの?

 

そこんとこは ご自分の身体で

スパイラル体験しにいらしてください

巻いてみると めっちゃよくわかります♪

 

 

身体のつながりから動きを良くする

■ダブルスパイラル・ムーヴメント 体験WS

7月15日(月・祝) 13:20〜17:40

新宿マイスタジオ

 

 

(これは札幌WSのとき)

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

やっぱり動きはカーブとスパイラル(^^)b

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

今日は市川(千葉)でのDSM体験

GW後半のど真ん中にもかかわらず

来てくださった方

ありがとうございました💖

(今回は顔出しNGで写真ないです)

 

お二人だったので じっくりたっぷり♪

ていねいに体験を深めることができました

 

お一人は腰痛があって動けないかも・・

なんておっしゃっていましたが

カーブとスパイラルに沿っていくと

 

「うわ〜! 楽だし、痛くない!」

 

自然な動きを止めていたことや

身体に合わない動きをしていたことが

腰痛を起こしていたことに気づき

「来て良かった〜!」と

 

いつも頭が先頭で

脊椎は長くなりながらついていきます

それは 脊椎動物の動きのシステム

一番自然な動きをDSMでは学びます

 

 

どのレッスンもそうですが

基本的には生徒さんのやりたい動き

気になっていることに沿って

内容を深めていきます

 

今回はバレエのエカルテの上げる脚

 

まず立っている時の軸の流れ

スパイラルを使ったパッセから

ひざを伸ばしていくときのつながりと

足の方向性などを

スパイラルを使って確認しました

 

 

身体の流れに合った使い方をすれば

無理なく動けるだけでなく

良い張りがうまれて ラインが美しくなります🌟

 

 

「すべての動きはカーブとスパイラルでできている!」

 

あらためて実感しまくった1日でした(^_^)

 

次は夏くらいに東京でWS考えてます

 

普段のレッスン

身体を活かす使い方 アレクサンダー・テクニーク

こちらでも 質問があればご紹介しますし

必要があればレッスンの中で取り入れます

 

気になった方はまずレッスンへどうぞ☆

個人レッスンも承っています

 

■身体を活かす使い方 アレクサンダー・テクニーク

 → 詳しくはこちら

 

最初は5〜10回続けて受けることをお勧めしています

チケットや3ヶ月コースなどもご利用ください

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM