なぜお腹が抜けてしまうのか?

身体と動き あれこれ - - さちこ(HN:寝子)

なぜお腹が抜けてしまうのでしょうか

 

あなたはなぜだと思いますか?

 

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

 

お腹が抜けてしまうのは・・

 

腹筋が(体幹が)弱いから

姿勢が悪いから

 

 

・・・ではなく

 

 

疲れるから!

 

お腹が抜けていない

良い姿勢を保っているのが苦しいから

がんばれなくて抜けてしまうのです

 

 

お腹が抜けているというとき

 

・全体が落ちて(つぶれて)お腹全体が広がっている

・お腹が前に出て、少し腰が反っている

 

このどちらかですよね

 

全体が落ちているときは

「もっとしっかり引き上げて!」って言われて

お腹をぎゅっと締めて

全体を上に持ち上げようとしますね

お腹が前に出ているときは

とにかく引っ込めようとします

 

やってみればわかりますが・・・苦しい(^^;

とてもそのままではいられませんよね!

だから落ちちゃうし、出ちゃいます

 

 

もう一つ、良い姿勢を作ること自体が

お腹が抜けるのに協力しています

 

あなたが考えている”良い姿勢”が

いわゆる”気をつけ”に近い状態だとすると

 

胸を上げたり

背中の方に軸をおいて支えたり・・

 

これだと腰を反ってお腹が前に抜けますよ

 

そしてキープするのが疲れて・・ふぅ・・

今度は落ちてお腹が抜けてしまいます

 

 

お腹が抜けないように

姿勢が崩れないようにと

一生懸命にやっていることが

実はお腹が抜ける原因になっている・・・

 

 

あらら・・・困りましたね

さて、どうしたらいいでしょうか

 

 

何かをするのではなく

いらないがんばりをやめましょう

 

支える仕事をもっと骨にお任せして

筋肉は踊ることの方に使いましょう!

 

 

アレクサンダー・テクニークを使うと

お腹は抜けなくなっていきます

 

頭がほんの少し前に転がりながら

脊椎の上でふわっとバランスします

脊椎はカーブに沿って長くなっていき

坐骨はかかとの方を向いています

 

感覚的にはいつもよりも

「背中が丸くなっている」

そう感じると思いますが

 

大丈夫! 見た目もきれいです

何より動きやすいです!

 

 

背中が丸くなることが

悪いことのように思っている人が多いです

でも お腹の中にいたときは

全部がまぁるくなっていましたよね

 

背中は丸いのがデフォルト

基本の形です

 

お腹のところが前カーブですが

いつもお見せするように

カーブの前面は中心にあります

前には出ていませんよ(^^)b

 

 

身体が自然なニュートラルの状態にあるとき

お腹は抜けていません

どこもがんばっていないので

そのままを保つことも楽です

 

 

自分の身体をわかってあげる

ていねいに使ってあげる

 

そうすれば あなたの身体や動きの

可能性も開けてきます

 

大丈夫! あなたの身体は動きます☆

 

■踊るカラダの使い方

9月14日(月)20:15〜21:45 オンライン

9月23日(水)14:15〜15:45 スタジオ

9月24日(木)11:00〜12:30 オンライン

 

テーマWS

■軸とバランス

9月19日(土)11:00〜13:30 オンライン

9月22日(火)14:15〜16:45 スタジオ

 

 

この記事は 先月のメルマガの記事を

少し編集したものです

登録まだの方はこちらからどうぞ☆

→ メルマガ登録

 

※受信のフィルター設定をご確認ください

受信できないとこちらの特典が受け取れません!

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

正しい姿勢って・・・

身体と動き あれこれ - - さちこ(HN:寝子)

言いたくないですが・・・

暑いですね〜!!!

 

そのせいもありますが

ちょっと考えることがいろいろあって

すっかり休業状態になっておりました

 

さて・・・

もう先月末になりますが こんな記事を書きました

「良い姿勢は、何が”良い”のか?」

 

そこで書いた私の考えは

”質”の良さであると同時に

踊るという目的のために”良い”(適している)

 

そして最後に

「正しさの話は次回」と書いたのですが

今になってしまいました(^_^;

 

この質問を投げかけたとき

「普通の良い姿勢と バレエの正しい姿勢は違うと思う」

というコメントがありました

 

そこで考える

「正しい姿勢って何だろう?」

 

 

そこで書いてくださったいくつかのことは

ターンアウトすること以外は

いわゆる”良い姿勢”でもやっているかなと

 

また ある方がご自身の記事で

”ターンアウトしていなかったらバレエではない”

ということを書いていました

 

そのとおりです

バレエにはターンアウトは必要ですね

 

でも 180度のターンアウトは

必ずしも必要ではありません

もしそれを要求されたら 

ほとんどの人はバレエでなくなっちゃいます

プロダンサーでもです

 

めざす”完成形”はそれかもしれません

でも 180度なんて大半の人には無理です

特に大人から始めた人には!

 

それなのに

「これがポジションの正しい形です」

って教わってしまうと

無理をしてでもそれを作ろうとしてしまう

 

だって それ以外は「正しくない」から

 

”正しさ”にはそういう危険があります

正しさを求めると 許容範囲が狭くなるんです

 

でも みんな身体は違いますよね

動ける範囲も個人差があります

その段階での筋力や柔軟性にも違いがあります

 

求められても 正しくできなかったら

どうしたらいいんでしょうか

正しくできない自分への

ダメ出しにつながりかねません

 

多くの人が

「正しくしたい」

「正しくありたい」

いつもそう思っていて

”正しくない”自分という思い込みの中で

身体を硬くしています

 

だから 「正しい」という言葉は

あまり使いたくないのです

 

正しい形にこだわって 身体を硬くしたり

無理して身体を痛めてしまったら

それこそ本末転倒というものです

 

 

「正しい」という言葉をググると

いろんな説明が出てきますが

 

・道理にかなっている

・整っている

・最も目的にかなったやり方である

 

これだったらいいなって思います

 

1 身体のしくみに合っている

2 踊るという目的にかなっている

3 全体のアライメント(骨の配列)が整っている

 

こうした言葉に変えていきたいですね(^^)b

 

 

そしてもう一つ

「すぐに動き出せる」状態

 

これも入れたいですね!

姿勢を作るために ガチっと固まっていたら

すぐに踊り始めることができません

 

良い姿勢のときもお話しした

”質”の部分です

 

 

そう考えると 一番の基本になるのは

ニュートラルな状態です

 

どこもがんばっていなくて

骨がきれいに積み重なっていて

いつでも動き出せる状態

 

アレクサンダー・テクニークを使って

自分が”きらめく”ことを決めて

頭が動けて 全体がついていって

長く広くなっている状態です

 

そこから必要なことを始めます 

バレエなら ターンアウトのポジションをつくり

社交ダンスなら パートナーとのホールドをつくり

フラやベリーダンスなら やや腰を落とした体勢になり・・

 

形はいろいろに変わっても

”いつでも動ける”質はそのままに踊り始めたい!

 

そうすれば もっと踊ることが自由になります

”正しさ”の呪縛から自分を解放してあげましょう

 

 

今月はあと2回レッスンがあります

「踊るカラダの使い方 アレクサンダー・テクニーク」 

8月26日(水)14:15〜15:45 新宿マイスタジオ

8月27日(木)11:00〜12:30 zoomオンライン 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

長座の土台は脚全体

身体と動き あれこれ - - さちこ(HN:寝子)

長座で腰が落ちてしまう

ひざの裏が伸びない

 

こうした声をよく聞きます

 

私 この前ちょっと発見がありました

 

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

 

長座=脚を前に伸ばして座る

 

ここから前屈するなど

主にひざからもも裏にかけての

ストレッチのときにする姿勢ですね

 

バレエではこの姿勢で足を動かしたり

エクササイズすることもあります

 

長座のときは骨盤を立てて座る

ひざ裏はしっかり伸ばしておく

 

だいたいこれがお約束です

 

そのために

腰(骨盤の上の方)を前に押したり

ひざを伸ばそうと床の方に押したり

かかとを遠くに押したり

 

だいたいこんなことをやっていますよね

 

上体を立てるために頭を引き上げる

 

これもやっているかもしれません

 

 

先日アレクサンダー仲間のトレーナーに

股関節と骨盤のねじれについて

いろいろアドバイスを受けていたときに

2つのことを言われました

 

・坐骨とかかとの4点が床にあって支えている

・股関節は坐骨より上にある

 

 

まったく意識がなかったんですけど

長座のときにかかとは使っていませんでした

 

昔ストレッチで言われていたことの中に

「かかとが浮くくらいひざ裏を床につける」

そんな言葉があったからでしょうか

 

そこまではしていなかったけど

かかとが床で支えているというのは

まったく意識に無かったのです

 

かかとは少しはついています

でも 重さはのっていません

 

ダンスレッスンでエクササイズするとき

右の坐骨が床に下りてないことは

骨盤のねじれと合わせて気づいてはいました

 

それであらためて

「左右の坐骨とかかとの4点が支えている」

 

考えをそちらにしてみました

かかとも坐骨も 床の方に押すのではなく

 

「床の方に下りていく、近づいていく」

 

言葉でそう考えます

(考えることを身体はやってくれるので!

 下ろそうとしないで本当にその動きを考え続けます。)

 

最初はなかなか床に下りてくれなかったけど

片方の坐骨を上げて3点にしてみたり

繰り返すうちに4つの点がついて

身体の前側に大きな面の支えができました

 

「お〜 新しい!」

 

かかとが支える仕事に加わっていないと

骨盤(お尻)の上に全部を立てたくなります

当然不安定なので力が入りますね

 

私もいつも言ってはいたんです

「脚が前にあるから ほんの少し前傾していいよ」

 

かかとも含めた4点が支えとして存在すると

それが自然と起きてきました

 

そして 下があると自然に上方向もできます

頭の高さが自然とできます

 

 

もう一つ大事なこと

「股関節は坐骨よりも上にある」

 

股関節は骨盤の途中にあるので

あたり前のことなのですが

イメージの中でクリアにすること

これ 大事ですね

 

(デヴィッドの股関節はプラスチック入ってるので

 骨頭が少し後ろに抜けています)

 

つまり エル(L)字ではないということ

倒れたTみたいなものです(あ、人の字か)

だから まっすぐ立てなくていいというか

ほんのわずかに(1〜2度)前傾することで

脚全体の支えが使えます

 

私 いつも頭のてっぺんと坐骨で

細長い三角形の軸をつくっています

その軸の途中に股関節はあって

反対の端にあるかかとが

支える仕事に協力していると思うと

もっと長座が楽になりました

あとは足裏全体が遠くへいけば

自然と脚が伸びます

 

長座から片方の脚を動かすことも

よりスムースになりました

 

重さを支えているのは坐骨なので

股関節は動くために自由でいていいわけです

 

 

これは私の体験なので

みなさんが同じというわけではありませんが

何かの気づきにつながればいいなと(^^)

 

 

身体に対する自分のイメージ

今までの学びの中で無意識にやっている

実は役に立っていなかったこと

 

他の人の目を通すことで

新しい気づきがあると 変えることができます

もちろん良い方向に!

 

そんな発見をあなたにも差し上げたい💖

 

レッスンでお待ちしております

 

8月の残りのレッスンはこちら

■踊るカラダの使い方 アレクサンダー・テクニーク

8月16日(日)11:00〜12:30 オンライン

8月26日(水)14:15〜15:45 新宿マイスタジオ

8月27日(木)11:00〜12:30 オンライン

 

個人レッスンは随時行なっています

予約フォームにない時間帯はご相談ください

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

良い姿勢は、何が”良い”のか?

身体と動き あれこれ - - さちこ(HN:寝子)

「良い姿勢」って何でしょう

 

良い姿勢の”良い”って

いったい何が良いのでしょうか

 

あなたが作りたい良い姿勢とは

保っていたい良い姿勢とは

いったい何でしょうか?

 

それは 踊るためにも良いものですか?

 

 

”姿勢が” 良いんでしょ?

 

はい、そうなんですけどね

姿勢の何が良いんでしょうか

 

見た目の形や美しさでしょうか

身体の健康に良いのでしょうか

気持ちが良くなるんでしょうか

それとも動きに良いのでしょうか

 

あなたが求めている 望んでいる

良い姿勢とはどんなものですか?

 

 

「姿勢良くして!」って言われたとき

多くの人がイメージするのは

子供の頃からなじみのある・・”あれ”

 

背すじをピン まっすぐ伸ばして

胸を張って前を向いて

ひざは揃えてまっすぐ伸ばす

 

いわゆる”気をつけ”に近い状態です

ほとんどの人がこの姿勢を基準に

良い姿勢を考えているのではないでしょうか

 

ということは 良いのは見た目?

 

でも これがきれいに見えるかどうかは

価値観や好みでわかれますよね

それに見た目の形って やっていることによって

求めるものが違ったりもします

 

 

私の思う”良い姿勢”というのは

 

いつでもすぐ動くことができる

やりたいことに適している

自分を痛めることがない(身体にやさしい)

 

ということであって

何が良いのかといえば 

形よりも 質・状態ですね

 

姿勢を「姿の勢い」と言う考えがあります

だから 形ではなく動きがあるんですよね

 

ただ立っているだけでも

動いていなくても 動きはある

そこから始まる動きがある

 

・・・てことでしょうか

 

 

すぐに動ける楽な姿勢というのは

全体がバランスしているわけで

骨のアライメントがきれいに積み上がっている

つまり 見た目にも美しいということです

 

・動きやすい

・見た目にもきれい

・身体にやさしい

 

どこをとっても良いですよね!

 

この”良い質”をベースに やりたいこと

目的に合わせた形をつくっていけばいいわけです

そう 形は変化していいのです

 

そう考えると 踊っているときの全てに

この”良い姿勢”がつながっていきます

 

どんなに背中が丸くなろうが

ねじれたような体勢になろうが!

 

 

これね

「背すじの伸びた まっすぐな姿勢」

みたいな形をメインにしちゃうと

その形をキープしようとして

やりたい動きができなくなっちゃうのです

 

形を作っている時点ですでに無理していて

思うように動けない場合も多いです

 

でも やりたいのは踊ることで動くこと

形をキープすることじゃないですよね!

ずっと基本姿勢で立っているわけじゃないですし(笑)

 

 

踊るという目的のために”良い”(適している)

 

まず大切にしたいのはそこかなって思います(^^)

 

その上で ジャンルによって求める形があります

ただし 形に身体を押し込めたら

”良い”ではなくなっちゃいますよね

 

形に”正しさ”を求めてしまうと

許容範囲が狭くなります

だから無理をしますね

 

でも大人の身体は・・・ね(^^;

 

「正しさ」の話は長くなりそうなので

それはまた次回へ続く・・・

 

 

骨のアライメントがきれいに積み上がった

すぐに どんな方向にも動ける楽な姿勢

どこにも余分な力みがなく

全体がバランスしている状態

 

この「良い姿勢」のために”きらめく”

一番上にある頭が動けることが

最重要ポイントです

 

”踊るカラダの使い方”

良い姿勢を見つけるための

その質で踊るためのレッスンです

 

まず3ヶ月 ぜひ続けてみてください

 

■踊るカラダの使い方 月2回・4回定額コース

 → 詳しくはこちらから

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

骨盤(腰)を筋肉で動かす?

身体と動き あれこれ - - さちこ(HN:寝子)

骨盤(腰)がなめらかに大きく動くために

必要なことは何でしょうか?

 

今月のワークショップのテーマですね

 

手元にあった本をペラペラっとめくったら

こんな言葉が出てきました

 

脇をしっかり縮めて動かす

お尻の筋肉を使う

 

あなたもこれやっていますか?

先生からそう言われたらやりますよね

もちろん動きに筋肉は使います

何も間違ってはいないのですが・・

 

それが動きを硬くしているかも・・?

 

 

「脇を縮めて骨盤を動かす」

「お尻の筋肉を使う」

 

筋肉を縮めて動かすという考え方は

どんな動きでも普通に使われていますが

実は動きを硬くするだけです

そして疲れます

 

これは先生が質問に答えるときに

自分がやってることを言葉にしたもの

使っている感覚を探して見つけたことです

 

でも縮んでいるのは”結果”なんですよね

 

骨盤の右側が上がっているときは

脇の筋肉が使われて縮んでいたね

 ↓ ↓

 これが

 ↓ ↓

”脇を縮めて骨盤を上げる” に変わった

 

それなのに あなたが動くときに

縮める方をがんばってしまうと

やってることが違ってしまうのですよ!

 

 

動きの説明で筋肉を使うときは

とても注意が必要です

筋肉は意識を向けるだけで

すぐに働こう(縮もう)としますから

 

それよりも 何がどっちに動くのか

骨で動きを考えることをお勧めします

ずっと具体的で正確なのと

無駄な力みなく リラックスして動けます

(骨には力入りませんからね!)

 

 

動きを考えるときは

・支点はどこか

・動きの先端はどこか

・どの方向に動くのか

この3点を決めていきます

 

骨盤の動きの場合の支点は

ほとんどが胸椎12番です

頭と考えてもいいです

 

動きの先端はそれぞれですね

やりたい動きで変わります

でも骨で考えていきたいですね

 

どっちへどう動くのか

動きの手順を骨で具体的にしましょう

 

そのためには 身体のしくみを

自分の身体で理解しておく必要がありますね

だからこその 今月のワークショップです

 

「骨盤&股関節のしくみと 腰のなめらかな動き」

23日 13:30〜16:30 新宿マイスタジオ

29日 13:00〜16:00 zoomオンライン

 

ちなみに 骨盤がスムースに動くために

これは絶対に必要なこと!

 

股関節とひざはゆるめて

上体は軽く前傾

背中の後ろカーブがある

弾力があって動けるお腹

 

そして 高い頭!

 

動きのしくみがわかれば

教えるときも役立ちます

その先の表現はあなたのお好みで☆


HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

お尻を硬くしない ターンアウト1番

身体と動き あれこれ - - さちこ(HN:寝子)

ターンアウトにするときに

お尻がギュッと硬くなっていませんか?

 

以前こんな記事を書きました

”付け根から回す”をひざで考えてみる

 

その実践版をYouTubeの方にアップしました

 

 

窓を開けていたら ちょっとノイズが・・(^^;

お聞き苦しいところあるかもですが

よかったらご覧ください☆

 

ちょっと視点を変えてみることで

動きやすさ 身体の楽さが変わります

無理なく自然に動けるところを

基本のポジションにしておきたいですよね(^_^)b

 

ご自分の「動ける」をもっと見つけましょう♪

■踊るカラダの使い方

16日(木)11:00〜12:30 zoom

22日(水)14:15〜15:45 スタジオ

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

プリエが硬くなるとき

身体と動き あれこれ - - さちこ(HN:寝子)

「(イスに座って)寄りかかると

 ひざに少し負担がきます」

 

少し前のアレクサンダー・テクニークのクラスで

ある先生が言っていたのですね

 

たしかに 普通に座っているところから

背もたれに向かって寄りかかると

ちょっとひざの上あたりが(ももの部分)

突っ張るというか 力が入りますね

 

そこから足を少し遠くにして

ひざを伸ばすようにすると

力が減って楽になります

 

あぁ なるほど・・・!

 

こんなところでも

股関節とひざは連動しているんですね

 

脚の前側にある大腿四頭筋と

後ろ側にあるハムストリング

 

どちらも 股関節と膝関節両方をとおって

それぞれで動きをつくります

 

大腿四頭筋は

股関節:曲げる 膝関節:伸ばす

ハムストリングは

股関節:伸ばす 膝関節:曲げる

 

股関節と膝関節が同じように曲がるとき

両方の筋肉は一番負担が少ないままで

はたらくことができます

 

イスに座って後ろに寄りかかると

膝関節は曲げたまま 股関節だけ伸ばすので

大腿四頭筋が引っ張られます

それがひざに負荷をかけます

 

ひざを伸ばせば 筋肉のバランスがとれます

寄りかかった分と同じくらい

ひざを伸ばしてしまった方がいいわけです

 

 

この股関節と膝関節の関係は

プリエするときにも同じことが起きています

 

股関節と膝関節が同じタイミングで

同じように曲がっていくなら

一番負担なく動きもスムースです

 

でも 股関節のタイミングが遅れたり

あまり曲げないようにしていると

ひざの動きが悪くなります

つまり「ひざが硬い」が起きます

 

 

では 股関節が曲がるのを邪魔しているのは

いったいどんなことでしょうか?

 

股関節自体を曲げないようにしている

・・わけではないのです

 

 

●上体をまっすぐ起こしておこうとする

 

まずこれですね

「良い姿勢を保とうとする」

これも同じです

 

前に落ちてはいけない

姿勢を崩してはいけない

 

そう思っていることで

結果として股関節の動きを邪魔します

 

でも 股関節を少し曲げたからって

前に落ちたり 姿勢が崩れたりしません

安心してください(^^)b

 

 

●お尻に力が入りすぎている

 

お尻を締めようとして

あるいは ターンアウトしようとして

大臀筋をたくさん使ってしまうと

股関節が曲がりにくくなります

大臀筋は股関節の伸展(伸ばす)が仕事ですからね

逆の動きです

 

ターンアウトには別の筋肉たち

Deep6(外旋六筋群)を使いたいですね!

(パンツの線あたりの筋肉)

 

 

 

立っているとき

両足の上に頭がのっていて

坐骨はかかとの方を向いています

 

プリエをしている間も

足の上に頭はあり続けます

 

「坐骨はかかとの後ろに下りていく」

そのくらいのイメージがちょうどいいです

ひざは少し前にいきますからね

 

股関節が十分に曲がってくれないと

ひざに負担がかかって動きが悪くなり

痛めてしまうかもしれません

 

脚の関節はいつでも連動して使えるように

楽な首とふわっと高い頭

もちろんお忘れなく☆

 

 

今月の身体のしくみのクラスは

膝関節のしくみと動きがテーマです

 

明後日9日はオンラインのクラスなので

どこからでもご参加いただけます

 

■骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ

10:膝関節のしくみと動き

・7月9日 11:15〜13:45(zoom)

・7月15日 14:15〜16:45

・7月21日 19:15〜21:45

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

身体の軸は3三(さんみつ)で

身体と動き あれこれ - - さちこ(HN:寝子)

感染予防のために

三密は避けた方がいいですが・・

 

身体の方は3三(さんみつ)

 

お勧めです

”みつ”ではなく”みっつ”かな(笑)

 

三は”三角形”のこと

 

頭のてっぺんと坐骨を結ぶ三角形

これは以前もご紹介しました

胴体を貫く 動きのある軸です

 

 

これにあと2つ追加しましょう

 

まず 頭のてっぺんと

肩甲上腕関節を結ぶ三角形

 

頭はいつでも胴体から離れていくし

腕も外に離れていきます

頭が胴体から上に離れるときに

アゴが前に出ないように

後頭部の後ろカーブを思い出します

 

 

もう一つは 頭のてっぺんと

足首(両くるぶしの間)を結ぶ三角形

頭と足は反対方向に離れています

 

足を大きく開いたり

左右の足がどこにあったとしても

いつも頭とつながっている

そんなイメージでもあります(^_^)b

 

三角形は一番シンプルな安定の形です

軸とバランスを

3つの三角形でつないでみる

”3みっつ”でどうぞ☆

 

 

ちょっと視点を変えて考えると

身体はもっと動きやすくなります

 

■踊るカラダの使い方 踊りやすく痛めない姿勢と動きレッスン 

8日(水)14:15〜15:45 スタジオ

13日(月)19:15〜20:45 スタジオ

22日(水)14:15〜15:45 スタジオ

 

10日(木)19:45〜21:15 zoom

16日(木)11:00〜12:30 zoom

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

動いた分だけ筋肉は使われています

身体と動き あれこれ - - さちこ(HN:寝子)

「この動きでは もっとこの筋肉を使って・・・」

 

なんて考える人の方が多いと思うけど
けっこうそれは逆効果になったりします

 

意識すると筋肉を使いすぎるから
(つまり 力を使いすぎるってことね)

 

動きは骨で考えてみましょう
あるいは どこがどっちに動くのかを考えます

 

その動きをていねいにやれば 筋肉は必要なだけ使われます
楽に感じたときに ちゃんと使っていない気がしても

動きができているなら その程度の力で十分なわけです

 

 

本当に筋肉が十分に使われていないときは
別の場所でがんばってしまっていたり

そもそものやっている動きが違っていたりします

 

「使われていないから、もっとちゃんと使う」
「使えるように、もっと強くする」

 

この発想から 少し離れてみたらどうでしょうか(^^)b

 

本当に足りなかったら やりたいことができないけど
使ってる感がなくても 動けるならそれで十分

 

使っている感を味わいたくなるのは 罠ですよ!
感じがないと さぼってる気がするのもやっぱり罠

 

気をつけてくださいね〜

 

■踊るカラダの使い方 アレクサンダー・テクニーク

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

軸がブレるのは筋力が弱いから?

身体と動き あれこれ - - さちこ(HN:寝子)

「アダージョで軸足がグラついてしまいます。」

 

受講者のMさんから質問が届きました

今日はこの質問にお答えします

 

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

まず先に確認

 

※アダージョ(アダジオ)

バレエレッスンでおこなわれる

ゆっくりした音楽に合わせての動きです

バランスとコントロールが必要ですね

 

 

さて・・・

軸足がグラグラしているとき

先生からどんな注意があるでしょうか?

 

「もっと床を押して」

「引き上げが足りない」

「脚・体幹が弱い」

「肩に力が入りすぎ」

 

こんな注意が多いでしょうかね

見えていることとしては

たしかにこのとおりだと思います

 

注意された生徒はどうするか?

 

脚や胴体にたくさんの力を使って

床を押したり 引き上げたり

(力でがんばり過ぎてしまう!)

 

逆に力を抜いてつぶれたり・・

(これでは最初の注意に逆戻り!)

 

あまり解決になりません

 

Mさんも筋力が足りないと思い

ヨガのポーズを2分キープするという練習を

日々行なっているそうです

 

でも アダージョは「動き」です

動きの中でバランスを取り続けるのは

ポーズをキープするのとは違いますね

 

動くことで軸足がグラグラするのは

軸足の強さではないんですね

 

身体全体が協調して動けるか

 

ここがカギになります

 

たとえば 立って右腕を横にあげると

ほんの少し身体は左に移動します

どこかが動けば 他の部分も少しずつ動いて

全体でバランスを取り続けます

 

誰かに押されても 簡単には倒れませんよね

全体が動いてうまくバランスを取ります

誰もが自然にやっていることです

特別なことではありません

 

でも うまく協調が起きないときがあります

どんなときでしょうか?

 

 

どこかの動きを止めているとき

力でギュッと固めているときです

 

はい 思い当たることありますね

 

バランスを崩さないように

軸が動かないように

揺れないように

 

あちこちがんばっていますよね!

 

どこかの動きを止めると

協調のはたらきがしにくくなって

バランスが取りにくいだけでなく

全体の動き自体がやりにくくなります

 

そこを無理に動こうとすれば・・・

 

はい 軸の方がもっていかれます

 

それなのに さらに軸を強くしようと

何か力でがんばりはじめたら

逆効果になりかねないわけです

 

だからといって力を抜こうとすると

必要な力も抜いてしまう人が多いのです

 

全体がつぶれてしまい 硬くなります

身体も重くなります

 

 

では どうしたらいいでしょうか?

全体の協調がスムースにはたらきながら

バランスと動きを両立させるには・・

 

いくつかのポイントをあげておきます

 

・筋肉ではなく 骨の支えを使う

・床からの上向きのサポートを使う

・全体に張りで強さをつくる

・動いている先端の意識を持つ

・全体が動けることを思い出す

・周りの空間に意識を広げる

・できるかどうかは先に決めない

 

 

まず大事なこと

 

「支えるのは骨の仕事です!」

 

筋肉は動く方に使いたいのです

いつでも協調を助けられるように!

 

脚の大きな筋肉で支えていたら

どんどん太くなっちゃいますよ!

 

 

「床からのサポートを使う」

 

床を押そうとすると

脚にたくさん力が入ったり

ひざだけでなく 上体も突っ張って

バランスを崩しやすくなります

 

わざわざ押さなくても 重力があります

自分の重さですでに床を押しています

そのことを思い出すだけでいいんですね

 

多くの人が 動かしている方の腕や脚

上の方の動きに気を取られていて

軸の足元のことを忘れています

 

自分の重さが床を押していると同時に

同じ力が逆方向 つまり上向きに

あなたを押し上げています

その力はあなたの中心軸を通って

頭のてっぺんから上の空間へ抜けます

 

 

床がいつでも上向きに支えている

 

そのサポートを思い出しましょう

同時に 下と上の双方向のエネルギーが

あなたを長くしていることも思い出しましょう

 

 

頭と足が上下に離れ合っている

 

それが あなた全体に張りをつくります

固めていない

ゆるんでもいない

それが 「張り」です

 

張りは強さですよ!

しかも 動ける強さです

 

 

足で床を押したり 

頭を引き上げるのではなく

 

ただ 重力を思い出し

上向きのサポートを思い出し

頭がほっぺよりも高いところにあって

繊細にバランスしている

そのことを思い出します

 

これが張りをつくります

しなやかで 動ける張りです

 

動いている指先・つま先

先端に意識をもつことで

広がる方の張りもうまれます

 

 

「動きはいつも自分全体」

 

最初に書いたように

どこかが動くと 他の部分も動いて

全体でバランスをとっています

 

動きはある”部分”でも

実際には”全体の動き”なのです

 

特に大事なのは 一番上にある”頭”です

首の緊張で頭が止まると

頭がバランスを失うと

下にある全体の協調が失われます

 

頭はほっぺよりも上の高いところに

いつでもふわっとのせておきましょう

 

 

「周りの空間に意識を広げる」

 

自分の身体にフォーカスしがちですが

それが緊張で身体を硬くします

 

周りの空間に意識を広げると

身体の方が解放されるだけでなく

視覚がバランスをサポートしてくれます

 

 

そして 最後にとても大事なこと

 

「できるかどうか 先に決めない」

 

苦手意識は緊張をつくります

できないと思っていたら できませんよ!

 

ていうか レッスンなんですから

できなかったとしても

グラグラして倒れたとしても

誰にも迷惑はかからないし

誰も傷つかないし 死にません

 

ちょっと恥ずかしいと思ったり

がっかりしたり悔しかったり

先生から注意されるかもしれないけど

 

言ってしまえばその程度のことですよ(^^)b

 

バレエは型もあるし

いろいろ決まりごともあるので

「ちゃんとやらなきゃ」って思う

まじめさんが多いように思います

 

もう少し気持ちを楽にして

レッスンを楽しんで欲しいな〜💖

 

 

あ・・それでも筋力はあった方がいいです

長い時間キープするとか

高い位置に上げるためには

それなりの筋力が必要ですからね

 

どんな練習をするときも

基本の姿勢が崩れるときは

その高さや時間はまだなのです

楽に きれいな姿勢を保ってできる位置

できる高さやキープの長さで練習しましょう

 

姿勢が崩れながら

あちこち力で固めながら

必死に耐えながら

 

これは意味ないですからね!

硬くて融通のきかない筋肉がついちゃいます

身体のラインも崩れますよ!

 

 

楽できれいな姿勢を保って動くには

やっぱりさっき説明した部分なのです

つまり”動きの基礎”ということで

私がお伝えしたいのはここなんです!

 

 

めっちゃ長くなりましたけど

本当に上手になりたいときは

あせったらいけません

無理やりがんばってもいけません

 

人によって違いますけど

基礎づくりってやっぱり時間はかかるんです

 

ていねいに時間をかけてやれば

必ずその成果は出てくるし

身体を痛めることなく ずっと踊れます

 

その方がいいでしょ☆

 

この先10年20年と踊り続けることを考えたら

1年や2年の時間はたいしたことありません

 

 

AT Danceではいつでもあなたをサポートします

楽できれいな姿勢で

いまよりも上達することを

身体を痛めることなく踊れる未来を☆

 

あなたのダンスライフをハッピーに♪

 

レッスンでお待ちしております

→ レッスンを見る

 

メルマガに登録してみる

→ メルマガ登録

 

■力でがんばらない踊りをみつける

 〜アレクサンダー・テクニークWS

6月21日(日)13:30〜16:30

新宿マイスタジオ

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM