症状と原因は違う場所に・・? 身体は全体が関係し合っています

踊るために知っておきたい身体のこと comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)
痛みや動きにくさなどの”症状”が起きている部分に
本当の原因はないかもしれない


腰が痛くて整体に行ったのに 違う場所をケアされた
そんな経験がある人もいるでしょう
良い整体や整骨院では 常に全体を診ています

画像はテンセグリティのおもちゃです


(テンセグリティが気になる人は検索☆)

身体はこのように全体がつながって 影響しあっています

もう1枚は 黄玉につながるゴムが引っ張られて歪んでいます



もし 黄玉の周りに痛みや硬さを感じていると
「黄色を正しい位置に戻さなくては」と考えて
黄色を動かして 4本のゴムのバランスをとろうとしますね

でも実際には 別の場所で起きていることが原因です
私が手でギュっとしてる場所ですね
このギュ!がなくなれば 黄玉は元に戻ります
ただそれだけでいいのです

先日のデビさんのワークショップのときに
どうも右の手首の緊張が手放せなくて 気になっていました
昨日自分にワークをしながら あることに気づきました
右腕を 肩の後ろあたりに緊張をもったまま使っていたのです
その辺りから動かしていたわけですね

右腕で重いものを持つときに後ろ側で支えていたり
冬になると横向きで寝ることが増えるのですが(その方が暖かい)
いつも右が下になるので 肩を引き込んでいたようです

でも 本当の腕のつけ根は鎖骨と胸骨のつながる関節です
そのことを思い直していくと 鎖骨から指先がつながりました
腕全体がつながって 肩甲骨側が解放されてくると
手首の緊張もなくなりました

手や足など 先端部で起きている緊張の原因は
軸に近い場所にあることが多いです


腕が本来の位置からつながっていったら
なんと 足のバランスも変わりました
かかとが下りて 全体が安定してきたのですね
まったく! 身体全体はお互いが関係し合っています

今日のダンスレッスンでは スローナンバーだったこともあり
腕と手首が楽になると とても気持ちよく踊れました
もちろん 頭のことも思っていますよ
これは一番大事なことですからね(^_^)b

何か気になることが起きているとき
その「起きていること」ばかりに気を取られていると
本当の原因を見逃してしまったりします

青玉が赤玉に近づきたがっているのが
黄玉の周りのゴムにストレスを与えているように

あなたの頭が脊椎の上でふわふわっと動けるとき
その原因となっている「何か」が見えてくるかもしれません


レッスンでお待ちしております
アレクサンダー・テクニークは治療ではなく 学びです

■個人レッスン・プチ<予約制>■
体験レッスンとしてもお勧めのミニレッスンです

1月20日(火) 19:00〜、19:40〜、20:20〜
1月25日(日) 12:00〜、12:40〜、13:20〜
受講料:30〜35分 3,000円(スタジオ費込み・ポイント対象)
新宿マイスタジオ 5D
 ※ご希望の日時を添えてお申し込みください。

■1月のテーマ・ワークショップ■
「ベリーダンスのためのアレクサンダー・テクニーク」

1月31日(土) 13:15〜15:45
新宿マイスタジオ5C
受講料:6,000円 (お2人一緒のお申し込みは10,000円!)
定員:10名(あと4名です!

■ボディ・インテグレーション<予約制>■
自分の中にある「楽さ」に気づきながら
身体を整えていくコンディショニング・エクササイズです

1月21日(水) 14:30〜15:45
1月23日(金) 19:30〜20:45
新宿マイスタジオ6C
受講料:2,000円 <予約制>
 ※枕にする厚手のタオルをご用意ください。
  冷えないようにご準備ください。

*個人レッスン(50分・5,000円、スタジオ費別)
*からだのリセット(60分・7,000円)
随時ご予約を承ります
出張レッスン&ワークショップはご相談ください


From AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

メルマガ始めました☆
登録はこちらから!
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM