ピンクの象は何だろう?

今日のできごと comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)
このところ右腕がまた何かをしたがっていて
それに伴って全体的に右を縮めたくなっています

バイトが春休みから忙しくて あおられ気味になっていると
どうしてもそういう習慣がムクムク強まるのですね

今日は夜のレッスンがなくなったので
BODYCHANCEに行って 平日の夜クラスに参加してきました
新しいクラスで人数も少ないので 遠慮せずにアクティビティも2つ(^_^)

腕のことでは 久しぶりに字を書くことをやりました
そのときに気づいたこと 

「ペンを握るんじゃなくて ペンは持つんだ」

「握る」と「持つ」じゃ だいぶ力の度合いも変わってきますよね
無意識に使っている言葉は 動きに影響しています


他の人のアクティビティを見ている間に
目がものすごく「見ている」ことに気づきました
うっかりするとすごく「凝視」している・・(^_^;

両目の幅を思い出して 「見えている」ことを思い出すと
全体が少しずつ戻ってきました

ついでに帰ってから久しぶりに『マジカルアイ』を見たら
目がショボショボして涙がボロボロ出ます
これは私だけなのかわかりませんが
目の緊張が抜けて筋肉がゆるんでいくと
すごく涙が出て 目の周りや奥がしみるような感じがします

それでちょっとスッキリした後は
洗濯物を片付けながら 腕のことをもう一度思い出しました
「腕は鎖骨から」を思いながらたたんでいたら
逆に変に力が入り始めちゃって・・あらら(^_^;

「これは 腕がピンクの象になっているんだな」

そう思ったので ミオさん流に変な考え方を始めました
「腕のつけねはお腹にある」

ふむふむ・・ちょっと離れたかも
次は思い切って「足・足・・」と思い続けてみました

普通だったら頭のことを思うところを「足」!
わざと戸惑わせるわけですね

これが意外とうまくいって 首から腕にかけての余計なものが
なくなっていきました

身体って本当におもしろい(^_^)

From AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM