音楽が動きをリードする

ダンスは楽しい♪ comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)
今日は半年に一度の たばジャズOGレッスンでした
懐かしい仲間が集まって アフターも楽しかった♪

レッスンを受けながら ふと浮かんだ言葉
「ダンスは音楽がリードする」
今日はそのことを書きます



こんにちは あなたの動きの可能性をひらく
踊るアレクサンダー・テクニーク教師 さちこです

”リーディングエッジ”という言葉があります
何かをする時の「動きの先端」という意味で
動きをリードするものを指しています

例えば 腕をアンオーにするときは指先だったり
コーヒーを飲む時はカップの縁だったり
必ずしも身体の部分ではなかったりします

今日踊りながら思ったのは
「踊りをリードするのは音楽なんだな」

それぞれの動きは
指先だったり 頭のてっぺんだったり
膝だったり 髪の毛だったり
持っている道具だったり
いろんなものがリードして動きをつくるのですが
踊ること自体をリードしているのは「音楽」

楽器の音や歌声
メロディやリズムが踊りをリードして
それに自分の全体がついていって
音と一緒に動いて 踊っているんだなぁ

あらためて思ったのですね

だって 踊りは
「音楽を動きで表現する」ものだから
自分の表現に音がついているわけじゃない
それは単なるBGM

音やリズムに心を動かされて それで身体が動く
だから 音がリードしている


この動きはこのメロディ
この動きは下のリズム
長いタメやアクセントも 音が教えてくれる

それを「どう踊る、動く」って自分がリードしたり
自分が動くことに必死になっていると
なんか前のめりになって先走ったり
音が聴こえていなかったり

とにかく動きと音がマッチしない
それじゃ踊りにならない!

かといって 音に陶酔しちゃって自分がなくなると
なんだかわからないものになっちゃう

音に自分がついていって 音と一緒に動いて踊る

そのためにはやっぱ振りを覚えなきゃ!だけど
音楽を聴いていると 振りも入ってくるのですよ
だって そういう振付けなんですもの(^_^)b


音の中に自分がいて 自分から音が出ていく
踊っている時のそういう感じが大好きです(^^♪


踊らないけど 踊りに役立つレッスンです☆
明日の夜も お時間ある方はどうぞ(^_^)

【ダンスな身体の使い方 〜アレクサンダー・テクニーク】
 月曜クラス 10月26日 11月2・9・16日
  19:15〜20:45
 水曜クラス 10月14・28日 11月11・25日
  14:15〜15:45

【動きの可能性をひらく 〜もっと自由に踊るために!】
 10月31日(土) 13:15〜15:45


ハロウィンで自由に弾けたい人もどうぞ(笑)

ご予約はこちらから☆

From AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM