脚を横に上げるときの方向

踊るために知っておきたい身体のこと comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)
このところ鑑賞レポート系ばかりだったので
久しぶりに身体と動きのお話しますね

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく
踊るアレクサンダー・テクニーク教師 さちこです

脚を横に上げる
ターンアウトでパッセをする
その時に あなたの脚はどこに上がっていますか?

「できるだけ真横に上げられるように気をつけています」

ふ〜む・・・それは先生に言われたのでしょうか
では ターンアウトの1番で無理をせずに立った時に
あなたのつま先はどこを向いているでしょうか


パッセを探求していたCさんは
「頭が動けて自分の全部がついていって・・」を
どれだけ丁寧にお願いして 背中が長くなっても
パッセすると すぐに身体が反っくり返っていました
なぜでしょう?

彼女は パッセの膝を真横に上げようとしていたのです

でも 彼女の1番は180度ではありません
だから パッセしながら頑張って横に開いていました
しかも 本来の方向よりも開こうとして
股関節を回すのではなく 膝を後ろに引いていたのです

そのため 身体が開いてお尻も引っ張られて
反っくり返ってしまったわけです

おそらくほとんどの方は言われたことがありますよね
「つま先の方向に足を出しましょう」
そのとおりです
無理やりじゃない「自分の方向」ですよ(^_^)b

(ネットにあった写真を加工させていただきました)

彼女自身の脚の方向に上げてもらうと
身体はそのままでパッセになりました
「え〜 これでいいんですか!?」
だって 自分の方向ですもんねぇ(^_^)

実はさっきまでは 脚全体を後ろに引いているので
膝が横にくるとつま先は軸足から離れてしまい
無理につけようとして 少しかま足になっていました


そのことを伝えると
「え〜 かま足はダメですよ!」とビックリ
そして自分の方向に納得してくれました

ところで 立っている時につま先と膝は方向が違います
膝を曲げる時に 少し外に回っていくので
膝はつま先の方向に上げることができます

プリエと同じ動きです
(これは 次回もう少し説明しましょうね)

無理やりの1番は自分の方向ではないです
力で耐えているから 動かすと力がゆるんで
ひゅ〜んって中に戻ってしまうのです
まず自分の方向で確実に行なえるように練習しながら
可動域を広げていくようにしましょう
特に大人の皆さんはね(^_^)b



自分はどんなふうに動いていたっけ?
無意識になんかやってるかも・・
そう思う方は ぜひレッスンへどうぞ☆
アレクサンダー・テクニークが あなたのダンスを変える!


年内最後のミニワークショップ
26日(土) 13:10〜14:50
新宿マイスタジオ 5C

ご予約はこちらからどうぞ

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM