タンデュの足を出すとき

ダンス上達のために comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

「一番から足を出すとき

 お尻がゆるみます」

 

レッスンであった質問です

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

タンデュっていうのは

バレエの足の使い方の用語

両足で立ったところから

つま先が床から離れないところまで

前・横・後ろへ片方の足を伸ばしていきます

 

 

レッスンでは 気になる動きを

まずやって見せてもらいます

 

できてるかどうか

正しいかどうかではなく

 

「どんな動き方をしていて

 全体のつながりはどうか

 どこか固めていないか(特に首)」

 

そういうところを見ています

私はバレエの先生ではないですからね(^^)

 

「横へのタンデュ」だったのですが

つま先の方向ではなく

「横に出そう」としているなぁ・・

途中がないなぁ・・という印象がありました

 

横に出すんだから

「横に出そう」とするのはあたり前

そう思うでしょ

でも そこに罠があるのですよ

 

横に出したい!って思うと

つま先の方向じゃなくて 

自分の身体から見た横に

ズレて出してしまうのですよね

 

これ 股関節では内旋が起きやすいです

つまりお尻がゆるみます

なので 方向をていねいに確認します

 

もう一つ

「途中がない感じ」がするというのは

立っているときの最初と

つま先をポイントに出した最後

そこはあるけど

途中がはしょられている感じ

 

そこでプランを考えました

このときにうまくいったのは

きらめく〜をお願いしたら

「かかとが親指の方向に動いていく」

 

つま先じゃなくて かかとです

ふとした思いつき(^^)

だけど 自分でも気に入りました

 

「タンデュ」っていう名前がつくと

とても特別感があって

(実際特別なのかもしれないけど)

すごく何かをやりたくなってしまうので

一度その”特別”を取り払って

動きをシンプルにしてから

必要な動きをていねいに見直して
ちゃんと身体が使って
動く練習する方が
”急がば回れ”

より良い結果が得られると思うのです(^^)

 

本当にやっている動きがわかったら

そこに「ダンスのエッセンス」を

必要なだけ加えていけばいいんですから(^^)b


 

全体のバランスと協調があってこそ

楽で自然で美しく!

気持ちの良いダンスができるのです(^^♪

 

ダンスの動きの基本の”き”

ダンスのABC

レッスンで一緒にやってみましょう

 

【アレクサンダー・テクニークとダンスABC】

9月18日(月・祝) 13:30〜16:30

横浜 スタジオKaveri(横浜駅徒歩8分)

受講料 8,000円 (メル割あり)

RESERVA予約システムから予約する

 

身体のしくみと使い方

【踊る身体の骨&コツレッスン 〜脚全体】

9月14日(木) 13:15〜15:45

新宿マイスタジオ 5C

受講料 6,800円 

RESERVA予約システムから予約する

 

とにかくやってみよう!

■身体を活かす使い方 アレクサンダー・テクニーク■

9月7・14・21・28日

 19:15〜20:45

9月13・27日

 14:15〜15:45

RESERVA予約システムから予約する

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM