脇の下にタマゴ

身体のしくみ 腕・手 - trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

脇の下にタマゴをはさんでおく

 

タマゴ1個分のスペースをあけて

 

腕を下ろしたポジション(アンバ)のとき

よく言われたりします

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストの さちこです

 

タマゴをはさんでおこうとして

逆に力が入っちゃったり

 

タマゴが3つくらい入りそうに

肘を張って肩も上がっていたり

 

そんな姿もよく見受けられます

 

・・・が

脇の下にあたる部分って

スペースが最初からあるんですよね

ほら ここんところ

 

脇の下にはスペースがある

タマゴが入るくらいのスペースがある

それを思い出すだけでいいんじゃないかしら

 

「思う」ってすごくパワーあります

脳が考えていることを

身体は実行しようとするから

身体の事実を思い出すだけで

繊細に動きが起きてきます

 

 

たぶん 腕をギュッと引き込んで

自分を固めないための「タマゴ」だろうと

私は推測しております

 

本来の意図をどう伝えるか

教える人はそこが大事ですね

 

「教える人のための 動きの見方と伝え方」

1月から3月は ”腕の動き”がテーマです

 

肩が上がってしまう

腕が短くなってしまう

そういう生徒に何が起きているのか

どう伝えたら改善につながるのか

Yesのプランを考えていきましょう

 

■教える人のための 動きの見方と伝え方

 <腕の動き 全3回>

1月25日・2月22日・3月22日

各回11:15〜12:45

新宿マイスタジオ6C

RESERVA予約システムから予約する

 

踊るために知っておきたい身体のこと

■踊る身体の骨&コツレッスン

 全3回・速習コース

1月16日・2月20日・3月20日

各回19:15〜21:45

市ヶ谷スタジオグロウ

RESERVA予約システムから予約する

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM