身体にはその人の歴史が刻まれている

思考と身体 - - さちこ(HN:寝子)

すっかり桜が散って つつじの季節になりました

世の中的には新年度ですね

 

AT Dance的には 昨日から4月のレッスンがスタート

個人レッスンと

今日は「身体を活かす使い方」

3ヶ月のコースがスタートしました

 

この2日間のレッスンであらためて思いました

 

身体には その人の歴史が刻まれている

 

その人の姿勢だったり

筋肉のつき方だったり

身体に起きている歪みだったり

 

これらは その人の生きてきた人生

考えていることの表れなのだということ

 

自分に対してどう評価しているか

自分をどう表現したいと思っているか

どんなケガや病気をしてきたか

どんな体験を積んできたか

 

良いとか悪いとかではなく

ただその結果なのだということ

 

今の自分の状態が

やりたいことに合わないなら

やりたいことの邪魔になってしまうなら

 

いろいろがんばってきた自分に

「ありがとう」

「もうがんばらなくても大丈夫だよ」

そう言って解放してあげてくださいね(^^)

 

アレクサンダー・テクニーク

そのために役立つメソッドです

 

あなたが「なりたい自分」になるために

それをダンスで表現するために

 

 

「身体を活かす使い方」のレッスンは

1回ずつの受講もできますので

どうぞ体験にいらしてくださいね

 

そして変化を体験できたら

ぜひ続けて受けてみてください

あなたのペースで ゆっくりと

もう要らなくなった”がんばりさん”に

サヨナラを言いましょう

 

ーーーーレッスンはこちらからーーーー

■身体を活かす使い方 〜アレクサンダー・テクニーク

 

■踊りやすい身体づくりとダンス基礎 〜ダンスABC

(4月は脚をあげる動き)

 

■踊る身体の骨&コツレッスン

(4月は肘と手)

 

■教える人のための 動きの見方と伝え方

(4〜6月は脚の動き)

 

■力を抜いて踊るための 身体の使い方のヒント(全5回)

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM