言葉では説明できない新しい発見がいっぱい☆

レッスンレポート - - さちこ(HN:寝子)

「言葉では説明できない。

 でも自分の身体について新たな発見がいっぱいあると思います。」

 (T.M.さん 社交ダンス)

 

この週末17&18日は大阪で

「踊る身体の骨&コツレッスン」

「身体感覚アップデート講座」

 

ご参加いただいた皆さん

ありがとうございました💖

 

17日の「踊る身体の骨&コツレッスン」

”自分の身体はこうだよね”っていうイメージと

実際の身体をマッチさせるクラス

 

骨の位置や大きさ、長さが思っていたのとは全然違っていた。

 (T.M.さん)

もっと楽で自由な身体の使い方ができると、期待がさらに生まれました。」

 (M.H.さん ベリーダンス)

「猫背を気にして背のS字カーブをつぶしていた。カーブをイメージしたら呼吸が楽になった。

 (H.I.さん)

 

自分の身体の”本当”を思い出したら

身体がもっと楽に 動きやすくなりました(^^♪

 

 

18日は 桜井ダンスアカデミーさんで

NLP(神経言語プログラミング)との

コラボワークショップでした

こちらはスタジオのマイケルくん(骨くん)に

お手伝いいただきましたよ♪

 

アレクサンダー・テクニークも大事なポイントが

「やろうとしないで 思うこと」

だったりするので

脳でのイメージトレーニングがわかると

もっと取り組みやすいはず☆・・・と

今回初のタッグを組みました♪

 

視覚・聴覚・触覚などの体感

 

五感のどれが自分にとって優位か

自分のパターンを知ることと

良いイメージをどう使っていくか

 

麻里さんがわかりやすく教えてくださったところで

私の方にバトンタッチ

 

・思っていることが 身体に起きていること

・自分の頭をけっこう忘れていて

 そのことが全体の動きに影響していること

・脳が理解しやすい言葉の選び方

・視覚が身体感覚を惑わすこと

・感覚を探すと動きにくくなること

 

いろいろな方法で体験していただきました☆

 

「体の感覚にとらわれていた自分に気がついた。長い間ダンスをしていて、カベに当たっている方に良いと思います。

 (かつさん)

「いつも体を使う、変えることをがんばっていたけれど、身体的に変えようとするのではなくイメージ(正しく)するだけで体が動いてくれるのだと気づいた。

 (Kさん)

自分の体を信じれます。もっと可動範囲があることを実感します。」

 (Y.Y.さん)

「”できない”って言ってしまう人。その思いが自分の体を動かせなくしている。意識をかえるだけで変わる。

 (武村静さん)

どんな競技にも応用できる。とても勉強になりました。」

 (青木郁美さん)

「何かネガティブな事が、ポジティブな事に考えが変化するかもしれません。

 (M.A.さん)

身体が軽くなりました。

「力みなく自由に動く身体を手に入れた感じ。無理なく身体をいためることなく動けるようになるには必須です。

 

 

来年また第二弾を企画する予定です

今回逃した方はぜひそのときにね(^^)

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM