重心は真ん中でいいと思うんだけど

エクササイズ考 - - さちこ(HN:寝子)

夕刊を開いたら ある書籍の広告が

どんと目に飛び込んできました

 

”椎間板”をテーマにした健康本

 

タイトルにある言葉は

確かにそのとおり!

そう思えるものなのだし

極意として書かれている体操も

まぁそうよね・・と 思える

 

だけど・・!!!

 

脊椎とクッションである椎間板に影響している

頭のことはどう考えているんだろう??

 

だって 正しい姿勢とされるものに

「後ろ重心」とあります

 

壁に背をつけて立ったときに

後頭部・背中・お尻・かかと

この4点を壁につける、というもの

 

これって 絶対にナンセンス!!

 

私はそう声を大にして言います

少なくとも読者の皆さんには

この考えは持って欲しくないです

 

だってほら・・

 

骨だけでも頭やかかとはつきません

 

実際には筋肉や脂肪がのっています

お尻や背中はもっと厚くなります

つき具合も人それぞれ

 

頭をつけようとしたら腰が反ります

脊椎は自然なカーブでなくなって

当然ですが椎間板にも影響あります

 

 

頭の重さ

肋骨や腕も含めた重さ

上体全体の重さ

それぞれは中心に下りていきます

 

脊椎全体は自然なカーブの状態で

重さを支えながら動けます

腕や足も全体が自由になります

 

そのためには 首が楽で

頭は胴体から離れる方向に

フワッとバランスしていること

 

私がレッスンでいつもお伝えしている

アレクサンダー・テクニークの原理

プライマリー・コントロール

 

良いプライマリー・コントロールがあってこそ

全体の協調作用ははたらき

エクササイズも効果を得られます

タイトルどおりを実現したいなら

きらめく☆”です

 

 

この本も 後ろ重心はともかく

きっと言っていることは正しくて

エクササイズも 良い状態でやったら

効果はあると思うのですよ

 

ただね

どんなに素晴らしい

効果的なエクササイズやワークも

頭が抜け落ちている

悪いプライマリー・コントロールで動くと

身体にも悪影響が及びます

 

そこはぜひ覚えておいてほしいのです

 

 

あなたが 自分の身体を大切に使いたいなら

良いプライマリー・コントロールを

使えるようになってほしい!

 

レッスンでお待ちしておりますよ

https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

 

クリスマス企画♪

■アレクサンダー・テクニークであなたの望みを叶えよう☆

12月24日(月・祝) 13:20〜16:40

新宿マイスタジオ

受講料:9,000円(ペア割引16,000円)

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM