女性は身体の変化とどう付き合うか・・そこが問題!

思うこといろいろ - - さちこ(HN:寝子)

紀平梨花さんの優勝で話題をさらった

フィギュアスケートのGF

さまざまな記事が出ていますが

ちょっと気になったものがありました

 

「試練はこれから…16歳・紀平梨花を待つ体重管理と身体の変化」

 

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

この記事で書いてあることはダンスでも同じ

 

10代女子は体型の変化が男子より大きいので
無理なダイエットや

筋力強化でカバーしようとします


結果として 身体を壊したり

摂食障害になったり
パフォーマンスを悪化させてしまうのは

本当に残念なことです

 

変化を受け入れながら 〈今の自分〉を観察し
全体が協調した使い方を選ぶこと
が必要です


アレクサンダー・テクニークを学ぶといいのに!

いつもその思いでじれったくなります

だって 絶対に役立つから

 

以下は記事中のフィジカルトレーナーさんの言葉の抜粋ですが
リンクから記事全体をお読みくださいね

 

「・・・ロシア選手はほとんど筋トレをせず、スケートに必要な筋肉しかつけない。陸上で筋トレをやれば氷上とは違った筋肉がつく。体の使い方ではなく、筋肉そのもので欠点をカバーしようとする日本のトレーナーが多いので、周囲の大人がどう育てていくかに紀平選手の今後がかかっています」(平山氏)

 

 

筋力はもちろん必要ですが

むやみに筋トレをしても不要な筋肉を強化してしまったり

全体のバランスを失うことにつながったりします

不安を抱えた選手は それは必死にがんばりますから

やり過ぎてしまう可能性も高いです


宮原さんも一時期やたらゴツゴツした身体になって心配しました

メドヴェージェワも今季は少し身体が大きくなって

(つくった部分もあるようですが)

ちょっと力を使いすぎになっています


変化する自分への不安と闘うよりも

「今はそうなのね」って認めることが大事かなと

 

「今までと違う」という考えが何かをしたくなりますが

身体はいつでも今の自分でバランスをとることができます

そういうシステムを持っているから

 

身体がもっている自然のシステムを信頼し

余計な何かをやりたくなる気持ちに

”ちょっと待って”を言うこと

これ とても大切です

 

自分がそう思っていても

周りの大人たちがトレーニングを強いたら

(良かれと思った指導でも)

結果はかわいそうなことになりかねません

 

そういう意味では 指導者たちも

心身のシステムとメカニズムを知って

古い価値観や思い込みではなく

目の前の選手をよく観察して

指導をしていただきたいものです

 

 

パフォーマーにも指導者にも

いつでも必要なアドバイスできますよ

何かあったら ご連絡くださいね

 

 

さて ここからは観戦レポートです♪

 

まずは男子から

 

ネイサン

初期の頃は テクニックはあるのに

いざとなると緊張して崩れていたけど

落ち着いて貫禄出ましたね

ただ 曲のイメージのせいかわからないけど

どうも首を縮める姿勢が増えた感じだし

腕もバサバサして見えたりで

今後が少し心配になっています

 

宇野くん

相当な緊張と不安があったんでしょうね

さらにショートは曲の雰囲気で

どうしても背中を反りたくなるのでしょう

シリーズ戦の時は フリーで戻していたけど

GFでは戻らなかったですね

エキシビションでも傾向が残っていました

一人立ちすることが 今後の課題かもしれません

 

ジュナン

若手のホープかと思います

羽生くんに似た雰囲気を出してます

強い緊張はないので ラインはわりときれい

ただ 内にこもった感じというか

彼のつくる世界がまだ狭いので

こちらまで思いが届いてこないです

 

メッシング

ベテランですよね

表現も豊かだし 自分をよくわかっていると思います

ただ ちょっと抜きすぎ?と思う部分も

そこが不安定さをつくります

でも 好きなスケーターです

 

ブレジナ

ショートでQUEENの曲を使ってくれた💖

でも曲がドラマチックすぎて 表現が負けた(^^;

フリーで 最初のジャンプが

「跳ぶよ!」が入って硬くなりました

後半は良かったけど 動きが力なので

ノリノリ感が薄まってしまうのが残念

 

ボロノフ

彼も超ベテラン💗

年齢の分 変な力みでなく跳ぶのが

やっぱり良いですね

とはいえ GFはちょっと身体が重そうで

体力面はやっぱり課題でしょうか

がんばれ〜☆

 

 

続いて女子

今季出られなかったメドヴェージェワ

身体がだいぶ大きくなってパワーアップ

・・と思いきや

変化についていけずにいますね

のりこえてほしいです

 

のりこえたといえば

トゥクタミシェワですね

ロシアは若手の台頭が激しいので

変化する自分の身体だけでなく

周囲の目や後輩の躍進という

さまざまな難敵と向き合う必要があります

その中で21歳になって落ち着きを取り戻しました

彼女の手の柔らかさや あふれる表現力は

とても好きなので がんばってほしいです💗

 

サモドゥロワ

彼女の音楽センスは好きです

手にやや力が入っていますが

今後の滑りには期待しています

 

坂本さん

成長しましたね

彼女もボーヤン・ジンのように

ジャンプでやや上を向くタイプのようです

ジンが今季 上を向きすぎてジャンプ不調なので

これ以上癖が強くならないように

気をつけてほしいものです

 

宮原さん

6位という結果を先に知ったときに

何かミスがあったのか?と思ったら

そういうわけではなく・・・

ただ 他の選手と比較したときに

こじんまりとまとまった感じに見えます

それと やっぱり硬かったですね

フリーのときは 滑る前に焦りを感じました

ポジションにつくまでの動きに

ゆとりが感じられませんでした

個人的には 曲の雰囲気によって髪型も変えると

(だって・・いつもお団子)

もっと殻が破れるんじゃないかと思います

 

ザギトワ

去年より大人になりました

振り付けのせいもあるでしょうが

やっぱり動きに落ち着きはありません

テクニックが十分すぎるので

あれもこれもやりたい(やらせたい)のかもですが

やっぱりそこが残念ですね

それと かなり神経質になっていたようです

 

紀平さん

シリーズ戦よりも やや緊張はあったものの

記事にもあるように”理にかなった滑り”

余分な力みがなくクリーンで素晴らしいです

音楽センスや表現力もあるので

この才能をぜひ潰さないで育ててほしいです!

 

 

そのほかにエキシビションでは

ジュニアの選手たちを見ましたが

男女・ペア・アイスダンス

どれも今後の成長が楽しみな選手たちでした♪

日本でもペアやダンスを滑れる選手が増えたらいいですが

これは男子のサポート力が何より大事です

頼れるスケート男子 いないの〜〜!?

 

てなところで 今日はここまで

長くなっちゃいました〜

クリスマスは全日本ですね

高橋大輔さんの滑りを楽しみに💗

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM