アクラム・カーンの「ジゼル」観てきました

鑑賞・観察レポート - - さちこ(HN:寝子)

再上映中のENB アクラム・カーンの「ジゼル」
昨日観てきました♪

 

 

古典の定番作品ですが アクラム・カーンはいかに!

 

作品としても本当に素晴らしいんだけど
噂どおり
ヒラリオン役のダンサーが最高でした💖


ジェフリー・シリオ これからチェックですね〜
表現もだけど、本当に全体がつながっていて
もう見ていてすごく気持ちいい♪
役柄としては 「お前は俺のものなんだよ!」って感じの
ちょっとDV男っぽいけどセクシー

 

アルブレヒトの方は 胴体から脚の安定はあるけど
腕がちょっときれいではないし
胴体で動いて頭がつながってない
その分 もっさりした感じ
いや 王子の落ち着きともいえるんだけど・・

 

タマラ・ロホはやっぱり素晴らしいです✨
柔らかいし安定感も抜群!
ほんと 女性ダンサーにしては珍しく
背中が反りすぎない 軸が中心にあります

 

あとは音楽が素晴らしかった♪
ノイズ的な音も 観ていて気持ちをかき乱される
ときおり挟まれる美しいメロディとの
コントラストがまた良いのです

 

それと 2幕のウィリたちがけっこう怖かった!
音楽のせいもあるけど より無機的というかね

 

11日までは上映しているので

気になった方は東劇(東銀座)へ☆

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM