痛み止めの薬をやめられました♪

ダンスと故障 - - さちこ(HN:寝子)

今までいろいろ痛みがあって

お医者さまから痛み止めの薬を

処方されていたという生徒さんから

薬をやめることができたとのご報告☆

 

嬉しいですね(^^)

 

これまでは痛みが起きたときに

ただ我慢していたのが

今は自分を潰すような使い方をしていないか

考え直すことが自分でできて

「頭、きらめく」で 痛みが改善することも

体験しているのだそうです

 

お医者さまに伝えたら

薬はやめてみましょうかとなったそうです

 

弱めの薬だったそうですが

痛みを止めて楽になるというのは

原因を放置するということ

 

つまり 気づかないうちに悪化します

 

痛みは身体からのメッセージ

 

「痛みが起きるような

 無理な使い方をしているから

 ちょっと見直してほしいよ〜!」

 

 

それを黙らせるのは危険なのです

 

アレクサンダー・テクニーク

治療行為ではありません

 

でも どこに負担をかけているのか

それを見つけて

無理をやめて負担が減れば

自ずと痛みも改善されます

 

慢性的な痛みは 日々の積み重ねで起きます

 

自分の身体に無理をさせて過ごすか

より楽で自然な使い方を選ぶか

 

あなたはどちらがいいですか?

選ぶのはあなたです

 

 

1回から あなたのペースで受けられます

■身体を活かす使い方 アレクサンダー・テクニーク

 

個人レッスンもご相談ください

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM