始まりは小指だったけど・・・

私の大腿骨頭壊死や痛みのこと - - さちこ(HN:寝子)

今日は2年ぶりくらいに整骨院に行きました

もう20年以上お世話になっている

私の いざというときの駆け込み場所

(前回は階段からダイブしたとき)

 

2月頭の 足の小指をぶつけたことが

この状況の始まりでした

 

2月の末には 股関節が痛すぎて

歩くのもやばいくらいに・・・

その状況はこちらに書きました

「たかが小指 されど小指・・」

 

そして 少しずつ落ち着いてきたはずが

どうも内転筋に痛みが起きはじめます

それが4月の頭に書いたこちら

「小指って本当に・・」

 

 

おととい 寝るときにベッドに横になったら

どうも腰椎から仙骨にかけて

なんというか はまりが悪い感じがします

そして 左の大臀筋が痛い

内転筋や股関節周りもなんか変な感じ

 

楽な首で スパイラルも使いながら

いろいろと動きながら調整して

はまりの悪さはなくなったものの

仙腸関節あたりに何かあるかも?と・・

 

 

3月の中旬頃から 少し気になってはいました

2番プリエするときに 左右の角度が全然違っていて

左が動かないで 右ばかりプリエしてしまう

 

あまり動かないでいるときや

楽な首で踊っている時は大丈夫なのに

エクササイズのときに内転筋が痛くなります

たくさん歩いた時も痛くなります

階段を上る時も股関節周りが痛くなります

 

痛みと 股関節を庇おうとすることで

どうやら 股関節周辺の筋肉が

過緊張に陥っていたようです

それが 大臀筋の緊張を起こしました

 

大臀筋

 

大臀筋が緊張すると 股関節では伸展がおきます

だから 脚は前に上がりにくくなります

骨盤が前にいく脚についていかないのです

 

それで階段を上る時に痛みが起きたし

内転筋が過剰にがんばる必要がありました

2番プリエも同じ理由です

全部がつながった!

 

 

久しぶりに整骨院に行ってみてわかったのは

骨盤の左側が上がっていたこと

靴のかかとをつぶして履いていたから

左が上がったのでしょうか

 

こうした症状をそのままにしておくと

内転筋の過剰なはたらきが進んで

肉離れのような状況になってしまうそうです

やば〜!!

 

 

あらためて身体で体幹しましたよ

 

骨盤は脚の一部

脚が動くときに 自然についていくもの

 

それが起きないと動きにくいだけでなく

大変なことになりますね!

 

 

大臀筋がはたらきすぎているときは

さっきも書いたように股関節は伸展しています

前に押している状態ですね

そうすると 一見良い姿勢に見える

少し頭を後ろに引いた体勢になります

そして首が固まる・・・

たしかにこのところ緊張が起きやすかったです

痛みのせいもありました

 

首が固まると 背面も緊張して

さらに股関節は前に押される

悪循環ですね(^^;

 

全体が影響し合って 悪い方向に進んでいましたがが

もちろん良い方向に変えることができます☆

 

5月からはリハーサルも始まるので

その前にもう少し全体を整えようと思います(^^)

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM