肩甲骨は寄せる?離す? 先生によって言うことが違うんです 

教えること - - さちこ(HN:寝子)

「肩甲骨をもっと外にって言われるけど

 なんか変なふうになる」

「うちの先生はもっと寄せてって

 背中をキュっとされる」

「下の方を寄せるって言われる」

 

私のレッスンの中で

実際にこんな会話があったのですよ

 

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

先生によって言うことが違う

 

これ けっこうありますね

 

「本当はどっちなの!?」

 

複数の先生に習っていると

ちょっと混乱するかもです

 

 

「こういう状態が良いよね」って

本来は同じところをめざしてるはず(たぶん)

なのに表現が違うわけですね

 

それもそのはず

表現しているのは”感覚”だから

先生によって 感覚は違います

だから言葉も変わります

 

 

誰に言っているかでも違います

離れて前肩気味の人には「寄せて」

背中がギュッとなっている人には

「もっと外に離して」となります

 

他の生徒さんへの注意を自分事にきくのは

学ぶ姿勢としては良いのですが

不要な努力はしなくていいのですよ

その注意は あなたとは合わないかもしれません

 

 

このお題についての私の結論としては

自然な状態にあれば

肋骨の上(後ろ)にストンとのっていれば

腕と一緒にいつでも動ける自由があれば

私はそれでいいと思うのですよ

 

だって踊っているとき 腕は動くものだから

肩甲骨だって ずっとそこにあるわけじゃないです

 

寄せておこうとする 

離しておこうとする

これは 腕が動かしにくいです

どちらも力使っていますからね

 

 

 

ダンスを教えるって 

ステップの順番を教えるのは簡単だけど

身体全体をどう使っていくか

その点を教えるのはとても難しいです

 

見本としての動きを見せるほかは

自分がどんなふうにやっているか

”自分の感覚”を伝えるしかないから

 

あるいは 自分が教わったとおりに

同じ言葉で伝えるしかないから

 

わかりやすくしようと何かにたとえて

逆に生徒を混乱させてしまうことも・・

 

 

なぜうまく伝わらないんだろう?

自分の教え方はこれでいいのかしら・・

 

実は先生たちも悩みを抱えながら

教えているのではないでしょうか

 

 

そこで・・!

今年も指導者を対象とした

身体と動きの伝え方を見直すクラスを開催します

 

「指導者のためのレベルアップ講座」(全4回)

 

6月の第3水曜から月1回のペースで9月まで

全4回の講座です(13:15〜15:45)

 

各回のテーマはこちら

  1. 踊るための正しい姿勢と立ち方
  2. 肩甲骨と腕のポジション&使い方
  3. ひざを痛めない使い方と脚全体の連動
  4. 身体を痛めない効果的なストレッチ

詳しくはこちらのページをご覧くださいね☆

 

生徒の身体を故障から守るために

生徒の可能性をひらき 上達を助けるために

指導者としてのレベルアップをめざしましょう☆

 

ダンスジャンルは問いません

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM