踊るために必要なことって・・ <ダンス力 その1>

ダンス上達のために - - さちこ(HN:寝子)

踊るため ダンス上達のためには

何が必要でしょうか

 

 

ダンスが好きなこと☆

 

はい まずはそれですよね

好きこそ物の上手なれって言います(^^)b

 

ほかには何があるでしょうね

 

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

 

まず踊るために必要なもの

 

踊る道具である 身体

身体に指示を出す 

 

この2つですね

 

身体には筋肉や骨

脳には神経も含まれます

 

これらの連携はとても大事です!

それが 次の能力に関わってきます

 

 

<必要なダンス力 その1>

 

・見たイメージや 動きの指示を

 自分の身体で再現できる

 

 

これは

・思う場所に身体を動かせる

ということでもあります

 

お手本となる先生の動きを見て

動きの指示を聞いて

それを自分の身体で再現すること

マネすることからダンスレッスンは始まります

 

先生が右手を上げれば

同じように右手を上げて

左足を横に出せば

同じように左足を横に出す

 

これは誰でもできますよね

赤ちゃんのときから そうやって

いろんな動きを覚えてきましたから

 

 

でも こう思うことありませんか?

 

「同じようにやってるつもりなのに

 何かが違う・・・!?」

 

そこが大事なとこなんです!

 

やってる”つもり”だけど

同じじゃないんですよね 実は

”つもり”なだけ

 

 

◯ インプットの問題

 

「ちゃんと見て!」って注意されますよね

 

もちろんあなたは見ています

見ているんだけど 一部しか見てない

いや 見えていないんですね

 

だいたいは 大きな動きしか目に入りません

どっちの手を上げた

顔が左を向いた

どういう順番で動いた

 

そういうざっくりした部分の動きしか

インプットされていないわけです

 

それから 目立つ特徴的な動きは

目に入りやすいです

 

見ることに慣れていない人

見よう 覚えようと必死な人

緊張で力が入っている人

集中しすぎている人などは

視野も狭くなりやすいので

インプットが少なく あいまいになります


 

 

アウトプットの問題

 

思う場所に身体を動かせるかどうか

イメージを身体で再現できるか

 

ここでカギを握っているのが

*身体を正しく認識しているかどうか

(正しいマッピングができているか)

 

ここが動くと思う場所がズレていると

思ったように身体は動かせません

身体のしくみを学ぶのは そこを改善するためです

 

「なんでできないんだろう?」

「私は身体が硬いんだわ」

 

それで終わらせていたらもったいないですよ!

 

 

それから

*動くときの あなたのクセや思い込み

 

目でしっかり見た動きを

実際にやろうとするときに

あなたはいつもの習慣

”あなたのやり方” で動こうとします

 

「肘が動いて手が前にのびた」

 

見たのはそれでも あなたは習慣で

肩を上げながら肘を動かしてしまうかもしれません

 

「肘は横に張っておかないと」

 

思い込みが違う動きをさせる場合もあります

 

先生から注意されても

「クセだからついやっちゃう」

それで終わらせていたら 何も変わりません

 

いいんですよ 変わらなくても

でも 上達はしません

 

クセや思い込み 勘違いが違う動きをさせるなら

そこは見直していきましょうよ!

 

 

アレクサンダー・テクニークがダンス力向上に役立つのは

インプット&アウトプット

両方の問題を 元から改善していけるから

 

 

首が楽になると 視野が広がります

これは 多くの人が経験しています

目のこわばりが減ることと

気持ちが落ち着いてくるので

もっと全体が見えるようになるんですね

 

見ることに慣れてくると

動きのつながりも見えてきます

横を向いたのは顔だけじゃなくて

身体の方まで動きがつながっていた!とかね

 

 

身体のしくみがわかって 正しいマッピングで動ける

横を向くのは顔じゃなくて ”頭”だとわかります

 

横を向くとき 顔を傾ける無意識のクセがあったら

そこは見直していきたいし

ブレないように胴体は止めておこうとしたなら

それもやめたいですね 

 

クセや思い込みは だいたい首の緊張とセットです

だからまず 楽な首から始めるのです(^^)b

 

 

一番基本となるダンス力

・見たイメージや 動きの指示を

 自分の身体で再現できる

 

まずここから磨いていきましょう☆

 

 

ほかにも こうした能力をアップします

・動きながらバランスを取り続ける

・身体の各部分を連動して使う

・リズムに合わせて動く

 

あなたのダンス力をアップする

アレクサンダー・テクニークのレッスン

■身体を活かす使い方

毎週水曜 夜19:15〜20:45

 → ご予約はこちら

 

新宿御苑のスタジオでやってます

あなたの身体で体験&体感してください

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM