”やわらかい” と ”安定する” は両立します

ダンス上達のために - - さちこ(HN:寝子)

力が入って動きが硬いのはわかってるけど

抜くとグラグラ 不安定になっちゃうから・・・

 

そう思ってる人は多いかも?

 

でも 力を抜いてやわらかい動きと

安定した動きは両立しますよ(^^)b

 

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

踊りながらグラグラしない! <ダンス力 その2>

 

この記事からすっかり時間が経ってしまいましたが・・(^_^;

 

 

ーー 動きながらバランスが取れると

全体の動きもしなやかで柔らかくなります

”ほどよい張り”がありますからね(^^)b ーー

 

最後にこう書きました

その「軸と張り」について続きを書きますね

 

 

まず いつも書きますが

力を抜く=脱力 ではないです

全部抜いて崩れてしまったらダメです

 

やりたいのは 余分な力を抜く です

つまり「必要な力は使う」

それは 張りです

 

ほら お肌だってゆるんで落ちるのも

ガサガサと硬いサメ肌も嫌でしょ

ほどよいピンと張り肌が良いわけです(^^)b

弾力があるっていうことです♪

 

 

身体の張りを考えるときには

まず軸を考えましょう

 

軸の端と端が お互いに離れて行く

”方向性をもっている”こと

 

これが張りのポイント

力で引き離すんじゃないのね

方向性っていうのは ”意識・意図”です

 

端と端(上と下)を「思う」こと

身体って 思うだけで筋肉がはたらき始めます

かしこいですね!

 

たとえば頭のてっぺんと坐骨

胴体の一番上と一番下

これは軸になりますね

 

手や足の指先一本一本とかも

そこにあることを思い出してみると

ちょっと面白い感覚がおきます

 

 

立っているときのバランスは

胴体の中心をとおる軸と

2本の脚に向かう 3方向の張り合いです

 

ヨガやストレッチでやるこうしたポーズ

上体が立っていれば シンプルに3方向の張り合い

これは 頭と手が後方に向いているので

その分前にいく左ひざの前への方向性が

強めになっています

 

 

 

いわゆる”丹田”からでいいと思うんですが

胴体と脚2本の3方向でのバランスに

ポーズによって腕などの要素が入りながら

 

中心から端(外)に向かって長く広くなりながら

全体が網や帆のように張り合って

弾力ある安定をつくっています

 

 

これを力で引っ張ってしまうと

行き過ぎないように引き戻す力

縮む力が一緒にはたらきます

 

のびやかさが無くなり

硬くなります

どこかを引っ張った分

ほかのどこかが縮んだりもします

 

頭を引っ張り上げると肩が落ちて

両手をぐーんと伸ばして上げると

首が縮んで頭が引っ込みますよね

 

そして 不安定になります

硬いと不安定も両立してるってこと!

 

 

もう一度言いますね

方向性は思うだけでいいのです

 

端と端

頭のてっぺんと坐骨が反対方向にあると

脊椎は椎間板が弾力もって長くなります

もちろんカーブはあるままで

 

やわらかな動きに一番必要なものです

 

ただ端と端を思っていれば

全体が長く広く ほどよい張りをもっていれば

安定感が増すばかりでなく

やわらかな動きも両立できます

 

頭のてっぺんと坐骨

両手の指先

両方の足裏

 

これらを覚えていたら

端端が離れながら踊っていられたら

安定とやわらかな動きはあなたのもの☆

 

力を抜いて踊りたいベリー&フラの方に💖

■やわらかなボディの動きで魅せるダンスを☆

6月29日(土)12;15〜14:45 新宿

 → ご予約&詳細

 

あなたのダンス力をアップする

アレクサンダー・テクニークのレッスン

■身体を活かす使い方

毎週水曜 夜19:15〜20:45

 → ご予約&詳細

 

 

これはダ・ヴィンチの人体図ですけど

ちょうど端端が結ばれているので(^^)b

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM