動きやすさのカギはどこにある

ATの7つの原理 など - - さちこ(HN:寝子)

力を抜いて踊りたいのに

なんで思うように動いてくれないの!!

 

あなたの身体の動きやすさの

カギを握っているのは・・

 

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

あなたの身体が思うように動くための

動きやすさのカギを握っているは・・・

 

 

「頭」です

 

頭って存在を忘れがちですよね

ということは 使えていないってことでしょ

 

ちょっと実験してみましょう

 

●実験 1

 

まず頭のことは忘れて、首から下の胴体と腕と脚

その身体で好きなように動いてみましょう

ラジオ体操でもなんでもいいですよ

 

次に 頭を触ってみて

「頭も私の身体の一部」と思い直します

そして同じように動いてみましょう

 

 

ちょっと動いた感じが変わりましたよね

感じ方は人それぞれですが

たぶん少し軽さや動きやすさ

広がりを感じたのではと思います

 

頭を忘れて身体だけで動くか

頭も身体の一部に含めて動くか

それだけで何かが変わりませんか(^^)b

 

 

●実験 2

今度は頭までつながった胴体で動きます

 

上体を前後左右に倒したりねじったり

腕を上げてみたりしてみましょう

 

次は「実際の頭(頭蓋骨)」を思い出して

 

首は鼻の奥まであって

鼻より上に頭がふわっとのっている

そう思い直してから動いてみましょう

 

 

今度はどんな違いがありましたか?

首の緊張の感じが変わったのではと思います

もちろん動きやすさも

 

だから「動きやすさのカギは頭」なのです

 

 

さらに、頭を「a tama(一つの球)」と思って

首のてっぺんにボールがのっているとイメージします

 

このボールは全体のコントローラーです

 

たとえば下を向きたい(丸くなりたい)ときは、

ボールが前に転がりながら身体がついていきます

 

どの方向に動くとしても

まず頭がその方向に転がって

転がった分だけ身体がついていくのです

ねじるときは その方向に回転します

 

頭コントローラーは 浮いていないとうまく動きません

楽な首でふわっとのせておいてくださいね

 

 

頭がふわっとのっていていつでも動けるように

あなたの首が楽になっているなら

脊椎は同じようにふわっと長くなって

あなたの全体も いつでも自由に動くことができます

 

これは なんと”脊椎動物の動きのシステム”

魚も蛇やワニも 犬や馬やサルや

鳥たちも みんなこのシステムで動いています

 

 

この とってもとっても大事な頭のこと

頭をカギとした 自然な使い方を学べるのが

アレクサンダー・テクニークなのです☆

 

 

なんか思ったように動かなくて

どうしたらいいかわからないのよねぇ・・

 

そういうときは頭を忘れています

頭を止めちゃっているのです

 

頭と身体 全体がつながる使い方

ぜひレッスンで体験してくださいね(^^)b

 

 

すべてのレッスンはこちらから

https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM