内くるぶしの下は空いてるんです

身体のしくみ 脚・足 - - さちこ(HN:寝子)

本日 無事にお仕事復帰しました☆

 

ダンスのための 身体を活かす使い方

アレクサンダー・テクニーク体験WS

 

1週間前の緊急入院のときは

開催できるのか?と思ったのですが

元気に終了することができました

 

ご参加いただいたお二人

ありがとうございました💖

(また時間ギリで写真撮ってない(^_^;)

 

普段は忘れがちな”頭”のこと

ちょっと思い出すだけ

これまた 何か微細な変化があって

なんだかおもしろ〜い!

 

そんな発見をいっぱい体験していただけました

 

ちょっとした気づき

考えやイメージの変化が

身体にも変化を起こし始めます

 

「力でがんばらなくても動ける」

 

「もっと楽でいいんだ」

 

「何かを一生懸命やろうとしていたけど

 もっとシンプルでいいんだ」

 

そうなんですよね〜

気づいてもらえて嬉しい(^^♪

 

頭のことだけでなく

肩周りや足の構造についても

イメージチェンジしていただきました☆

 

自分の身体に対するイメージが

実際の身体に近づくだけで

動きやすさが変わります(^_^)

 

 

「内くるぶしの下は空いてるのよ」

 

お二人ともデヴィッドの足を見ながら

「ん・・? あ? あぁ!」

文字にするとそんな反応(笑)

 

そしてお二人とも

「足が軽くなった気がする!」

 

足にのっていた重みが減った

そういうことですね

 

足の部分を後ろから見るとこんな感じ

 

かかとの骨の上に距骨がのってるけど

内側にずれた重なり方なので

内くるぶしの下部分は 空間なのです

 

ちょっと拡大しましたよ

内くるぶしの下は空いています

床から浮いています

 

床に近づけなくていいんです!

 

 

イメージがクリアになったら

骨のサポートがすっと全体に通ったようですね(^^)

だから 軽くなったように感じたわけです

(感覚は個人差がありますよ!)

 

 

終わって帰るときには

 

「背が高くなった気がする」

「身体が軽くなった感じがする」

「小顔になった気がする(笑)」

 

いろんな感想がありました(^^)

 

首の緊張によって頭が上から

全体を押しつぶすのを”やめる”ので

頭はふわっと高くなって

全体が長くなって

軽くなって

細くなっていくのも

自然の流れですけどね(^^)b

 

 

ほかにも感想いただきました

 

「身体は連動していて、どこか力みが入るとすべてがかたくなってしまうことが体感できておもしろかった

 踊ったり歌ったり、日常生活も楽になる感じが、つい力が入りすぎたりがんばりすぎてしまう自分にあってると感じた。

 父や母にも勧めたい。また参加したいです!」

 (K.K.さん ミュージカル)

 

「最近の気づきに通じる発見がいろいろありました。

 エネルギー面で見ていることと、肉体の面から見えること、

 意識、意図のあり方。うーん、関連が面白いです。」

 (M.H.さん エネルギーワーカー)

 

ありがとうございました💖

また来てね(^_^)

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM