ひざを伸ばすとき ひざは前に・・?

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

ひざを伸ばして立つ

ひざはまっすぐに!

 

これ自体は何も悪いことじゃないですが・・

 

どうやって伸ばすのか

まっすぐにするのか

 

そこが問題!

 

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

ひざを伸ばす

 

日常的な動きではありますが

踊るときはもっとしっかり伸ばして

立っているかもしれませんね

 

さて 問題は「どうやって」

 

あなたは どうやってひざを伸ばしますか?

 

 

よくあるのは「ひざを後ろに押す」です

 

ひざを突っ張る

ロックするような伸ばし方ですね

 

グイグイ押して伸ばしすぎてしまうと

靭帯がゆるんでケガをしやすくなる

危険な伸ばし方でもあります

 

バレエでは 過伸展で後ろに反ったひざを

「美しい」と感じている人も一部いるようですが

私としてはまったくお勧めしません

 

 

そもそも「後ろに押す」のは

後ろに曲げる動きでしょ!

靭帯が強いから曲がらないだけ

 

 

AT Danceのレッスンでやるのは

上と下の方向性を”思う”こと

 

頭はてっぺんの方へ

足は床から地球の中心に向かって

上と下に離れていくよ〜〜〜って”思う”

 

これで十分ひざはまっすぐになります(^^)b

 

 

ここでさらに「DSM」

カーブとスパイラルを探究しはじめてから

さらにイメージが変わりました!

 

 

まず胴体の方

頭から始まる前後のカーブによって

8の字を描くような流れがあります

 

 

これは「きらめく」で起きてくる動きの最初

 

楽な首で 頭がちょっと前に転がりながら

頭がふわっと胴体から離れて

脊椎が長くなっていくと

背面がもっと長く広くなっていきます

 

 

坐骨がかかとの方を向いて

尻尾がしまわれる流れから

脚のスパイラルにつながっていきます

 

脚の流れはアウトスパイラル

 

 

ひざの内側が前に お互いが離れながら

かかとはお互いが近づきながら

脚全体としては 床に向かって長くなります

 

その動きの中で ひざが伸びて

まっすぐな脚で立つことができるのですよ(^^♪

 

わかります?

 

ひざは後ろではなく 「前へ」

 

前に向かいながら

お互いがちょっと離れるように

方向付いていくのです

 

それだとひざが曲がっちゃう!

 

そう思いますか?

でも違うんですよ〜

 

 

ひざが前に向かいながらお互いが離れると

かかとは近づきたくなります

股関節でも外旋方向が生まれます

 

そう・・・アンデオールですね

脚全体のアウトスパイラル

 

ひざを後ろに押すと

股関節が内旋方向に引っ張られちゃうんです

それは困るでしょ(^^)b

 

 

この脚で立っていると

まっすぐ長いけど ギュッと締めるのではなく

楽でしなやかで動きやすいのです

プリエもぐっとやりやすくなります

 

(巻いてみました(笑)

 

そういうことか〜☆

 

今日の指導者向けのクラスでも少しやったのですが

新感覚にびっくりしていましたよ

 

あなたもぜひ体験してくださいね(^^♪

 

■ダブルスパイラル・ムーヴメント(DSM)体験WS

<京都・大阪>

10月14日(月祝)13〜17時

 香田裕佳ダンススタジオ

 (詳細は下のチラシをどうぞ)

 → ご予約は裕佳さんまで

 

<広島>

10月19日(土)14〜18時

 JSMアステールプラザ

 → ご予約・詳細はこちら

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM