どうやったらいいの?は考えない

舞台で踊ること - - さちこ(HN:寝子)

「ここから出ていくときに

 どうやって歩いたらいいの?」

 

10月の1週目にダンスの発表会があって

絶賛リハーサル中なのですが

一緒に踊る友達に質問されました

 

歩き方が変になっちゃうんだけど

どうやって歩いたらいいの?

 

ちょっと答えに困りました

だって・・「どうやって」なんて考えてないです

考えたら踊れなくなっちゃいます(^^;

 

踊っているときって その作品と音楽がつくる

世界観 ストーリーの中にいます

特別なノウハウなんてありません

 

自分はどういう気持ちでそこにいるか

なんのために そこに向かって歩くのか

 

自分のあり方や 動機づけ(目的)

そちらを考えてみたらどうでしょうか

 

 

やり方って 形だったり順番だったり

決まりごとになっちゃいますよね

でも それをやってるとダンスじゃなくなっちゃう

 

そもそもが 歩いているわけじゃなくて

踊っているのですから(^^)b

 

 

「やり方」よりも「あり方」

「どうやって」よりも「何のために」

 

自分がパフォーマンスするときの

考え方をちょっと変えてみたら

新しい何かが見えてきますよ(^^♪

 

アレクサンダー・テクニークって

そういう学びです

 

 

てことで・・・

私はもっぱら 自分のあり方の

質を高めることを最優先しています

 

振りを覚えて 自分のストーリーができて

こういう世界を見せたいな〜ができたら

あとは 楽な首とふわっと高い頭と

長く広い全体があれば大丈夫☆

 

心からそう思えるのです(^^)

 

余計な策をこねると 

かえって動きがギクシャクして

世界観が台無しになっちゃう!

 

 

本番まであと10日あまり

リハーサルは2回!

 

よかったら見にいらしてください☆

興味がある方はメッセージくださいね

 → こちらから

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM