しんどいときは丸くなって自分を抱きしめてみる

思考と身体 - - さちこ(HN:寝子)

超特大の猛烈な台風19号が

昨夜 東日本を縦断していきました

 

おかげさまでわが家は何事もなく

朝を迎えることができました

感謝です

 

一方で大きな河川の氾濫をはじめ

たくさんの被害も報告されています

すでに15号で被災されている地域や

震災からようやく復興してきた東北など

様子を拝見するにつけ 心が痛みます

 

 

実際に被災されている人はもちろん

そういう映像を目の当たりにすることで

ご自身も苦しくなってしまう方もいるでしょう

 

つらいとき 苦しいとき

不安でいっぱいなとき

つい元気を出そうとして 

無理やりがんばってしまいがちです

 

でも つらいときはつらいんです

「つらい 泣きたい 不安・・」

まずその気持ちを受け止めて

しっかり味わってあげませんか

 

 

気持ち(感情)は止められません

かわりに 身体の方でできることがあります

 

丸くなって 自分を抱えてあげる

 

方法は簡単です

 

まず両手をこすり合わせて暖めます

手のひらで目を覆うようにして

目から上に手をあてます

その手におでこをのせるようにしながら

ゆっくりと丸くなっていきましょう

 

そのままゆっくり呼吸をします

胃の裏側(肋骨の下の方)が広がるように

ゆっくりと息を吸って

頭のてっぺんに向かってゆっくりと吐きます

ただゆっくりと呼吸を続けます

 

何回か繰り返したら

丸いまま 静かに両手をおろします

そのままで呼吸を続けてもいいし

優しく自分を包むように

両手で抱えてもいいです

 

抱き枕とか 丸いものがあったら

それを抱えてみるのもいいです

 

お母さんのお腹の中に戻ったように

丸く抱えることは 安心感をうみます

自分の手でも 身体に触れることで

「身体がここにある 私はここにいる」

そのことも安心につながります

 

気がすむまで丸くなって

つらかった自分と一緒にいてあげましょう

 

心身が落ち着いてきたら

ゆっくりと 自分の安全を確かめながら

顔を上げていきます

 

周りの状況がすぐ変わるわけではないけど

自分のあり様は自分で選ぶことができます

 

1日も早く状況が回復して

日常が戻ってきますように

 

それでもしんどいときは レッスンにお越しください

心身の緊張をほどくお手伝いをします

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM