感じるな! 考えろ!

思考と身体 - - さちこ(HN:寝子)

「感じるな! 考えろ!」

 

氣志團ではありません(笑)
「考えるな、感じろ!」の間違いでもありません

 

動きながら(踊りながら)

自分の身体を感じようとしていませんか

 
自分のやっていることを

”感じよう”としているとき
実際にやっているのは

 

「できているかな、大丈夫かな」

 

チェック(確認)です

 

心配だから
正しくしたいから

 

でも やってみないと感覚は得られません
動いてみないと できたかどうかわからないんです

 

「できたかな、大丈夫だったかな」

 

実際にはこちら 過去形です
常に過去を振り返っているのと同じこと

 

今まさに動いているのに 過去のことを確かめているって
すっご〜〜〜〜く難しい!!

 

だから身体は困って固まります

(字が似てる!)
動きがとれなくなります

 

感覚は 感じようとしなくても

勝手に向こうからやってきます

 

本当にやってほしいのは「考える」こと

 

今(これから)自分が何をしたいのか
どういう自分でありたいのか

 

自分に指示を出してあげることです

 

ずっと出し続けていてほしい指示は
「きらめく」です

 

私の首は楽で 頭はふわっと高くて
頭と坐骨は上下に離れ続けていて
☆は中心から広がっていく
 

 

そういう自分であり続けていたら
あとは やりたいことが明確になっていれば
身体はそれを上手にやってくれます(^^)b

 

 

今日 フィギュアスケートの女子を見ていて
ロシアの若手 コストルナヤがあまりに美しくて
すっかり見とれてしまいました

 

ジャンプの前も跳んでいる間も ずっと全体が長い!
首が楽なままってことです)
手までつながった長い腕のしなやかな動き
しっかり外とコンタクトしていて
表現力もとても豊かです
自分の中にこもったような目はしません
(つまりチェックしてないということ)

 

次はNHK杯に登場するので ぜひ見てください
それにしてもロシアの女子 人材の宝庫ですね🌟

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM