手首はどこで回っているのか

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

動くとあちこちポキポキと

関節が鳴ってしまうんで

見てる子供が怖がっちゃうときも(^^;

 

そんな話から始まった今日のレッスン

フラメンコの方です

 

手首を回すあの独特な動き

やりながらもポキポキと鳴ってます(笑)

 

鳴ること自体はともかくとして

手首の動きの方が気になったので

そこからレッスンスタートしました

 

 

フラメンコの手って

こうグッと力が入ってるイメージですよね

でも 本当に力入れて動かしていたら

関節を痛めてしまわないのかしら・・?

 

そういう素朴な疑問があったのですよ

 

お話をする中でヒントがありました

 

昔は鳴らなかったけど

 だんだん鳴るようになってきた」

 

腕全体は動かないようにして

 手首だけで回すように言われている」

 

手首がたくさん動いているときは

肘が上下しながら 腕全体が波打っていて

それではダメということらしいです

 

”手首だけ”で動かそうとしている

確かにそう見えます

 

でも 手首って回らないんですよね!

 

 

まずNさんの右手を取って

少し動かしてみました

肘はその場所にあるままで

手のひらを上に向けたり下に向けたり

軽く回してみたり

 

それから DSM(ダブルスパイラル・ムーヴメント)

腕のイン・スパイラルの流れも使いながら

指先で円を描くように回してもらいました

 

 

 

「指は考えていたけど

 指先のことは考えていなかったかも!」

 

すっかり手首の動きもスムースになり

全然鳴らなくなりましたよ(^^♪

 

関節を窮屈に使っていたのと

ポキポキは関係してたってことですね

 

 

「本当は どこで手首は回っているのか」

 

手首を回す動きは 肘から始まっています

回内・回外という動きです

指も 見かけの長さだけでなく

手のひらから始まっています

 

必要な身体のしくみ情報もお伝えすると

動きがさらに変わっていきます

 

構造に合った動きはスムースですね(^^)b

 

”きらめく”お願いと

腕のダブルスパイラルを使っていくと

腕ももっと長くなっていきます

 

今までとは違う新しい感覚の中で

Nさんの本来の腕が戻ってきたのです☆

 

 

手首の動きが悪いからと

筋トレを勧められたりするそうで

ちょっとビックリなのですが(^^;

 

動きが悪いときは

力が足りないのではなく

力の使い過ぎなのです

 

でも力強さを見せたい!って思うと

力でがんばりたくなるんですよねぇ

そこが 罠 なんですが・・

 

思い込みや習慣で

無理な動きをしていませんか?

ちょっと視点を変えたら

もっと動きやすくなりますよ☆

 

今日も楽しいレッスンができました♪

ありがとうございました💖

 

 

12月の身体を活かす使い方レッスン

夜のクラス(19:15〜20:45) 4日・12日・18日

昼のクラス(14:15〜15:45) 11日・25日

 → ご予約はこちら

 

■余分な力を抜いて踊るための 身体を活かす使い方WS

11月30日 横浜

 → 詳しくはこちら

12月28日 新宿 (11月末まで早割!)

 → 詳しくはこちら 

 

メルマガは登録していますか!

私から月2回のお便りが届きます

 → メルマガに登録

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM