アゴが何かをやっていた

身体と動き あれこれ - - さちこ(HN:寝子)

今月の「踊る身体の骨&コツレッスン

〜骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ」では

呼吸と声、アゴがテーマです

 

 

今日のクラスで 

「食いしばり」の話が出たのですが

以前よりも良くなっていたはずなのに

ほっぺに白い線(歯型)がついて

「歯医者で食いしばりと言われた」

 

そんな相談があったんですね

 

ほっぺの内側の白い線

私 ずっと昔からあります(^^;

 

それから 舌に歯型がつくようなことも

けっこうあったりします

 

これは ほっぺの肉付きがいいせいもあるけど

習慣でもあるんですよね

 

いつの頃からかわからないけど

口の中の空気を吸い込んでいるというか

空間を無くすような感じにする

クセがあるんですよね

 

それをやっているときって

アゴを少し後ろに引き込んでしまうので

首に力が入ります

 

楽な首でいたいはずなのに!

 

 

クラスで話をしていたときには

ほっぺのお肉からくる習慣を

原因と思っていたんですけど

もう一つ気づきました

噛み合わせの問題です

 

 

前歯で噛み切るようなときに

奥歯はかなり上下にすき間ができます

舌が入るくらい

 

 

奥歯で噛むためにある程度合わせるときは

アゴを少し後ろに引かないと

上下がはまらないんですよね

 

普段は完全に合わせる必要はないので

少し浮かせた状態なのですが

前歯の方はあたりやすいです

下の歯が上の歯の裏側にあたって

出っ歯にするように押してしまいます

(実際少し前に傾いている)

微妙に痛くなるし あてたくないんですよ

 

だけど キュッと吸い込んで

奥歯が合うところまでアゴを後ろに引くと

前歯があたらなくなります

奥歯は合うだけで 噛んではいません

だから吸い込むところでほっぺに線が・・

 

 

アゴを引かずに前歯を離すと

唇は閉じていても 口は半開きって感じ

やや受け口にも感じます

 

だから後ろに引きたくなって

それをキープしたくて吸い込んでるのかも?

 

そう思って わざとグッとアゴを前に

突き出してみたら・・・

けっこういろいろゆるみました(笑)

 

 

ちょっと面白いので

いろいろと探究してみようと思います

 

首のカーブにも影響してたかも?

頭を後ろに引きたくなることにも

もちろん関係してきますよね

それから 口の中の舌の緊張も関係します

 

全体のバランスにも関係します

 

 

踊っていて 口やアゴのことなんて

あまり考えたことないと思いますが

無意識に何かやってるかもしれませんよ(^^)b

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM