最初のターンアウトは180度じゃなかった?

今日のできごと - - さちこ(HN:寝子)

さっきやっていた「ららら♪クラシック」
”バレエの礎を築いた男たち”というテーマで
宮廷バレエのルイ14世から

ロシアのプティパまでをやってました

 

 

その中で 宮廷バレエの時代につくられたという
足のポジションについて記載された本が出てきました

 

足のポジションは バレエの基本です

1番ポジションなら かかとをつけてつま先を180度開くのを

多くのバレエダンサーは目指しています

 

その本には頭とボディを示すであろう図形と
足の置き方を上から見たであろう図(線)が

重ねて描かれていたのですが・・

 

最後に写っていた5番ポジションは

かかととつま先はついているけど
角度はかなり斜め方向でした

 

映像が1番からすーっとダウンしての5番だったので
1番はよく見えなかったんですけど
5番の足で1番に戻したら 

開いているのは100〜120度くらいですかねぇ


これは一般的な人のつま先の開き方です

 

もし最初はこれだったとすると
どういう経緯で180度開く!に変わったのか??

 

そこんところを誰か教えてくれないですかね

 

やっているうちに「もっともっと!」

がんばっちゃったんですかねぇ

 

再放送は30日の午前10時25分からです

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM