振り向きは 顔からとは限らない

身体と動き あれこれ - - さちこ(HN:寝子)

パッと振り向いてポーズを決める

右から左へ 進む方向を切り替える

 

踊りながら自分の向きを変えるとき

動きがスムースにいかない

向きを変えたあとが出遅れる

バランスを崩しやすい

 

これ、どうしたらいいでしょうか?

 

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

 

「振り向こう」

「向きを変えよう」

 

そう思ったとき どこを動かしますか?

 

・・ですよね

もしくは胸から顔までが一緒に

 

立っているときや座っているときは

これでもいいんです

 

ただ 踊っているとき

完全に身体の向きを変えたかったり

進む方向を右から左へ 後ろから前へ

一気に転換したいとき

同じ方法で考えてしまうと

ちょっと都合が悪いのです

 

なぜか・・?

 

忘れている部分がありますよね

 

骨盤です

そうすると 足も置いてきぼりです

だから次のステップや動きがうまくいきません

 

 

振り向く・方向を変える

この動きは胴体をねじる動きです

つまり「脊椎の回旋」ですよね

 

脊椎がつないでいる 頭・肋骨・骨盤が

順番に向きを変えていくとき

一番スムースで大きく動けます

 

座って後ろにあるものを取るなど

足元がそのままの場合は

頭から順番に肋骨だけで十分です

骨盤はつながっていますが

それほど動く必要はありません

 

 

でも 踊っていて向きを変えるときは

足が進む方向ごと変えたいでしょ

だから足側から順番に 下から上へ

骨盤から先にスパイラルを起こします

 

骨盤が先に 行きたい方を向く

そこに肋骨〜頭までが順番についていって

最後は骨盤が向いている方に揃う

 

(ちょっとフレディがんばりました!)

 

これなら 確実に全体が向きを変えられて

次のステップがスムースだし

ポーズなども安定しますよ(^^)b

 

 

このときに覚えておきたいこと☆

 

ねじる=スパイラルの動きは

軸に対して2本が一緒にはたらくとき

一番スムースな動きになります

”ダブルスパイラル”なんですよね

 

ほら ハンドルだって両手でもつでしょ

円盤状のものを回すときって

片側のふちをもって回すより

両側を一緒に動かした方が

回転しやすいし安定しますよね(^^)b

胴体も同じなのです

ダブルスパイラルで動くと

流れが骨盤〜肋骨〜頭へと

スムースにつながっていけるのです

 

ダブルスパイラル・ムーヴメント(DSM)では

そのつながりを体験しながら学びます

 

もちろん 脊椎自体がスムースに動くためには

楽な首とふわっと高い頭

きらめいてないとね🌟

 

 

そんなあれこれを体験できる

DSMのワークショップは2月1日

名古屋で開催です

 

ご予約受付中☆

 

すべての動きはカーブとスパイラルでできている!

姿勢と動きの基本を見直す

■ダブルスパイラル・ムーヴメント(DSM)体験WS

2月1日(土)13:30〜17:30

名古屋ARUKAスタジオ

 → ご予約&詳細

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM