あなたの腕はどこからですか?

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

「あなたの腕はどこからですか?」

 

私がこう質問するときは

構造としての正解を言って欲しいのではなく

 

あなたが自分の腕を

”どこから”と思って動かしているか?

 

そこを質問していますよ(^^)b

 

 

ダンスの先生からは

「腕は肩甲骨から動かす」

「腕は身体の中心から動かす」

などと言われていれば

そうなるようにがんばっているでしょう

 

「腕は肩からじゃないの?」

 

シンプルにそう思うかもしれないし

 

「そんなこと考えたことなかった!」

 

どこから?なんて具体的なイメージを

まったく持っていないかもしれません

 

 

でも 何かしらのパターンがあります

 

あなたが”イメージしている腕”と

実際の腕の構造やしくみが

マッチしていれば動きやすいし

ズレていれば「硬いなぁ」が起きます

 

 

骨のつながりとしては

”鎖骨から腕” です

 

軸とつながっているのは鎖骨だけです

 

私は何度も書いているし

身体のことを勉強している人は

すでに知っているかもしれません

ネットではいくらでも調べられます

 

 

でも大事なのは 知っていることではなく

 

本当に”鎖骨から腕”と思って動いているか?

 

実際の動きに反映されているかどうか

そこが大事なところですよね!

 

 

頭では知っているけど

実際の動きとしてはやっていない

 

自分が思うように動けないとき

だいたい問題はそこです

 

 

昨日の記事でも書きましたが

「100の記事を読むより 1回の体験」

 

頭にどれだけ知識を入れても

自分がそれをやっていなかったら

知らないのと同じこと!

 

 

イメージと実際がマッチしていて

しくみを活かす使い方をしていれば

どんなに動きやすいことか!!

 

「硬いと思ってたけど 違ってた!」

 

そうですよ

あなたの身体はもっと楽にスムースに動きます

硬かったわけじゃないんです〜〜!!

 

 

「骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ」

2〜4月は腕について学びます

 

2月のテーマは「軸と腕」

 

鎖骨と肩甲骨(肩甲帯)を中心に

腕と軸とのつながりのしくみをやります

 

”肩が上がっちゃう”

”肩が前に入っちゃう”

”肩こりが気になる!”

 

このあたりもやりましょうね☆

 

3月:肩関節での腕の動き

4月:肘や手首の動き

 

私たち人間は 手を使う動物です

日常のいろんな作業に使うだけでなく

ダンスの手は 表現する大事なパーツですよね

 

いろいろ動きながら 体験を通して

自分の腕を再発見しましょう(^^♪

 

■骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ

<5:軸と腕>

2月13日(木)11:15〜13:45

18日(火) 19:15〜21:45

19日(水) 14:15〜16:45

新宿マイスタジオ

 → ご予約&詳細

 

2月20日まで早割受付中☆

<1日ワークショップ>

3月20日(金・祝)13:20〜18:40

新宿マイスタジオ

 → ご予約&詳細

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM