本当に”股関節”で曲げてる?

身体のしくみ 脚・足 - - さちこ(HN:寝子)

ひざを曲げる動き

ダンスのプリエだったり

ただイスや床に座るときに

股関節もちゃんと一緒に曲げてますか?

 

今 在宅ワークの方も多いと思いますが

イスに座るとき

座って上体を前に(デスクの方に)傾けるとき

股関節で曲げていますか?

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

 

実はレッスンにいらっしゃる方の多くが

”股関節不自由さん”なのですよね

 

股関節の動きにブレーキがかかっていたり

股関節で動いているつもりで

違う場所を動かそうとしていたり

 

股関節の動きにブレーキがかかるのは

お尻を締め過ぎていたり

上体をずっと立てておこうとするのが

引き金になっているのですが

 

もう一つの要因として

 

股関節の動きを

違う場所でやろうとしている

 

 

これがあります

 

腕の動きで以前この記事を書きました

横に腕を上げると肩が痛くてつらい・・

腕本体の動きが起きる”肩関節”の位置が

少しズレて思っていることが

肩を上げてしまい

余計な筋肉を使って痛みを起こす

そんなお話です

 

 

同じようなことが股関節にもあります

 

曲げるときに

お尻側(坐骨あたり)を角にしたり

つけ根(前側)で折ろうとしたり

腰から曲げようとしたり

 

 

無意識にこれらのあたりで

動かそうとしていませんか?

 

立っているところから座るときは

(プリエも)

お尻側を使いたくなります

前屈では つけ根側を使いたくなります

イスに座って上体を傾けるときは

つけ根や腰を使いたくなります

 

でも これらは股関節ではありません

 

直接触れないですが だいたいこのあたり

 

骨で見るとこんな感じ

 

ね〜 全然違うでしょ!

 

でも 頭でわかっていても

なんとなく違う場所を使いたくなっちゃう!

 

それが習慣というものです

 

全体の中での どこかの緊張が

そこを使わせてしまう!

ということもあります

 

特に首の緊張は 背面の緊張につながるので

違うところを使いたくなります

 

だから 股関節の動きも

頭の方から見直していくんですよね(^^)b

 

 

レッスンは少人数でこじんまりと

通常営業しています

オンラインの個人レッスンも始めました

 

ダンスレッスンがお休みの今だからこそ

使い方の根本を見直して

ダンス再開に備えましょう☆

 

すべてのご予約はこちらから

 → https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM