まず頭から始めましょう

アレクサンダー・テクニーク - - さちこ(HN:寝子)

楽な首と ふわっと自由な頭・・・

 

いつも書いていますよね

 

でも なんで”頭”?

 

そう思ってる人も多いのではないかしら

 

 

だって 普通だったら

大事な場所といったら”体幹”でしょ

 

 

でも その胴体部の動きを左右するのは

上に出ているの方なのです

 

体幹=安定 のイメージだけど

頭=動き なのですよ

 

ダンスは動きでしょ

だからこそ 頭なのです

 

 

首に力が入ることで

頭が胴体の方に引っ張られると

脊椎を上から押しつぶすことになります

 

クッションが入って カーブもあって

自由にしなやかに動ける骨の集合体

それが脊椎ですよね

 

その脊椎をギュッと縮めちゃうわけです

 

 

それでは つぶれたバネ

クッションがつぶれて間隔が狭くなると

脊椎は動きにくいですよね

 

これでは自由に踊れません!

 

脊椎がつぶれて間隔が狭くなっている

ということは

脊椎周りの筋肉も やっぱり縮んでいます

つまり 胴体に力が入っています

 

胴体に力が入っているということは

そこにつながっている腕や脚も

付け根の方に力が入ってしまい

胴体の方に引き込まれます

 

 

そして 先端の手や足まで

緊張がつながって起きていくわけですよ!

 

あちこちに力が勝手に入ってしまうし

動きも硬くなってしまいます

可動域だって使えなくなります

 

 

だからこそ 

楽な首と ふわっと自由な頭なのです

 

思うように身体が動かないとき

なんとなく力が入ってしまうとき

動くと痛みが起きてしまうとき

 

楽な首で 頭がふわっと胴体から離れて

脊椎が本来の長さを取り戻すこと

 

先にそこが変わらないと

他の部分も変われないのです

 

 

頭と脊椎が自由になるっていうのは

ボディが自由に動けるということ

 

ボディに動きが見えるダンサーさんは

やっぱり一味違うんですよね

巧さが格上というか 上質です🌟

 

 

この 首と頭から始まって

脊椎が長くしなやかになって

腕や脚も全体が自由になっていくこと

 

自然なニュートラルの状態に戻ること

「きらめく」って言ってます

AT Dance式の 動きを表す言葉です

 

 

どんな動きも まず

「頭と脊椎(軸)から始める」

 

首が楽で 頭が動いて(動ける自由があって) 

脊椎が長くなりながらついていく

 

これは脊椎動物すべての動きのシステムなのです

 

アレクサンダーさんは すごい発見をしましたよね☆

 

ダンサーさんにこそ ぜひ使って欲しい💖

アレクサンダー・テクニークなのです

 

 

きらめく動きが起きているとき

あなたの可能性も きらめいちゃいます🌟

 

すべてのレッスンはこちらから

 https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

 

4月4日と8日は 無料オンライン体験会

くわしくはこちら↓

”きらめく”をオンラインで無料体験

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM