お部屋で動くときも 自分の大きさで

思考と身体 - - さちこ(HN:寝子)

外出制限があってレッスンもお休みだから

お部屋でストレッチしたり

動画を見ながら動いてみたり

 

身体を保つためにいろいろとやってみてる人

たくさんいらっしゃると思います

 

もし 動きながら

いつもより硬いなぁって感じたら

お部屋の広さに自分を合わせて

縮めているかもしれません

 

広々したスタジオで動くよりも

お部屋は狭いし 天井も低い

周りにはいろんな物もあります

 

ぶつからないようにと無意識に縮めていたり

壁や天井が近いことからの圧迫感から

自分を小さくしたくなることもあります

 

 

スマホやタブレットは画面が小さいので

そこに集中しているうちに

自分も小さくなっていることがよくあります

 

このところの不安なニュースや

いろんな状況への怒りなどが

首を固めて心身を緊張させていることも多いです

 

 

本当の自分の大きさを

思い出すことから始めましょう(^^)b

 

あなたのお部屋は安全な場所です

(文句を言う家族がいたら 遠ざけてください!)

 

動くために必要なスペースを作りましょう

動いても周りにぶつからないことを確かめます

 

パソコンやタブレット

スマホの画面はとても小さいですが

動くあなたは画面の中ではなく

自分のお部屋の 自分の足の上にいます

 

自分が今いるお部屋を見回して

その空間の中にいる自分の身体を

まず思い出します

身体に触れてみるのもいいですね

 

安全な場所であるお部屋の

空間の中にいる”自分”が

画面を見ながら動きます

 

 

もし何かダンスの練習をしているなら

いつものスタジオや

実際に踊る場所の空間を思い出して

広がるイメージの中で踊ってみましょう

 

それだけでもきっと何かが変わります

 

試してみてくださいね(^^)b

 

 

5月上旬まではオンラインでレッスン中☆

 → https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

5月4〜6日 オンラインWS

骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ

 → 詳しくはこちら

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM