腕の動きは くすり指にリードしてもらおう

身体と動き あれこれ - - さちこ(HN:寝子)

腕を動かすとき

肩が上がってしまったり

力が入ってしまいやすい人は

 

指に腕をリードしてもらいましょう

 

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

”きらめく”がわかる映像

もうご覧いただきましたか☆

まだの方はこちらをどうぞ〜

 → https://youtu.be/govyGWWRWGk

 

 

さて・・腕の動きですが

これは”指”から始めてください

しかも「くすり指」がいいんです(^_^)b

 

 

動きには 一番先頭になる場所があります

(リーディング・エッジと呼びます)

 

電車の先頭車両と同じ

しかも 先頭車両の一番前のフロントガラスや

鼻先が本当の先端ですよね

 

腕で言えば 先頭車両は手

そして指先が一番の先端です

 

ここまで読んであれ?って思った人

いますよね

先端だったら一番長い中指じゃないの?

 

 

そこがちょっと違うんです

これは腕全体や軸とのつながりの問題

 

実際に動いて試してみましょう

いつものように実験です

 

★実験 動いてみよう★

 

腕を(もとい 手を)

前からでも横からでも上げます

 

そのときに 親指から順番に

「ここが先頭」って思いながら

指先にひもがついていて

そのひもに引っ張られるイメージで上げます

 

親指

人差し指

中指

くすり指

小指

 

はい 動いてみていかがですか?

 

両端の 親指と小指は

ちょっとやりにくいなって感じですよね

腕から指先に向かうラインに対して

少し外にはずれていますから

 

 

残りの3本はどうでしょうか

 

人差し指と中指のときは

肩や腕の上側のラインに力が入りませんか

 

一方でくすり指だと腕の裏側

脇から肩甲骨の方につながって

力も少し楽に感じるのではと思います

 

くすり指は 前腕の尺骨から上腕骨

そして肩甲骨まで

骨のつながりに沿っているんですよね

 

そして くすり指につなげると

腕からのラインがまっすぐ

きれいに見えます

(ほら 結婚指輪見せる時のあれ!)

 

 

身体の構造やしくみをわかって使うと

動きやすさが変わります

ほんのちょっとした考え方の違いが

全体の動きの質を大きく変えます

 

GW後半でオンラインのワークショップをやります

時間がある今だからこそ

じっくりと自分の身体を発見しましょう☆

あなたのお部屋で受けられます

 

■オンラインで学ぶ☆

 骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ

5月4日 軸のしくみと動き

5月5日 脚&足のしくみと動き 

5月6日 腕のしくみと動き

各日 11:00〜13:30

 → 詳しくはこちら

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM