骨盤の歪みが整ったもう一つのワーク

身体と動き あれこれ - - さちこ(HN:寝子)

骨盤の右側が上がりながら

後傾もしているねじれタイプの歪み

 

もう何十年も付き合ってきました

 

歪みやズレは 誰でも多少はあります

身体は全体がつながっているし

左右って いろんな部分で違うから

どこかの影響を受けて変化します

 

ただ 歪みが大きくなると

動きにトラブルが起きます

だから少ない方がいいわけですね

 

私は足を広く開いて立つとき

身体は正面を向いていても

左右のつま先が同じラインになくて

合わせて立つとちょっと変な感じでした

 

 

でも 最近だいぶ整っているのです

理由の一つはこちらに書きました

軸は”二等辺三角形”を確認したら、骨盤が整ってきました

 

実はもう一つあります

こちらの方が影響力大 です

 

 

それは”チェックイン”と先生が呼んでいた

自分の身体を観察するエクササイズみたいなもの

ゴールデンウィークに受けたクラスで

マルコムさんという先生が教えてくれました

 

 

私たちの身体の動きには

主に三つの方向があります

 

・前後の動き(屈曲・伸展)

・左右の動き(外転・内転)

・回旋

 

軸の大きな三つのパーツ

頭・肋骨・骨盤それぞれを

1箇所ずつ動かしていきます

 

たとえば骨盤の屈曲・伸展をやります

どちらの方が動きやすいか

どんな違いがあるかを観察するのですね

 

これを肋骨・頭もそれぞれやって

さらに三つの方向でも全部やってみます

 

チェックインというとおり

ただ身体と動きを観察するだけです

 

途中で歩いてみてまた観察します

 

そうしたら・・

右足がすごく内旋して感じる!

 

右だけ内股になっている感じ(^^;

でも歩いている見た目は

左右のつま先は同じ方を向いています

 

そして 足を開いて立ったときに

つま先のラインが揃っているという・・!

 

おもしろ〜い!!!

 

最初はめっちゃ違和感でしたが

ずっとやっていくうちに慣れてきて

最後の方では落ち着いてきました

 

 

こんなシンプルなことで整うなんてね(^^♪

 

まだ立っているときに変な感じ

よくありますよ

なんか内側に入っている感じ

 

それは前の慣れた感覚を

”そっちが本当なんじゃない?”って

思ってしまうからなんですよね

 

感覚ってね

けっこうあてにならないのです(^^;

(そして騙される・・)

 

だから この不慣れな感覚の方を

”大丈夫、これでいいんだよ〜♪”って

自分に思い直しています

 

整った骨盤をキープするために

”きらめく☆二等辺三角形”

が役立ってますよ(^^)b

 

 

23日と28日にやるこちら

■ ”全部が動ける!”を見つける動きのエクササイズ

 

こちらでも 少しやろうと思ってます

 

いろいろとゆるゆると動きながら

ただ自分の全部がつながっていて

全部が動けることを観察する・・というか

動ける自分を味わう?

 

そんな時間かな(^^)

 

よかったら一緒にやりましょ〜♪

 

そんなノリなので無料です

自分でもお試しみたいなクラスなのでね

アドレスをお送りするためにご予約ください☆

 

■ ”全部が動ける!”を見つける動きのエクササイズ
5月23日(土)13:30〜14:30
5月28日(木)14:00〜15:00
zoomオンライン

 

 

どうしても感覚にだまされそうな人は

ていねいに動きのレッスンやりましょう

■踊るカラダの使い方

 〜踊りやすく痛めない姿勢と動きレッスン

5月21日 11:15〜 zoom

5月25日 20:00〜 zoom

5月27日 14:15〜 スタジオ予定

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM