動いた分だけ筋肉は使われています

身体と動き あれこれ - - さちこ(HN:寝子)

「この動きでは もっとこの筋肉を使って・・・」

 

なんて考える人の方が多いと思うけど
けっこうそれは逆効果になったりします

 

意識すると筋肉を使いすぎるから
(つまり 力を使いすぎるってことね)

 

動きは骨で考えてみましょう
あるいは どこがどっちに動くのかを考えます

 

その動きをていねいにやれば 筋肉は必要なだけ使われます
楽に感じたときに ちゃんと使っていない気がしても

動きができているなら その程度の力で十分なわけです

 

 

本当に筋肉が十分に使われていないときは
別の場所でがんばってしまっていたり

そもそものやっている動きが違っていたりします

 

「使われていないから、もっとちゃんと使う」
「使えるように、もっと強くする」

 

この発想から 少し離れてみたらどうでしょうか(^^)b

 

本当に足りなかったら やりたいことができないけど
使ってる感がなくても 動けるならそれで十分

 

使っている感を味わいたくなるのは 罠ですよ!
感じがないと さぼってる気がするのもやっぱり罠

 

気をつけてくださいね〜

 

■踊るカラダの使い方 アレクサンダー・テクニーク

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM