長座からハムストリングスをストレッチする

エクササイズ考 comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)
長座で前屈するストレッチでやりがちなこと

1 膝におでこをつけようとする
2 胸とアゴが先に近づこうとする

長座で前屈するときの 伸ばしたい場所はどこでしたっけ?
ハムストリングス
ももの裏側の筋肉ですよね

どこについていたのでしたっけ?
坐骨からももの裏側を通って 膝の下の内側と外側

伸ばすためには何をすればいいのでしょうか?
坐骨と膝が 反対方向に動いて離れる
骨盤が前に傾く必要があります

1の「膝におでこをつけようとする」
これをやると 背中が丸くなりますが骨盤はあまり動きません

「前屈している=おでこが膝についている」
でも これだと身体は脚から離れてますよね
それどころか 頭は前に行こうとしているのに
背中が後ろに引っ張って 実は前屈を邪魔しています
実はこれは背中から腰を伸ばすストレッチ
全然別なものです

それに よ〜く考えてみれば「前屈でおでこが膝」ってことは
上半身の長さが 膝から股関節と同じってことで
それじゃ脚が長過ぎ!(笑)

では2の「胸とアゴが先に近づこうとする」
これは おでこよりは前屈ができるのですが
胸が先に行ってしまうと 骨盤を置いてけぼりにしがち

胸を押す アゴが前に出る
その時点で首の後ろが縮んでしまうので
身体全体も緊張がしやすくなっています

本当にやりたいことは
坐骨が膝と反対方向に動いて離れる
そのために骨盤を前傾させる
つまり「股関節の屈曲」 それだけです

股関節が屈曲して 骨盤が前傾することで
つながっている上半身全体は その長さのまま前傾する
股関節以外 アゴも首も胸も
別に何もしなくてもいいのですよ
ただ そのままついてきてくださいね(^_^)b

長座では伸ばしにくい
そういう人は立ったところからの前屈で 
自分の重さを利用して伸ばすことから始めてもいいです☆


関節を動かしてゆるめていくストレッチ
JOYストレッチ 始めませんか(^‐^♪
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM