肩甲骨を引き寄せる・・・方がいいの?

踊るために知っておきたい身体のこと comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)
あなたは 肩甲骨は引き寄せていますか
それとも左右に広くしていますか?

昨日来てくださった方が 首から背中にかけてを縮めて
胸を張って上げて 肩甲骨はキュっと引き寄せて
肩を後ろに引いている
よくある姿勢を 自分なりに良いと思ってというか
良いと教わって それをやっていたのですね

さらに「お尻が出てしまう」ことを指摘されていて
なんとかお腹を引き上げようとがんばりながら
「どうしたらいいかわからなくなりました・・・」と


私のダンスの先生も レッスン中に何度も
「肩甲骨を寄せて」って言うのです

ただしこの言葉の前に もう1つ文章があります
「猫背や前肩にならないように」「なっちゃう人は」

いろんなサイトを見ましたが
どれも 「猫背を防ぐ」ために”寄せる”を推奨してますね

つまり 肩が前にいきすぎてしまう人は
少し肩甲骨を寄せた方がいいよ っていうことで
前に行っていない人は本来は寄せる必要はないのです
すでに後ろに引いている人はなおさらです
でも先生が言うと 全員が”自分のこと”と思っちゃう・・(^_^;)

だいいち肩甲骨をギュっと寄せてしまうと
正面から見た時に胸の幅が狭くなってしまいます

では 広くすればいいのかといったら
たくさん広げたら 肩が前にいってやっぱり胸は狭くなります

じゃあどうしたらいいの! 
寄せるの?広げるの? どっちなの〜〜!?

悲鳴が聴こえてきそうですが・・・
どっちかなんて 余計なことをする必要はありません
腕が自然に身体の横にあればいいだけです
胸も背中も広くなります

ちなみに上から見るとこんな感じ




ただね〜 「気をつけ」が良い姿勢って思っていると
腕の自然な場所が 自然じゃなくなっちゃうのです(^_^;)

某サイトでも有名モデルさんが
「肩甲骨を引き寄せると、肩が開き、
 ひじが自然と体側よりややうしろの位置にくるでしょう?
 これが腕のあるべき位置。・・・」
なんて堂々とお話されているくらい
困ったことが信じられているのですから当然ですね

もちろん 肘が体側より後ろにくるのは引き過ぎです
腕は身体の「前」で動くものですからね(^_^)b


腕(肩)を引いて肩甲骨を寄せると
必然的に胸を押し上げることになります
胸が上がると頭を後ろに引くことになり
頭は後ろ 胸は前ときたら
バランスをとるためには お尻は後ろにいく必要があります
つまり 彼女は自然とバランスをとっていたわけです

頭が前・上に 首から背中が長くなってくると
お尻も自然な場所に戻ってきます(^^)
あまりにも馴染みがなくて少々混乱してしまったようですが
新しい選択肢が増えたことは 次へのステップになります☆

自分の身体 いっぱい発見しましょう♪

From AT Dance〜踊る身体のコツを知る!
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM