バレエフェスティバル Aプロ雑感

鑑賞・観察レポート - - さちこ(HN:寝子)

3年に一度のお祭り

世界バレエフェスティバルが開幕♪

本日初日にさっそく観に行ってきました💖

 

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

私 前職がバレエのDVD制作やっていたので

在職時からけっこうバレエ観ています

 

世界バレエフェスティバルは

3年に一度 世界のスターダンサーが集まる

美味しいとこどりのイベントです

なんせ休憩入れて4時間15分

20演目たっぷりです!!

 

ただそのぶんお値段も・・・(^^;

A/B/スペシャルと3公演あるので

お席は5階の最上段

正面なのでけっこう観やすいですけどね♪

 

 

これだけ遠いとね

もちろん顔はわかりません

乱視でブレてるし(^^;

ちゃんと観たいときはオペラグラス使うけど

(使うとピント合うのね)

 

遠いからこそ 存在感というかね

表現力とか そういうものが

すごくわかっちゃうのですよ〜

 

立っているだけでも

ほんの小さな動きでも

その役どころの気持ちが伝わってくる

そういうダンサーもいれば

 

薄いなぁ・・というダンサーもいらっしゃる

 

プリンシパル&エトワールクラスの

ダンサーたちが出演していても・・!です

それが経験というものかもしれない

 

それと きれいに踊ることと

表現することはちょっと違いますね

 

型通りきれいに踊っていても

形式的になりすぎて表現が薄まって

こちらも入っていけないときもあります

 

見応えを感じるダンサーたちは

なんていうか・・・

動きで語っていますね

その語る世界は ちゃんと客席の隅々まで

広がっているのです

 

レッスンの中で

「相手を自分に招待する」

という言い方をしたりします

 

こういうガラ公演だと

全然知らない演目ってあるじゃないですか

しかもコンテンポラリーで

タイトルしか情報が無くて観ている

 

でも その動きを通して何か受け取ります

あくまで私の主観ではあるけど

そこに流れている情感だったり

動きの先に見える景色だったり

 

5階席でもそれが届くんですよね💖

ちゃんと招待されています

 

いろいろと眼福でございました♪

 

 

あ・・でも久しぶりに

お膝をパッツパツに突っ張って

安定感は抜群だったのですが

全体をかなり力で固めているダンサーいました

 

誰とは言いませんよ

でも 私の首も固まりそうでした(^^;

初日だし 気合が入りすぎたのかも?

プロでもそういうことがあるのですね〜

 

 

 

以下 雑感・・・

 

「ディアナとアクテオン」

まずはオープニングの大役

ちょっと緊張もあった感じだけどがんばりました

 

 

今回2曲踊ったアレクサンドル・リアブコ

身体全体にいつも張りがあって(良い意味)

どこを切り取っても美しい

フォトジェニックなダンサーです

 

マリアとの「ソナタ」も

シルヴィアとの「ドン・ジュアン(ドンファン)」も

素晴らしい作品に仕上がっていました

腕のラインが二人とも美しいです

 

マリア・コチェトコワとダニール・シムキンの「ジゼル」

コチェトコワ好きなダンサーだけど

「ジゼル」はもう少し手足の長いダンサーで観たいかな

 

そういう意味では サラ・ラムとフェデリコ・ボネッリ

「コッペリア」をなぜ選んだのか・・・

雰囲気がかなり大人な二人だから

ちょっと違うなぁと 個人的には思ってしまった

サラ・ラムは 知的で色気のある大人の女性が似合います

コッペリアやジュリエットは 少女だから

 

「アポロ」

ダンサーがどうこうよりも

バランシンのこの感じは あまり好みではないようです

 

「瀕死の白鳥」

サレンコも良いダンサーですよね〜♪

ピアノがちょっと気になったりもしたのだけど

音がなめらかすぎても”瀕死”じゃなくなっちゃう?

 

久しぶりのロベルト・ボッレ

相変わらずの踊るギリシャ彫刻💕

踊り自体もサポートも 安定感抜群ですね

お相手のメリッサ・ハミルトンも素晴らしい

今後が楽しみなダンサーです

 

「くるみ」

この二人 まだ若いですね

エトワールにするのを急いでしまったかな

カーテンコールで そそくさと引っ込んで

どうしたのかと思っちゃいました

 

オーレリ・デュポンとダニエル・プロイエット

コンテンポラリーの演目だったけど

・・・すごかったぁ!

頭のてっぺんまでつながっていると

これだけ動きまくっても安定しているし

動きもなめらかで気持ちいい

 

プロイエットは「TeZukA」にも出ていたそうですね

今後も注目したいダンサーです

 

アレクサンドロワとラントラートフは

なんていうか・・・さすがの存在感

ラントラートフはテクニックの安定感も素晴らしい

とてもコントロールされていて

安心して観ていられます

 

タマラ・ロホの「カルメン」

お似合いです

お相手のイサック・エルナンデス

こちらも楽しみな若手ですね

 

ベジャール・バレエからはエリザベット・ロス

シンプルな動きで ストーリーのない踊りなのに

観てしまいますねぇ・・!

さりげな〜く踊ってるけど

淡々としている分 実は難しいと思います

 

「アンナ・カレーニナ」

こちらのハンブルク・バレエのダンサーも

やっぱり動きが美しくなめらかで

身体からの語りが半端ない!ってやつですね

 

「タランテラ」

楽しかったんですよ もちろん

でもあと一歩 外にというか客席に?

届いたらよかったかなぁ

 

楽しみだったフェリとゴメス

でも・・・この曲はいつもヒーリングで使ってる

とても眠くなる曲なのですよぉ・・

半分落ちました(^^;

 

「シェエラザード」

イメージではもう少し色気のある演目と思っていたので

そこはちょっと違ったけど

コジョカルは以前のがっちりがなくなって

ラインがきれいになって良かったですね

とはいえ 手首が折れる腕は私は好みではありません

そして 頭はちょっと含んでいないようです

 

フォーサイスを踊ったセミオノワ

もっとシャープでダイナミックに踊るかと思ったら

意外とそうでもなかったです

彼女のつながりにも頭が入っていなかったかな

 

「マノン」はもっとドラマティックが好きかな

これがオペラ座テイストなのかもだけど

綺麗だけど面白みには欠けました

 

「ドン・キホーテ」

ミリアムのキトリは音をていねいに

いっぱい使っていましたね

好感持てる踊りでした

 

あくまでも 私の個人的な雑感なので

その点は悪しからずです

 

今回あれ?と思ったダンサーさんも

次のBプロではまた印象変わるかもだし

それがライブというものです

 

だからこそ 「今ここ」にいる「私」

それをいつも大事に踊ること

そして お客様を自分に招待すること

エキシビションの前に 女子フリー感想まとめ

鑑賞・観察レポート - trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

オリンピックも終わっちゃいますね〜

今日はラストを飾る金・銅メダル

本当におめでとうございます✨

 

もちろん TVには映らなくても

全力でがんばったすべての選手に

お疲れ様!って言いたいよね(^^)

 

さて フィギュアスケートは

明日朝からエキシビション!

 

てことで その前に女子フリー他の

観戦つぶやきのま・と・め!

(意見には個人差があります

 by さだまさし)

 

 

「プロの舞踊家が語る女子フィギュア」

という記事があって

なるほどね〜と思った後なので

そんな目線も入ってます(^^ゞ

 

ーー感想 ここからーー

 

やっぱり第3グループになると

存在感や表現力がぐっと上がりますね!

しかし、ジャンプで手を上げるのがだんだん普通になって、

変化を感じなくなってきた(^^;

 

(第3グループトップはソツコワです)

 

カレン・チェン 手はきれいだけど振り回し系。

曲の雰囲気もあるんだけど、

背中寄りで首がつまった感じが後半に響いたかな。

 

テネル 腕がきれいでいいな(^^)

 

デールマンは腕が背中だから、

(ジャンプの)集めが弱いと後ろに引っ張られるね

転倒続いてちょっと気持ちが切れた後

頭は落ちちゃったんだけど

腕が少し前に戻って背中が広がったのは面白い。

 

ーーそこまでの 何かの緊張とか

こうやって滑る、という考えが

転倒続きで逆に手放せたのかも?

 

チェ・ダビン 彼女も腕は背中

なんでこんな悲しい顔で滑り始めたのかな

何を考えて滑ってるんだろ?

きれいな動きは見えてるけど、

全然心が動かないし面白くないなあ

 

ーー腕は背中というのは

肩甲骨側支点で動かしていること

背中の筋肉を余分に使うので

腕を引き込みやすくなります

 

 

未來さん 惜しかった〜!

でもいつも前向きな気持ちが伝わってくる滑りで

応援したくなるんだよな〜(^^)

 

ーーはい、個人的に応援してます

わからないけど 応援したくなる(^^)

 

 

宮原さん 良かったね!

とても無理なく美しかったです(^^)

あとはきっと表現力なんだろうなあ。

もう少し外に出てくるといいなあ。

ケガの前に背中がゴツくなって硬くなった腕も、

ケガの後また戻って本当によかった!

 

ーー強く美しいけど表現は淡白

それが良さかもしれないし

ゴリゴリ押すのはタイプじゃないけど

もう少し 観客を自分に招待する

コミュニケートするといいかなぁ

腕は 以前の長くきれいで

前側で動く腕が戻ってきてますね

 

 

コストナー あっという間に世界観つくるよね!

ちょっと背中が落ちてて抜け気味だったのが惜しかった。

腕が何となく手首までで終わってる気がする。

 

ーー手の力が抜けているように見えて

手首までしかつながっていない

そんな気がします

でも いろんな意味でベテランの味わい(^^)

 

 

坂本さん スタートの顔は緊張してるね(^^;

でも全体はよくやりましたね(^^)

硬さはないのだけど、ちょっと背中寄りなのよね。

表現力はこれからもっと磨いてください(^^)

 

ーーまだ若いし これからの人だけど

全体が薄いというか やっぱり淡白

 

 

申し訳ないけど、ザギトワの滑りを見て

良いと思ったことが一度もない(^^;

何も感じないし、きれいにも見えない。

背中が反って膝が曲がって、

生まれたてのバンビちゃんみたいに感じる。

けどトップなんだよね(^^;

やっぱりフィギュアはスポーツか

 

ーー先に紹介した記事に激しく同感なのです

ほんと 一度も良いと思ったことがない

技術力はあるのだろうけど

動きすぎだし 全部中途半端で落ち着かない

もうちょっと「ちゃんと見せる」こと

誰か教えてあげて〜〜

 

 

オズモンド 良かったね! 

ブラックスワン(^^)

背中がやや詰まってたけど

後半に行くにつれて真ん中近くに戻ってきました。

ダイナミックさがあるし、見映えがしますよね〜

腕が肩からなのがちょっと残念。

もっと長く使えるのに!

 

ーーとにかく華がある! これは最高の武器

それなのにダイナミック

腕が長く使えたらもっと良いのに

 

 

メドベージェワはやっぱり表現者。

私はその方が好みです(^^)

前半の振り付けで少しうるさいところがあるけど、

大きくていねいなのでOK。

この前シェアした舞踊家の意見のように、

脚を出す方向がもう少しクリアになると

もっときれいになる。

 

ーーアラベゴンと評された脚ね(^^;

フィギュアの人はわりとその傾向だけど

たしかに目立ちます

ザギトワもだから 彼女たちの所属クラブが

そもそもそういう教え方なのかも?

それと アンナ・カレーニナを演じるには

まだ若すぎるのだと思います

 

 

しかし この1〜2年は点数出過ぎじゃない?

加点をバンバンつけ過ぎてないかしらねぇ

そんなに以前と何十点も違うかしら??

男子も女子も すごく感じます

 

審査する人の方も

「この人は上手だから」目線で

少しフィルターかかってるんじゃない?

なんて思ってしまう

 

まぁ 観客としては単純に

好き嫌いを言いながら楽しむだけですけど(^^)

 

明日はエキシビションです

普段はあまり見れないペアや

アイスダンスもぜひ見てくださいね♪

どちらもトップ3は本当に素晴らしいから!

 

村元・リード組は 今期大成長中だけど

日本人選手が育たないのは本当に残念

 

長身で サポートが上手い男性とか

華があって「女」を感じる女性とか

ほんと いないものねぇ・・・

いるのは”女の子”ばっかりだし

 

日本の 男女の関係性のあり方も

理由の一つな気がするけど

文化だからしかたないのかな

 

てなことで 明日は朝からスタートです

もちろん録画予約済み(^^)b

安心して寝ま〜す

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

トップ選手はやっぱりきらめいている! =オリンピック観戦

鑑賞・観察レポート - trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

平昌オリンピック 見てます?

 

時差がないから観戦しやすいけど

どれを見ようか迷いますよね〜!

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

私は 定番のフィギュアはもちろん

時間があるときは 何かを見てます

 

どの競技を見ても 良い成績が出せる選手は

やっぱり「頭」なのですよ

きらめいてます✨

 

スノーボードのスロープスタイル

ジャンプしてくるくる回るとき

頭が回転をリードして

全体がそれについていきます

 

着地のときは 頭がリードをゆるめると

身体の方が追いついてきて

足を進行方向に下ろします

 

これも 首が楽で頭・全体が自由で

協調しているからこその技!

本当に見事です

 

身体でいこうとしたり

足が先に下りようとすると

どこかでズレが起きます

 

 

スキーのモーグルは

こぶ斜面をスピード出して滑るとき

股関節から前傾して

やっぱり頭がリードします

しかも かなり強いリード

じゃないとスピードに押されちゃうから

 

ゴールがある下方向だと のめっちゃう

前だけど しっかり「上」が必要

自分の脊椎が長くなっていく方向です

 

こぶで振られるけど 首は固めない!

固めると余計に振られちゃいますし

脚も柔らかく使えません

 

銅メダルとった原選手の滑りは

頭のリードがとても良かったです!

思わず「そうそう! そのまま!」って

テレビに向かって叫んでました(笑)

 

 

フィギュアスケートの団体戦は

日本の選手は健闘しましたが

想定内の結果ですかね

シングルで稼げないと厳しいところ

今回は各国の選手も強いですから

 

村元&リードのアイスダンスは

どんどん上手くなっていて嬉しいです❤️

お姉さんのキャシーと離れて

本当にクリスは成長しました

村元さんとの相性も良いのだと思います

 

当初は日本人にありがちな

”可愛い(つまり子供っぽい)”ペアだったけど

最近は男女の関係性を描けるようになりました

途中で衣装が変わる演出も素敵です

 

田中くん坂本さんは緊張してましたね(^^;

次の個人戦への良い経験になったでしょう

 

宮原さんも やっぱり緊張なのかなぁ

とてもきれいに滑っていたけど

ちょっと面白くなかった

その前のコストナーが世界観たっぷりだったので

余計に 表現が薄く見えたのかもですが・・

 

 

長洲未来さんが3Aを跳びましたね!

素晴らしかったです

 

メドヴェージェワは やっぱり美しかった❤️

個人的には ザギトワは上手いと思うけど

振り付けのせいなのかもですが

やたら動きすぎて どれも中途半端に見えて

あまり好みではありません

 

 

アダム・リッポンは 後半が良かったです

前半 鳥のイメージをつくるのに

かなり「腕を肩甲骨から」にしていて

背中が固まっていたのですが

動いているうちに 背中がほどけてきたら

ジャンプなどもより安定しました

 

パトリック・チャンは 最初は万全と思えたのに

ちょっと何か起きると引きずりますね

とてももったいないです

 

 

アイスダンスは どの組も個性的です

カッペリーニ&ラノッテは ストーリーあって

見ていてとても幸せになります

シブタニ兄妹は いつも呼吸がぴったり

ヴァーチュ&モイヤは もちろん最高♪

 

ボブロワ&ソロビエフのFPは面白かった!

女性の方が どうやら最初は

目が見えないという設定のようです

焦点を合わせない目で滑ってます

これで二人が合わせるのって難しそう

 

途中から見えるようになって

最後は男性が見えなくなったような・・?

 

本戦の方では フランスの最強ペアも加わるので

ものすご〜〜く楽しみです(^^♪

 

 

今回ペアは見れなかったので

感想は本戦の方で

 

テレビ見てるときは ぼちぼちつぶやいてます

Twitterは「今日のきらめきシェア」されますが

リアルで読んでみたい方は

フォローをどうぞ〜!

https://twitter.com/AT_Dance

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

ノイマイヤーの世界は・・ダンス愛❤️

鑑賞・観察レポート - trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

ダンスへの愛にあふれた

美しい世界でした❤️

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

来日中のハンブルク・バレエの公演

「ジョン・ノイマイヤーの世界」

観てきました

 

(NBSのページからのスクショ)

 

実は前の来日の時もこれを観たのよね(^^ゞ

ガラ公演ではあるけど 普通のと違って

彼の作品を集めて作った 一つの大きな作品です

 

踊ることが大好きだった少年が

バレエと出会って夢中になり

創作を触発したテーマ・世界・人物

出会った偉大な芸術家たち

そして今・・・

彼のダンスの世界のすべてを語る

壮大なガラ公演なのです❤️

 

最後の「マーラー交響曲第3番」

〜愛が私に語りかけるもの〜

 

もうね・・・

ダンスって素晴らしいなあ

ダンスは愛だよなぁって

じわじわと・・くるんですよね

やっぱり好きだわぁ

 

今回は 数年前のローザンヌ金賞で話題になった

菅井円加さんと もう一人

有井舞輝さんが出演していました

のびのび踊っていましたよ(^^)

 

シルヴィア・アッツォーニとエレーヌ・ブシェも 

やっぱり美しいし 重力がない〜!

大好きだな〜❤️

 

それにしても秀逸だったのは

やっぱりアレクサンドル・リアブコ✨

寸分の隙も狂いもないって感じ

いつも頭のてっぺんまで

ちゃんと全体がつながっています

 

プロのトップダンサーなら

そのくらい当然!って思うでしょ

でも 必ずしもそうではないのですよ〜

 

素晴らしいダンサーでも

ほんの少し低いところ

頭の底くらいまでの人はたくさんいますから

 

 

ノイマイヤーのダンサーたちをはじめ

現代作家が主催するバレエ団のダンサーは

身体も動きも ラインが美しいですね

パワフルな踊りもたくさんあるし

これでもか!ってほどのジャンプもあるけど

やたら太ももが張っているとか無いし

力技な感じもあまりないです

 

腕のラインはのびのびしていて

指先までつながっていてきれいです

 

「指先にリードしてもらって」

 

私 レッスンでよく言うのです

腕を動かすときに 指先が先頭で

腕と身体は指についていく・・

 

腕が長くきれいに動くための

大事なポイントです(^^)b

もちろん 頭が自由であることが

何より大切ですよ

 

 

今回 一人だけゲストダンサーがいました

英国ロイヤル・バレエのアリーナ・コジョカルさん

 

もちろん素晴らしいダンサーです

ただ 腕の使い方が全然違うのが見えてしまった

 

付け根の方から腕を動かしていて

腕が肘までのような感じ

良く言えば「指先の力が抜けている」

悪く言えば「手が死んでいる」

 

こういう腕は よくあります

残念ながら 腕は短く見えてしまいます

素敵なダンサーなだけに

余計に残念な気持ちになっちゃいました

 

 

腕って 踊っていて一番目に入る場所

癖がすぐに目立つ場所でもあります

私も「すぐわかる」って言われてました(^^;

 

だからね 

腕は長くきれいであってほしい

どう使うかで 全然違うんだから!!

 

腕をもっと長くきれいに

優雅にしなやかに使いたい人は

そのポイントをお教えしますからね(^^)b

 

レッスンでお待ちしております♪

 

ーーーきらめく☆レッスン情報ーーー

 

■身体を活かす使い方 アレクサンダー・テクニーク 

2月15・22日 19:15〜

2月14・28日 14:15〜

 

■踊りやすい身体づくりとダンス基礎 〜ダンスABC

<2月のテーマはルティレ(片足バランス)>

2月15日 14:20〜

2月13・27日 19:20〜

 

■踊る身体の骨&コツレッスン マスタークラス

<2月は 軸と腕(肩甲帯)>

2月21日 14:15〜

 

■踊る身体の骨&コツレッスン 速習コース

<2月は 腕全体>

2月20日 19:15〜

 

すべてのご予約はこちらからどうぞ

https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

メルマガ登録はこちらから♪

https://maroon-ex.jp/fx43102/atdance1

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

ふたりのダンサー

鑑賞・観察レポート - trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

昨日放送されたNHKスペシャル

「光と影 ふたりのダンサー」

 

見ましたか? (HPからのスクショ)

 

 

同じオーディションを受けながら

直前の事故で足を失った大前さんと

合格して その後活躍を続ける辻本さん

二人が「紅白」という舞台に向かう

ダンサーと振付家として出会い

ともに作品を作り上げる姿を追います

 

ダンサーは大前さん

振り付けは辻本さん

大前さんは8年前にも辻本さんの作品に

ダンサーとして参加したことがあるそうです

 

そのときに言われたこと

「きみはプロのレベルじゃない」

 

うわ〜!💦 って感じですよね

大前さんはその後必死で自分を磨き

この機会が巡ってきました

 

 

振り付けをもらって

次のリハで踊って見せたときのこと

大前さんは自分なりに手応えを感じていましたが

辻本さんが質問します

「よくなかったところは?」

 

ぐらついたところなど いくつかを言うと

辻本さんは「ミスなんかいいんだ」と・・

 

型通りのものを見たいんじゃない

普通の動きの延長のように踊ってほしい

”ダンス”にしてほしくない

 

 

彼が求めているのは

大前さんから溢れてくるものが

振り付けを通して見えること

 

たしかに大前さんの踊りは

最初は「型通り」でした

とてもきれいに きっちり踊っていました

でも 全然面白くなかった

心は動かされなかったです

 

 

大前さんの左足が義足であることは

今回の作品では 表現要素の一つでもあります

だから 辻本さんに妥協はありません

 

普通の足である右の膝が

かなり炎症を起こしていたとき

辻本さんは あることに気づきます

「左足を止めているんじゃない?」

 

大前さんは 左のスネから先がないですが

膝は動きます

もちろん股関節は普通に動きます

 

左足をしっかり使い始めると

右足の負担が減ったように見えました

全体の動きもつながって より良くなります

 

 

歩くんじゃんなく ”歩かされる”みたいな

突き動かされて出てくる動きがほしい

 

直前のリハーサルで

「コンタクトやろうか」と

コンタクトインプロビゼーションを始めます

 

お互いが触れたままで

相手の動きに沿いながら

相手との関係性の中で

自分の中に生まれてくる動きを続ける・・

みたいなものでしょうか

(私はやったことないので

 見た印象を言葉にしています)

 

 

踊ろうとすることを手放す

大前光市の思いを動きにする

大前光市だからできる動きにする

 

辻本さんはずっとそれを

求めていたのかもしれません

振り付けをしたのは俺だけど

踊るのはお前だろう!

 

大前さんも気づきました

「普通の人と同じように」

どこかにその思いがあったことを

 

義足だけど 普通の人と同じように

ではなく 

義足の自分だからできる

自分の踊りを 自分の表現をする

 

紅白の本番が終わった時

「できた!」

大前さんは叫んでいました

 

辻本さんのサングラスの奥にも涙が・・・

 

「光と影」というタイトルだったけど

影は ひっそりと隠れた存在じゃない

影として堂々と表現したらいい

 

光と影は お互いがあるから

それぞれの個性を表すことができるのですね

 

とても良いものを見ました(^^)

 

<追加>

そうそう 辻本さんが大前さんに

「左足に触っていいか」

と尋ねる場面があります

義足のカバーを外して 

先のなくなった足を差し出す

そこに触れる

 

この場面がとても好きです

一番触れたくない部分

他の人にさらしたくない部分

向き合いたくない部分だと思うから

 

「柔らかいんだね。よく触ってる?」

「はい、おっぱい代わりに(笑)」

 

こんなジョークを交えた会話ができて

足が特別じゃなくなったことも

変化のきっかけだったんじゃないかなと

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

今年初バレエは「ル・グラン・ガラ」

鑑賞・観察レポート - trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

今年初バレエ鑑賞 行ってきました♪

「ル・グラン・ガラ」です〜❤️

(HPから拝借)

 

予告編観てね♪

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

実は気になっていたものの

チケットは取っていなかったのですが

今朝 友人からメッセージで

「行けなくなったので 時間空いてたら」と

 

本当はダンスレッスンに行く予定だったけど

これは行かねばなるまい!!

 

演目はオペラ座の精鋭5人だけで踊る

日本では初演のコンテンポラリー2作品です

ちょっとワクワク♪ですね〜

 

初めてのシアターオーブはさすがに広くてきれい!

ロビーのある11階からは夕日に映える富士山が🗻✨

(こういう時に撮らないんだよね〜(^^;

 

席は3階だったけど 2列目のど真ん中!

イスの配置もテレコになってるので

とても見やすい めっちゃ良い席です(^^♪

 

 

■「ヴェーゼンドンク歌曲集」

 

音楽はどちらもワーグナー

プルミエになった オニール八菜さんと

ジェルマン・ルーヴェ

ユーゴ・マルシャンの男性エトワール二人

三角関係が描かれているようです

 

八菜さんはちゃんと見たの初めてかな

とてもきれいなラインです

ユーゴは 以前はすごく硬く見えたけど

今回はとてものびやかでした

 

わりとコントロールが要る振り付けでしたが

3人はとてもていねいに 美しく踊っていました

あっという間の30分❤️

 

 

■「トリスタンとイゾルデ」

 

マチュー・ガニオとドロテ・ジルベール

今やオペラ座を背負う立場になった二人

「ラシル」の初々しいマチューは

もう13年以上も前なのね!

 

ドロテも「椿姫」のプリュダンスで

クリクリっとした目が可愛かったのは

もう7年も前の作品でした

(どちらもDVD担当してたので・・!)

 

前半の3人も美しいと思っていたけど

やっぱり質感が全然違う!!

 

これが経験の差なのだなぁ・・!

目の当たりにしました

 

まとっている空気や存在感

踊りの安定感

指先・つま先・頭の先までの

すみずみまで全体のつながり

のびやかさ

表現力

 

これがエトワールよねぇ・・❤️

 

ちなみに ご存知の方もいるかもですが

マチュー・ガニオは 以前腰を痛めたとき

アレクサンダー・テクニークを学んでいます

 

ずっと続けているかはわかりませんが

リフトやサポートのときの安定感

これは身体に無理がないよね!って思えるし

(腰を痛めることはなさそう)

全体のラインの美しさなどは

ただ鍛えただけでなく

(痛める前から鍛えていたから)

ATで使い方を学んだ賜物だろうなぁ!

見ていてすごく思うわけです

 

ドロテの脚のラインも

グイグイ伸ばした湾曲ラインではなく

スラリと美しくて好感持てました(^^)

 

最高峰にいる人たちが

こういう身体使いをしていてくれると

目標にするさまざまなダンサーにも 

良い影響力をもってくれるのではと

個人的には期待しています

 

60分を超える長い作品ですが

途中に2回 舞台前面に紗幕を入れて

そこに映像を入れる演出があります

場の転換ですね

ここで二人の顔や身体のパーツが

めっちゃアップで投影されるのが

これまた目の保養❤️

 

 

お誘いにのった甲斐のあった

素敵な時間を堪能しました(^^♪

ありがとう❤️

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

ベジャールバレエを観てきました(^^)

鑑賞・観察レポート comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

昨日は上野の森の東京文化会館

ベジャールバレエを観てきました

 

 

現代バレエの巨匠と謳われたベジャールさんも

早いもので もう没後10年なのだそうです

 

彼の作品が好きになったのはいつのことか・・

キラキラ王子様ではない

躍動感ある男性ダンサーたちが素敵で!

そこに惚れたんですよねぇ

 

今回は 後を継ぐジル・ロマン(彼も好き❤️)の

2つの作品を含む4演目

 

「ベジャールバレエ」らしさの中に

ジルの個性も加わっての進化が

全体に見ることができた気がします

 

この10年でダンサーの入れ替わりもありながら

良いダンサーが育っているなぁとも思いました

ジル・ロマンの良さを引き継いでいるなと(^^)

 

がむしゃらさがない

脚をあげるのも ジャンプするのも

独特の カクンと倒すような動きも

力でがんばる感がなくて

なんていうか・・軽くてキレがあります

 

全体のつながりがあって

全体が長く広くて

頭のてっぺんから坐骨までが

長くつながっていて

脊椎はとてもしなやかに動いていて

その先に腕や脚が長く動いている

 

一つ一つの動きはていねいで

でもシャープで 軽やかで

ポワントを履いていてもまったく危なげない

 

後ろに座っていた人たちの会話

「同じ作品を日本人で見ると

 なんか(腕や脚が)短いのよね」

 

身体の大きさや長さだけでなく

全体的にそういう印象を受ける

という会話でした

 

でも このカンパニーの日本人ダンサーは

3人ともとても素晴らしかったです✨

皆さん小柄ですが 動きはダイナミック

しなやかにのびのびと踊っていました

 

体型ではなく 学ぶ環境なのですよね!

 

自分の身体を活かして使うことを学べる

のびのびと自分を表現することを学べる

 

ジャンルに関わらずですが

日本のカンパニーやお教室も

そうあってほしいなぁと思います!

 

その手伝いが少しでもできたら・・と思って

私もキラメキレッスンをやっています(^^)

持っている可能性を開くためのレッスン

そうできる指導者を増やすためのレッスン

 

いつでもお待ちしておりますよ

https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

 

作品はどれも素敵だったのですが

ジルの「兄弟」が気に入りました

途中 ちょっとビックリ展開がありましたが

そんな人間の関係性も含めて

とても面白い作品でした

 

「アニマ・ブルース」も面白かったし

「ピアフ」(ベジャール作品)も美しかった

 

ジルの作品は 音楽とのマッチ感が

とても観ていて心地よくって

何も予備知識なく観ていても

なんとなく世界観が見えてきて

自分なりに想像しながら楽しめます

 

「ボレロ」は初のエリザベット・ロス

これまでで一番 汗が少ないボレロ(笑)

とても静かで クールビューティです

 

一つ一つの動きがていねいで

長い手足がつくるラインも美しい

後半はもちろんエネルギーがアップしてくるけど

外にうわ〜ッ!っと出すのではなく

内側で燃えている感じ

最初のうちは 包容力ある母と思ったけど

最後はクールで威厳ある月の女神のようでした

 

同じ女性でも ギエムは戦士かな

聖なる戦いにいどむジャンヌダルク

水香さんは 「女」

周りの男性を誘う感じ

 

映画で見たジョルジュ・ドンの踊りは

「私はここだ!」という圧倒的なパワー

ジュリアン・ファブローくんの踊りは

殉教者のような 祈りを感じました

 

それぞれに違うメロディがあります

表現できなければ踊れない作品ですね

 

良いものを観ました

眼福❤️

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

NHK観戦つぶやきのまとめ <主に女子>

鑑賞・観察レポート comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

今年のNHK杯も終了〜

さて 録画して見た女子

見ながらポツポツつぶやいたものを

まとめつつ 補足しつつ・・

 

「女子 宮原さんは復帰おめでとうございます☆

去年気になってた腕は、

やっぱり私の好きだった前で長い腕ではなく、

やや背中寄りになってましたね。

ジャンプがうまくいかなかったところは少し跳び急いだ感じ。

今後の調整に期待。」

 

去年も思ったのだけど

背中ががっちりして ちょっと固くなった感じ

オリンピック枠は二人だし

いろいろ思いはあるでしょうねぇ・・

 

「メドベデワ ジャンプミスはやっぱり跳び急いだ感じ。

どちらも踏み切りですでにイマイチ。

1回目は跳ぶ時に起きすぎて、2回目は倒しすぎたかな。」

 

エキシビションでも転倒してましたね

気のせいかもしれないけど

ちょっと焦り? 動揺?

みたいなものを演技中に感じました

 

この時期 女性は身体が変化するから

何かあるのかもしれないですね

 

「ツルスカヤ なかなか美しい。

滑りながら頭が後ろにいきやすいので、

後半に影響が少し出たかな。

シニアデヴューとしてはまずまず(^^)」

 

女性としては ジャンプが高いですね!

今後を見守りたいと思います

 

「コストナー 牧神だね(^^)

頭がいつも高くてとても良いです!

ムダが無い感じ☆☆」

 

エキシビションの月の光も

とても美しかったです✨

ちょっと長かったけど・・(^^; 

 

「本郷さん いつもの肩をすくめる癖が少なくてとても良かった。

あとはせっかくの長い手足を、のびのびしなやかに使ってほしい。」

 

振り付けが合っているのかな

以前のリバーダンスもそうだった

もっと解放されたら 本当に素晴らしいのに

まだまだもったいない!

 

 

つぶやかなかったけど

長洲未来ちゃん(もう”ちゃん”じゃないか)

今年は安定してますね〜

トリプルアクセルも決めたし

まだまだ楽しみな選手です

 


その他の簡単な感想をば・・

 

このところ若手が台頭していた男子

ベテラン勢が円熟の滑りでトップを独占!

素敵でしたね〜❤️

 

ペアは 相変わらず中国が強い!

雑技団だから? (←違うでしょ)

スローとか ツイストリフトとか

本当に高いし飛距離もあるし

今回のペアは 雰囲気も素敵

 

アイスダンスは 今回もダントツの

バーチュー&モイヤーの演技に魅了

ハゼル&ドノヒューも好きです

男性が本当に素晴らしい

アイスダンスは激戦になりそうなので

ファイナルがすっごく楽しみです♪

 

エキシビションも もちろん堪能♪

アダム・リッポンがまさかの熱唱!🎤

しかも上手い!!

ナノッテのチャップリンは最高でした(笑)

 

あとは フランスとアメリカの大会

こちらはまた配信なども活用しつつ

楽しみたいと思います

フランスは パパダキス&シゼロンの

アイスダンスを絶対に見なきゃ!

 

ファイナルは日本だから嬉しい♪

 

NHK杯の全部の映像はHPに!

 → http://www1.nhk.or.jp/figure/movies/index.html

 

 

ここからはいつものお知らせ

==AT Danceのきらめき☆レッスン==

■身体を活かす使い方 〜アレクサンダー・テクニーク

11月22日(水) 14:15〜15:45

11月16・30日(木) 19:15〜20:45

RESERVA予約システムから予約する

 

■踊る人のためのアレクサンダー・テクニークWS

11月23日(木) 14:20〜17:40

RESERVA予約システムから予約する

 

■ダンスABC 踊りやすい身体作りとダンス基礎

11月のダンス基礎は「腕を横に上げる・足首の曲げ伸ばし」

14・28日(火) 19:20〜20:50

16日(木) 14:20〜15;50

RESERVA予約システムから予約する

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

ポルーニン 映画観てきました

鑑賞・観察レポート comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

彼 幸せになってほしいなぁ

 

なんていうかね・・・

ただそう思うだけでした

 

 

子供時代に通ったスクールを

訪問した時の表情が

一番素直で 幸せそうでしたね

 

彼は本当に素晴らしい才能と

恵まれた身体を持っていて

ダンサーとしては成功したのだけど

その代償の大きさは計り知れなくて

 

家族は彼のためを思い

彼は家族の気持ちに応えるため

それぞれが孤独に耐えて 

努力し続けたわけだけど

大人と子供では 全然違うのよね

彼の中にうまれてしまった

大きな穴は 簡単には埋まるはずもなく

 

空虚な穴を埋めるために

踊り続けて 自分を痛め続けて

 

それが 今の彼を作っているのだし

ダンサーとしての彼ではあるけど

ただ 観ていてせつない・・

 

過去を変えることはできないけど

今の自分と 今の家族と

少しずつ 少しずつ

時間をかけて

つながりを取り戻し

子供である自分を取り戻し

幸せになってほしいなぁと

心から願わずにはいられないのです

 

そしたら 本当にのびやかな踊りが

できるようになるのだろうなと・・

そういう踊りを観たいものです


HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

ルグリ・ガラ 見てきた(^^)

鑑賞・観察レポート comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

やっぱ バレエは観るもの(^^)

美しいものはいいですね〜❤️

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

久しぶりにバレエの生舞台

「ルグリ・ガラ」観てきました♪

 

マニュエル・ルグリといえば

元パリ・オペラ座のエトワール

最高のダンスール・ノーブルですね

全体のユース(使い方)の美しさが

エレガンスなのですよね✨

 

若手からベテランまで

さまざまなダンサーが集うガラは

いろいろと見所も多かったです

 

日本人の若いダンサーも出ていたのですが

なかなか好感がもてる踊りでした

このまま成長していってほしいです(^^)

一緒に踊っていてセンターにいた人の方が

ちょっと気合い入りすぎていたので

余計に落ち着いて見えました

 

マリアネラ・ヌニェスは

さらに存在感が増しましたね

エレガントで強い!

 

ワディム・ムンタギロフも 

今まであまり意識なかったのですが

とても良かったです

ジャンプの着地も柔らかくて

全体が落ち着いていました

 

オルガ・スミルノワも美しかった✨

セミョーン・チュージンは

「グラン・パ」の前半が 

ちょっと力んで縮んでたけど

後半に小さな連続ジャンプがきたら

上を思い出したように

どんどん伸びやかになっていきました

 

10年のブランク後に復帰した

イザベル・ゲランは さすがの存在感!

 

個人的に惹かれたのは

「Medea」という作品

フラメンコも踊るエレナ・マルティンと

パトリック・ド・バナの作る世界に

何か自分の中のエネルギーが

動いているのがわかりました

 

ルグリのソロ「Moment」は

何かを演じるのではなく

彼の”今ここ”なんだろうなと・・

きっと 踊るたびに違うものが現れる

そういう作品になるのだと思えました

 

 

「ルグリ・ガラ」の おそらくBプロが

早くもNHKのBSプレミアムで

10月16日0時(15日の深夜)に放送です

(私が観たのはAプロ)

ぜひチェックしてくださいね(^^)

 

 

さて、舞台を観るときは

アレクサンダー・テクニークを使って

どう楽にその時間を過ごすかもポイント(^^)b

 

なんたって休憩あっても

正味3時間ですからね!

しかも4階席の左サイド

 

お隣や後ろに人に邪魔にならず

背もたれから離れることなく

自然に顔から胴体を舞台の方に向ける

 

乱視でぶれた視界でも

必死に観ることはしないで

目が情報を受け取るように

自分の場所で観ること

 

ダンサーのユースが良いほど

私自身も落ち着いて

自分の場所で観れるのです

そして ピントも合うから面白い(^^)

 

 

次は11月のベジャール・バレエを

観に行きたいな〜と思っています

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM