肩のアイソレーションは ここの動き

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

身体のパーツごとに動かすアイソレーション”

 

ジャズダンスやストリート系でよく使う

首(頭)、肩、胸、腰(骨盤)を

それぞれに動かすテクニックです

ベリーダンスなどでも使う動きでしょうか

(シミーはアイソレーションですね)

 

その一つ「肩のアイソレーション」

 

これは踊らない人たちもやってますよね

「あ〜 肩が凝った!」というとき(^^)b

 

肩をぐるぐる 前から後ろ

後ろから前へと動かしてる・・

あれです

やったことあるでしょ

 

そのときに 頭を傾けずに

軸はまっすぐ起こしたままでやるのが

肩のアイソレーションです

 

ですが・・・

”肩の”と言っていますが

身体の構造の中に ”肩”はありません

 

さて ”肩の”アイソレーションは

実際にはどこが動いているのでしょうか?

 

 

この動きをやろうとして

頭が傾いてしまう人がいますよね

(肩こりで動かす人もそうしますね)

 

肩甲挙筋僧帽筋などの

筋肉を縮めようとしていたり

肩甲骨を動かそうとしている

頭が傾きたくなります

 

 

胴体が一緒に動いてしまう人もいます

身体が前後に倒れたり

一緒に上がってしまったり

 

これは 首から肩甲骨周りだけでなく

胸や背中の筋肉=大胸筋や広背筋 にも

いらない力が入っています

軸と腕をつないでいる大きな筋肉なので

軸を引っ張ってしまいます

 

 

いらない力を使わないために

動きは「骨」で考えましょう

 

では 肩のアイソレーションで

前・上・後ろと動かすのは

どの骨の動きでしょうか?

 

 

これを肩甲骨で考えてしまうと

変な力が入ってしまうんですよね

 

動きのメインは・・

 

「鎖骨」です

 

胸骨(軸)とつながる胸鎖関節を支点に

鎖骨の遠位側が動いて

上腕骨の骨頭部が半円を描く動き

 

 

やっているのはこれだけです

軸である肋骨と腕の間には空間があります

軸とつながっているのは

支点になる胸鎖関節だけ!

 

 

さっき言った 頭が傾いてしまう人は

首のつけねか 耳の下あたりに

支点を置いているのではないでしょうか?

筋肉はそこありますからね

 

でも支点は前にありますよ!!

 

肩甲骨は勝手に動きます

止めていなければ!

 

 

ブレーキになっているのは

「動かそう」とするときのがんばり

体幹を止めておこうとするがんばり

実は邪魔になっている可能性大ですよ

 

 

余計な邪魔をしなければ

身体はやりたいことのために動きます

 

そういう使い方ができれば

もっと楽に気持ちよく

身体に無理なく踊ることができます

 

あなたの身体と動きの可能性をひらく

使い方のレッスンを始めましょう

 

■踊るカラダの使い方 アレクサンダー・テクニーク(新宿)

19日(水) 14:15〜15:45

21日(金) 19:15〜20:45

24日(月・祝)16:15〜17:45

 → ご予約はこちらから

 

身体がわかればダンスが変わる!

■骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ 1日WS

3月20日(金・祝) 13:20〜18:40

新宿マイスタジオ

 → ご予約&詳細はこちら

 

3月7日(土) 13:30〜18:30

福岡・天神 ラビートスタジオ

 → ご予約&詳細はこちら

 

福岡WS 身体と動きの悩み相談室

■踊るカラダの使い方 アレクサンダー・テクニーク

3月8日(日)13:30〜17:30

 → 8日のご予約&詳細

3月9日(月)11:15〜13:15
天神 ラビートスタジオ

 → 9日のご予約&詳細

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

あなたの腕はどこからですか?

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

「あなたの腕はどこからですか?」

 

私がこう質問するときは

構造としての正解を言って欲しいのではなく

 

あなたが自分の腕を

”どこから”と思って動かしているか?

 

そこを質問していますよ(^^)b

 

 

ダンスの先生からは

「腕は肩甲骨から動かす」

「腕は身体の中心から動かす」

などと言われていれば

そうなるようにがんばっているでしょう

 

「腕は肩からじゃないの?」

 

シンプルにそう思うかもしれないし

 

「そんなこと考えたことなかった!」

 

どこから?なんて具体的なイメージを

まったく持っていないかもしれません

 

 

でも 何かしらのパターンがあります

 

あなたが”イメージしている腕”と

実際の腕の構造やしくみが

マッチしていれば動きやすいし

ズレていれば「硬いなぁ」が起きます

 

 

骨のつながりとしては

”鎖骨から腕” です

 

軸とつながっているのは鎖骨だけです

 

私は何度も書いているし

身体のことを勉強している人は

すでに知っているかもしれません

ネットではいくらでも調べられます

 

 

でも大事なのは 知っていることではなく

 

本当に”鎖骨から腕”と思って動いているか?

 

実際の動きに反映されているかどうか

そこが大事なところですよね!

 

 

頭では知っているけど

実際の動きとしてはやっていない

 

自分が思うように動けないとき

だいたい問題はそこです

 

 

昨日の記事でも書きましたが

「100の記事を読むより 1回の体験」

 

頭にどれだけ知識を入れても

自分がそれをやっていなかったら

知らないのと同じこと!

 

 

イメージと実際がマッチしていて

しくみを活かす使い方をしていれば

どんなに動きやすいことか!!

 

「硬いと思ってたけど 違ってた!」

 

そうですよ

あなたの身体はもっと楽にスムースに動きます

硬かったわけじゃないんです〜〜!!

 

 

「骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ」

2〜4月は腕について学びます

 

2月のテーマは「軸と腕」

 

鎖骨と肩甲骨(肩甲帯)を中心に

腕と軸とのつながりのしくみをやります

 

”肩が上がっちゃう”

”肩が前に入っちゃう”

”肩こりが気になる!”

 

このあたりもやりましょうね☆

 

3月:肩関節での腕の動き

4月:肘や手首の動き

 

私たち人間は 手を使う動物です

日常のいろんな作業に使うだけでなく

ダンスの手は 表現する大事なパーツですよね

 

いろいろ動きながら 体験を通して

自分の腕を再発見しましょう(^^♪

 

■骨から学ぶ! ダンスに役立つ身体のしくみ

<5:軸と腕>

2月13日(木)11:15〜13:45

18日(火) 19:15〜21:45

19日(水) 14:15〜16:45

新宿マイスタジオ

 → ご予約&詳細

 

2月20日まで早割受付中☆

<1日ワークショップ>

3月20日(金・祝)13:20〜18:40

新宿マイスタジオ

 → ご予約&詳細

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

肘が後ろにあると 背中ががんばりたくなる

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

ふだん 何気なく立っているとき

何かを手に持っているとき

パソコン作業に夢中になっているとき

 

あなたの肘はどこにあるでしょうか

 

 

もし 胴体の横より後ろ側にあるなら

首から背中ががんばっているはず

 

そういう日常の習慣が

ダンスにも影響しているかも!?

 

 

この写真もパッと見はきれいな印象ですが

彼女の背中では肩甲骨が寄って

腰もやや反っていて

背面の筋肉はがんばっています

そして 脚のつけ根は前に押されて

ひざも突っ張っているでしょう

 

 

自然に立っているとき

肘はだいたい身体の横にあります

 

もしこの時にすでに後ろにあるなら

何か余計なことをしています

 

肩を後ろに引く

胸を張る

手を身体の横につける

頭を後ろに引く

 

何かをやっています

やりたくなっちゃうんです

その方が良い姿勢な気がするから!

 

 

子供の頃 言われませんでしたか

「お手ては身体の横にぴたっとつけて」

 

 

いわゆる”気をつけ”の姿勢ですね

腕は身体の横に ピシッと伸ばして

手は身体の横で指先は下を向ける!

 

とても窮屈な姿勢です

 

手が身体の横にあるとき

肘が身体より後ろにあるとき

 

代わりに 胴体が前に出ます

胸が前に出て 背中は縮みます

腰は反ります

頭も後ろに引っ張られます

(アゴは前に出るかも)

 

そのがんばりは 脊椎の動きにブレーキをかけ

肩甲骨が中心に寄ることで 

腕の動きにもブレーキをかけます

 

これでは 踊りにくいです!!

それに きらめいていません(;_;)

 

 

「きらめく」なら

楽な首で頭はふわっと高いところにあって

全体が自然なバランスの中に戻っていくなら

 

自然と肘はゆるんで身体の横に 

手のひらは太ももの前側にきます

 

だって お部屋にかかっているコートの

袖のラインを見てください

少しカーブを描いて

身頃の前に向かってますよね

 

余計な何かをしなかったら

腕はそういうラインをえがくものです


 

手を使うために肘を曲げたときは

手が前にいくのについていって

肘も身体の前にいきます

 

背中にある肩甲骨もついていって

さらに背中は広くなります

このとき 腕はもっと長く自由になります

 

腕は身体の前で使うものです

這い這いしてたときも

何かにつかまっていたときも

いつも身体の前にありましたよね

 

 

バーを持つとき

腕のポジションをつくったとき

あなたの肘は身体より前にありますか?

後ろに引こうとしていませんか?

 

スマホを持っているとき

パソコンを使っているとき

ご飯を食べているとき

あなたの肘は身体より前にありますか?

後ろに引こうとしていませんか?

 

 

日常の習慣は 踊るときにも出てきます

それが「慣れたいつもの感覚」

自分にとっては”普通”だから

 

でもその「慣れた普通の感覚」

実は罠かもしれません(^^)b

 

 

”慣れた感じ”にだまされない!

あなたの身体のデザインと

動きのシステムに合った使い方を

いつでもできるようになりましょう(^^)b

 

踊りやすく痛めない姿勢と動き

■踊るカラダの使い方 アレクサンダー・テクニーク(新宿)

2月7日(金)19:15〜20:45

12日(水) 14:15〜15:45

19日(水) 14:15〜15:45

21日(金) 19:15〜20:45

24日(月・祝)16:15〜17:45

 → ご予約はこちらから

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

手の指が動く方向

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

手首を回す動きのときに

手の指も一緒に 一本ずつ動かしますよね

 

小指から順番に閉じていって

(カモ〜ン♪ て感じですね)

また小指から順番に開いていきます

 

この指の動きで ちょっと実験してみましょう

 

●実験1

閉じていく指を

グーで握るときと同じように

手のつけねの方向に動かしてみます

 

●実験2

今度は 親指のつけ根の方向に

動かしながら閉じていきます

 

 

さて どんな違いがあったでしょうか?

 

 

1の 手のつけ根(手首)の方に閉じると

親指がピンと出ませんか?

 

でも2のように 親指のつけ根方向だと

親指も一緒に動けますよね

 

ちょっとの違いだけど

動きにしてみると 全然違います

そこが面白いところ☆

 

 

ちなみにDSM(ダブルスパイラル・ムーヴメント)

腕のスパイラルの流れは

親指のつけ根とくすり指を結んでいます

実験2の方向です

それが自然な流れ(つながり)なのです

 

12月の身体を活かす使い方レッスン

夜のクラス(19:15〜20:45) 4日・12日・18日

昼のクラス(14:15〜15:45) 11日・25日

 → ご予約はこちら

 

■余分な力を抜いて踊るための 身体を活かす使い方WS

11月30日 横浜

 → 詳しくはこちら

12月28日 新宿 (11月末まで早割!)

 → 詳しくはこちら 

 

メルマガは登録していますか!

私から月2回のお便りが届きます

 → メルマガに登録

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

手首はどこで回っているのか

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

動くとあちこちポキポキと

関節が鳴ってしまうんで

見てる子供が怖がっちゃうときも(^^;

 

そんな話から始まった今日のレッスン

フラメンコの方です

 

手首を回すあの独特な動き

やりながらもポキポキと鳴ってます(笑)

 

鳴ること自体はともかくとして

手首の動きの方が気になったので

そこからレッスンスタートしました

 

 

フラメンコの手って

こうグッと力が入ってるイメージですよね

でも 本当に力入れて動かしていたら

関節を痛めてしまわないのかしら・・?

 

そういう素朴な疑問があったのですよ

 

お話をする中でヒントがありました

 

昔は鳴らなかったけど

 だんだん鳴るようになってきた」

 

腕全体は動かないようにして

 手首だけで回すように言われている」

 

手首がたくさん動いているときは

肘が上下しながら 腕全体が波打っていて

それではダメということらしいです

 

”手首だけ”で動かそうとしている

確かにそう見えます

 

でも 手首って回らないんですよね!

 

 

まずNさんの右手を取って

少し動かしてみました

肘はその場所にあるままで

手のひらを上に向けたり下に向けたり

軽く回してみたり

 

それから DSM(ダブルスパイラル・ムーヴメント)

腕のイン・スパイラルの流れも使いながら

指先で円を描くように回してもらいました

 

 

 

「指は考えていたけど

 指先のことは考えていなかったかも!」

 

すっかり手首の動きもスムースになり

全然鳴らなくなりましたよ(^^♪

 

関節を窮屈に使っていたのと

ポキポキは関係してたってことですね

 

 

「本当は どこで手首は回っているのか」

 

手首を回す動きは 肘から始まっています

回内・回外という動きです

指も 見かけの長さだけでなく

手のひらから始まっています

 

必要な身体のしくみ情報もお伝えすると

動きがさらに変わっていきます

 

構造に合った動きはスムースですね(^^)b

 

”きらめく”お願いと

腕のダブルスパイラルを使っていくと

腕ももっと長くなっていきます

 

今までとは違う新しい感覚の中で

Nさんの本来の腕が戻ってきたのです☆

 

 

手首の動きが悪いからと

筋トレを勧められたりするそうで

ちょっとビックリなのですが(^^;

 

動きが悪いときは

力が足りないのではなく

力の使い過ぎなのです

 

でも力強さを見せたい!って思うと

力でがんばりたくなるんですよねぇ

そこが 罠 なんですが・・

 

思い込みや習慣で

無理な動きをしていませんか?

ちょっと視点を変えたら

もっと動きやすくなりますよ☆

 

今日も楽しいレッスンができました♪

ありがとうございました💖

 

 

12月の身体を活かす使い方レッスン

夜のクラス(19:15〜20:45) 4日・12日・18日

昼のクラス(14:15〜15:45) 11日・25日

 → ご予約はこちら

 

■余分な力を抜いて踊るための 身体を活かす使い方WS

11月30日 横浜

 → 詳しくはこちら

12月28日 新宿 (11月末まで早割!)

 → 詳しくはこちら 

 

メルマガは登録していますか!

私から月2回のお便りが届きます

 → メルマガに登録

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

腕の動きで これを忘れていると肩が上がります

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

肩周りが硬くて

腕が思うように動かない

一緒に肩が上がっちゃう

 

そういうあなたは

この動きを使っていないかも!?

 

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

今月の踊る身体の骨&コツレッスンでは

「肩関節の動き」を取り上げました

 

肩関節ではどんな動きができるか

あなたは知っていますか?

 

肩関節って言っちゃうけど

本当の名前は「肩甲上腕関節」

肩甲骨と上腕骨がつながる関節です

 

ここでできる動きは

いわゆる”腕”の動きでもあります

 

さて・・どんな動きができるでしょう

どの方向に腕は動くでしょうか?

ちなみに 3組あります

 

前と後ろ?

 

はい そうです

屈曲・伸展ですね

歩くときに前後に振る動きです

 

それから?

 

横に上げる

はい その通り

外に開く方が外転

戻す方は内転です

 

胴体をよけて 少し屈曲か伸展すれば

さらに内転できますね

 

それから?

 

まだありますよ

 

ぐるぐる回す?

それは違います(笑)

 

でも ボールを投げるとき使います

 

わかりましたか?

 

内旋・外旋です

股関節と同じですね

 

下ろした腕の肘が外を向けば内旋

胴体の方を向けば外旋です

 

クラスでもこれが出てこなかったんです

出てこないということは・・・

忘れています

使っていない可能性があります

でも けっこう大事な動きなのですよ!

 

 

◎実験しましょう

 

下ろした腕を 肘を胴体の方に向けて

手のひらを外に向けます

つまり外旋ですね

そのまま横から上にあげると・・

肘は外向きで終わりますよね

 

今度は 自然に下ろした腕のまま

手のひらは内向きで肘は後ろを向いたところから

同じように横から上にあげてみます

 

やっぱり肘は外向きになっていませんか?

 

 

そうなんです

横に上げる動きの中で 肘は勝手に外旋します

自然で 必要な動きです

 

それを たとえば 

「肘は後ろを向いていなくては!」

そう考えていたら

外旋が起こせませんよね

 

そうすると 上腕骨が肩甲骨にぶつかり

一緒に持ち上げてしまいます

つまり・・

不自然に肩が上がります

 

 

ちなみに前からあげるときは

少しだけ自然に内旋します

 

 

目立たない 自然な動きだからこそ

忘れやすいのですよね

そして 使わなくなります

 

 

◎もう一つ実験

 

腕を脇につけたままで 肘を曲げます

手のひらは上向きです

その手を内外に動かしてみましょう

 

こういう動きです

 

手を内側にしたとき

肘が後ろにいったり

手を外側にしたとき

肘が外に離れたり後ろにいったり

脇からはずれてしまったあなたは

内旋・外旋の動きができていません!

 

代わりに別の場所が動いています

どこでしょうか?

 

鎖骨と肩甲骨です

 

肩甲骨の外転・内転が起きていたり

上がって前に落ちることで

あなたの嫌いな「前肩」や

「肩が上がる」を起こします

 

 

後ろにあるものを取るとき

肩の外旋を使わないと

肘が後ろにいって肩が前に入り

首が窮屈になります

 

エジプシャンな両手をあげるポーズは

外旋がないと肩がつらくなります

 

フラメンコの 手のひらが外向きで上げるときは

肩で内旋してから上げた方が楽でスムーズです

 

アラスゴンド(横)に上げたときに

肘が後ろになっているためには

最初は肩で内旋しているとスムーズです

 

左肩は 内旋して自然に肘が外へ(青矢印)

でも 右肩はそのまま上げたので

肩甲骨ごと持ち上がっています

(ちょっとフレディがんばりました!)

 

ただし 肩関節で内旋する代わりに

肩甲骨全体が前に入ってしまうと

前肩になりますから注意!!

 

 

肩関節の内旋・外旋

小さな動きだけど とても大事なのです

 

覚えておいてくださいね!

 

 

自分の身体がわかると もっと楽に踊れます♪

 

身体のしくみと動きのコツを学ぶ

「踊る身体の骨&コツレッスン 1Day WS」

明後日30日に開催です!

 

■踊る身体の骨&コツレッスン 1Day WS

3月30日(土)13:20〜18:40

新宿マイスタジオ

 

札幌でも開催します!

4月21日(日)13:30〜18:30

 

少しずつしっかり学ぶならこちらがお勧め☆

4月のテーマは「肘と手の動き」

■踊る身体の骨&コツレッスン マスタークラス

 ↓ ↓

詳しくはこちらから

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

腕は真横に上げない

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

腕を横に上げるとき

身体の真横に上げていませんか?

 

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

だいぶ暖かい日が増えてきましたね

冬物の厚手のロングコートを片付けました

 

急に何を言い出すかって?

 

コートがかかっていたこのハンガー

 

 

ちょっと高級なハンガーは

形が平たくないんですよ

 

なぜか?

 

服が型崩れしないように

人間の形に近づけているのです

 

ほら 背中から腕への丸み

 

上から見るとこんな感じ

 

 

同じでしょ!

 

背中から腕にかけては丸みがあります

この丸みの延長に腕が出ます

だって 肩甲骨と腕はつながっているから

けっこう斜め前ですよ

 

腕を横に上げるとき

もし真横に上げていたら

それは身体の形状とは違います

 

明日の踊る身体の骨&コツレッスンも

肩甲骨と腕のつながり

「肩関節の動き」を学びます

 

■踊る身体の骨&コツレッスン

「肩関節の動き」

3月20日(水)14:15〜16:45

新宿マイスタジオ

 

来月は「肘と手の動き」をやります

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

肩が上がってしまうのは・・

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

踊っていて肩が上がってしまう

肩を下げてって注意される

 

ジャンルは違っても

踊ってい人のほとんどが

経験あるのではと思います

 

なぜ肩が上がってしまうのでしょうか?

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

 

肩が上がってしまう理由は

もちろん一つではありません

 

●腕の付け根は”肩”だと思っている

 

お人形の腕のように 

自分の腕の付け根が肩と思っていませんか?

 

あなたの腕は鎖骨から始まっています

身体の前側についています

 

 

●脇の下に空間をつくり過ぎている

 

”脇の下に卵1個分の空間”

 

これはよく言われますね

特にバレエの腕のポジション

 

でも 同じ1個でもダチョウの卵くらい

ぱっか〜んと空けている人!

それだけで肩は上がっていますよ

 

脇の下にはすでに空間があります

ただそれを思い出すだけで十分です

(閉じないっていうだけ)

 

●腕を真横で動かそうとしている

 

腕を横で動かすとき

真横に上げようとしていませんか

 

腕を真横に上げながら肘は後ろ向き

そうすると 肘と一緒に肩が前に入りやすいです

それで肩が上がります

 

あなたの腕の”横”は 斜め前です

真横ではありませんよ!

 

 

●肩の高さを勘違いしている

 

”肩の高さに上げる”

それってどこまででしょうか?

 

身体の首からのラインの延長線上?

そう思うとだいたい上がり過ぎます

 

それに 本当の肩の高さは

肩甲骨と上腕骨がつながる関節の高さ

そもそも場所が違いますね(^^)b

 

 

●首が緊張している

 

首から肩甲骨にかけては

筋肉でつながっています

だから 首が緊張すると肩甲骨は上がります

 

(僧帽筋)

 

ちゃんとやらなきゃ!と思っているとき

とにかく必死なとき

失敗しないか不安なとき

苦手だなぁと思っているとき

焦っているとき

 

首は緊張しますね

 

少し周りを見渡すゆとりをもって

ゴチャゴチャ考えないで踊りましょう♪

 

 

●肩甲骨を考えすぎている

 

”肩甲骨から腕”

これもよく言われます

 

肩甲骨を動かそうとしてがんばると

その周りの筋肉がはたらいて(縮んで)

腕の動きを邪魔します

もちろん首につながっている筋肉もあります

 

首から背中にかけての緊張が起きて

やっぱり肩が上がります

 

肩甲骨は腕の動きについてきてくれるので

ただ放っておきましょう(^^)b

 

 

●肩を下げようとしている

 

肩を下げようとしているのに上がる?

どういうことでしょう?

 

腕を上げるとき

そもそも肩は上がります

 

このときの”肩”は 端の方

鎖骨と肩甲骨がつながる部分

ここを上げないと 腕は上がりません

 

腕(手)を高く上げるときに

端の肩を下げておこうとしている人

肩甲骨自体を下げようとしている人

 

それは身体には無理な動きです

そのままでは腕は上がらないのに

無理に上げようとしたら

全部一緒に上げるしかないでしょ

 

だから端だけでなく首の近くまで

つまり”肩が上がる”が起きます

 

 

 

まぁ そもそも”肩”というのは

構造としては無いですけどね(笑)

 

だから 何を下げて起きたいのか

実際に動く骨としては

どこがどうなっていたいのか

わからなくなっちゃうのです

 

胴体と腕がどうつながっていて

腕がどう動いているか

実際のところ知らないですよね

 

そのままで無理な使い方をして

四十肩・五十肩なんてならないように!!

 

 

3月の踊る身体の骨&コツレッスン

マスタークラスのテーマは

「肩関節の動き」です

 

肩が上がってしまう人

腕が短くなってしまう人

肩に痛みが起きやすい人

 

自分の腕を再発見しましょう☆

 

■踊る身体の骨&コツレッスン マスタークラス

 「肩関節の動き

 

3月14日(木)11:15〜13:45

3月19日(火)19:15〜21:45

3月20日(水)14:15〜16:45

 

1日で全体の大事なポイントを学ぶ入門編

■踊る身体の骨&コツレッスン 1Day WS

3月30日(土)13:20〜18:40

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

肩が上がってしまう・・・

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

腕と一緒に肩が上がってしまう

踊っていると肩が上がってしまう

 

これは誰もが一度は先生から注意される

(されたことがある)

ダンサー最大の悩みかも!?

 

でも先に言っておきます

腕と一緒に 肩は上げてください☆

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

もう一度言いますよ

腕と一緒に 肩は上げてください!

 

「でも 肩を下げてと言われます!」

 

そうですよね

では その”肩”ってどこでしょうか

 

ワークショップで10人くらいの人に質問すると

3つくらい答えが返ってきます

もしかしたら あなたが考える”肩”と

先生が考えている”肩”は違うかもしれません

 

言葉と身体

実際の身体と イメージの身体

私の身体と あなたの身体

 

同じようで少しずつズレていたりします

 

先生がいうときの「肩を下げて」と

あなたがやろうとしている「肩を下げる」は

本当に同じ場所 同じ動きを意味しているでしょうか

 

やっているつもりなのに

「もっと」とか

「そうじゃないよ」って言われるなら

何かズレがあるということです

 

 

ちなみに腕(手)と一緒に上げたい肩はここ(青)

上げてはいけない肩はこっち(赤)

 

 

端の方は上げなくてはいけない

首に近い方は上げたくない

 

なぜ肩が上がらないといけないかは

この場所を上から押さえてもらいながら

腕を上げてみればすぐわかります

 

 

ね! 上がらないとダメでしょ(^^)b

 

 

上げたくない”肩”が上がってしまうとき

実際には何が上がっているのか?

 

 

わかります?

 

骨ですよ

ただし「肩」という骨はないです

 

 

肩という文字がつく骨といえば・・

そう 肩甲骨ですね

 

だから 肩を下げて!の代わりに

肩甲骨を引き下げる

そんな言い方をする人もいます

(昔作ったピラティスのビデオでも

 そういう言い方でした)

 

 

では「肩甲骨を下げる」って

どういう動きでしょうか?

 

はい 今日は質問攻めです(笑)

 

 

ここでまた 先生とあなたの間で

あなたのイメージや感覚と

あなたの実際の身体や動きの間で

思い違いやズレが起きるのですよ!

 

「何か違うけど 何が違うかわからない」

 

あなたは困ってしまうわけです

 

自分の身体のことって ほとんど知りませんよね

あるのは こんな感じ?というイメージです

たとえ知識はあったとしても

身体の実際とズレていることが多いです

 

ズレを修正して 正しい身体感覚を持つこと

 

それが踊るためには大切なのです

動きやすさのためだけでなく

身体を痛めないで踊るために!です

だから 身体のことを学ぶのです

体験して 感覚をクリアにすることが必要です

 

 

ちなみに 簡単に図示するとこういう違い

赤の動きをやりつづけていると

あちこち力が入って動きにくくなります

 

肩甲骨は 下に回っていくように動きます

これは 肩甲骨を動かすのではなく

腕が動くから肩甲骨が動くのです

 

こういうのは 言葉や図で説明しても

実際に動いてみないとわかりませんよね

特に背中は自分では見えませんから

それこそ「できているかわからない!」です

 

必死にやろうとすると首に力が入って

肩甲骨を引っ張り上げます

つまり 肩が上がります

踊っているときに肩が上がるのも

首が緊張するような何かをやっているから

 

まず 首が楽で頭がふわっと高くて自由で

全体がついていく自分から始めましょう

その練習を続けていくと

肩は上がる必要がなくなります

 

 

だからこそのレッスンですね☆

正しい身体感覚を身につけましょう!

 

2月の「踊る身体の骨&コツレッスン」

”軸と腕(肩甲帯)”をテーマに

主に肩周りのことを学びます

 

腕はどこから始まっているのか

肩に力が入るのはなぜ?

いわゆる”肩を上げない”はどういうことか

肩を下げて動くためにはどうするのか

「肩甲骨から腕」とはどういうことか

鎖骨の役割はなんだろう?

軸(頭や脊椎)との関係は?

 

そんなことを 自分の身体を通して

見て触れて動いて 体験しながら学びます

 

正しい身体感覚は 踊るために欠かせません!

あなたが指導者ならもちろん

ダンス初心者でも 早いうちに学ぶことが

今後のダンスライフをより良いものにします

 

ぜひ受けに来てくださいね☆

 

■踊る身体の骨&コツレッスン 「軸と腕」

2月14日(木)11:15〜13:45

2月19日(火)19:15〜21:45

2月20日(水)14:15〜16:45

 → ご予約・詳細

※3月は肩関節、4月は肘と手がテーマです

 

 

1日で全体の大事なことを学んでおこう!

■踊る身体の骨&コツレッスン 1日WS

3月30日(土)13:20〜18:40

 → ご予約・詳細

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

肩が前にいってしまう人は

身体のしくみ 腕・手 - - さちこ(HN:寝子)

肩が前に入ってしまう人

巻き込むみたいになっちゃう人

肩をすくめるみたいに上がっちゃう人

「前肩」って言われる人

 

一生懸命に肩を後ろに引いて

胸を広げようとしていませんか?

 

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

前にいったから後ろに引く・・・

 

残念ですがその方法はあまり役に立ちません

 

 

私は右肩が前にいきやすいのです

以前 逆流性食道炎っぽかった頃に

横になるときは 仰向けか

胃の流れに沿って右側を下にしていたから

 

右の肩が内に入った姿勢で寝てたので

肩甲骨が前に引っ張られた状態

もとい 前側の胸周りの筋肉が

受動的に縮められる状態になりやすいです

 

 

そんなときは思い出します

 

肩甲骨は背中にある

身体の後ろ側にある

 

はい、とてもあたり前のことですね

でも ”あたり前”が大事(^^)b

 

前にいきたがっているのを

「あなたは後ろにいていいのよ」って

落ち着かせてあげるのです

前側の筋肉は 縮むのをやめてくれます

 

「やる」のではなく「ある」です

これ 大事なとこね

 

一応画像もね・・・後ろにあるでしょ

 

後ろに引っ張るのは

前を縮めているのと同じ緊張です

ただ逆になっただけ

 

大事なのは全体のバランスだから

胸側でやっている不要な緊張を

「やめる」ことで解決したいのです

 

そのために あたり前を思い出す

 

肩甲骨は後ろにあります

 

最初は慣れなくて すぐまたやりたくなります

だから何度でも繰り返し思い出します

楽な首と一緒に

 

AT Danceでは こういうレッスンをやってます(^^)b

自然のバランスに戻っていくレッスン

 

みなさん 良いお年をお迎えくださいね💖

 

年末年始もご予約は受け付けてますよ☆

https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM