「肩を下げて」では 伝わらない

教えること comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

「もっと肩を下げて」

 

生徒によく言っていませんか

 

こんにちは(^^)

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師 

ダンス・キラメキストの さちこです

 

私も先生に言われたことあります

先生がほかの生徒に言っているのも

何度も聞いたことがあります

 

「肩を下げる」

 

肩が上がっているから言われるのですが

これって あまり良い教え方ではありません

 

だってね

肩ってどこですか?

 

私が自分のレッスンでそう質問すると

みなさん一瞬迷います

 

端の方の 肩峰の部分か(→)

首に近いエリアか(○)

その全体か・・・

 

先生が言う”肩”と

生徒が思った”肩”は 

違っているかもしれません

 

「肩を下げて」

 

そう言われて

端の方を下げようとする人もいれば

肩甲骨を下げようとする人もいます

前に落としてしまう人もいます

 

それぞれが思う

「肩を下げる」をやります

 

言葉ってむずかしいですよね〜(^^;

それに どこまで下げたらいいんでしょうか

 

生徒はがんばって下げますよ

足りないと また言われちゃうから

 

でも そうすると困ったことがおきます

 

腕が動かしにくくなります

だって そういうしくみですから

鎖骨や肩甲骨が一緒に動いてくれないと

腕は自由に動きません

 

 

上がっているから「下げる」のではなく

 

上がっていたら 上げるのを「やめる」

これで良いと思いませんか(^^)b

 

 

その上で考えたいのは

「なぜ肩が上がってしまうのか」

 

だって 「下げる・やめる」だけでは

また上げちゃいますからね(^^;

 


理由は人それぞれ違います

 

腕を動かすために 力を使っているのか

自分を縮めたくなっているのか

何か不安で緊張しているのか

胸や背中で 何かがんばっているのか・・・

 

いずれにしても

首から胸・背中にかけて

生徒は力が入っているはずです

そして 頭がロックされています

 

だからまず「きらめく」なのです(^^)b

頭のロックをはずして

頭も自分全体も自由になったら

肩は上がる必要がなくなります

 

そうすると 生徒は何か気づきます

なぜ肩が上がってしまったのか

なぜ首や胸や背中が緊張していたのか

そして 変わっていきます

 

学びってそういうものです(^^)

 

「肩を下げて」って言うのは簡単だし

すぐに変わったように感じるけど

その場しのぎ でもあります

 

ちょっと時間はかかるけど

アレクサンダー・テクニークを使うと

本当の意味で変わることができます

時間はかかりますけどね

 

たくさんの生徒を一度に見ている先生は

「そんな一人に時間をとれない」

そう思うかもしれないけど

アレクサンダー・テクニークを通して

全体を観察する練習をしていくと

より生徒に役立つ教え方ができるようになります

 

AT Dance Proのクラスでは

そんな学びをシェアしていきたいですね

 

まず ご自身で体験するところから

始めてみませんか

 

「教える人のための 動きの見方と伝え方」

第1回 動きを観察するPart1 腕(上肢)

6月22日(木) 13:15〜15:45

ご予約・詳細は画像をクリック!

 

AT Dance Proメルマガ

「教えるために役立つ10のヒント」

登録もどうぞ!

 → こちらから

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

指導者として 学び続けていますか?

教えること comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

あなたがダンス指導者なら

教師としての自分を磨くために
どんな学びを続けていますか?

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく
踊る! 身体のコツ&骨トレーナー 

そして 永遠の趣味のダンサー さちこです

 

ダンスを仕事にすることを選び
教師になったあなたに質問です

 

指導者になったあなたにとって
喜びや望み(願い)は何でしょうか

 

踊ることの楽しさを人々に伝えること
自分の生徒が成長する姿を見ること
生徒が増えて教室が順調に運営できていること
自分も健康で踊り続けていること

 

ダンスを通じて 世界をハッピーに♪

なんていうのもあるかもしれません


ダンス指導者としてのあなたの強みは何でしょう

 

なんたってダンスが上手い!

そのダンスの専門知識がある

それから・・・?

 

教師になってからは

指導者としての自分を磨くために

どんな学びを続けていますか?

 

ベテラン先生のレッスンを受けて

自分のダンスをレベルアップする

 

では「教える」ことのスキルアップのためには

何か取り組んでいますか?

 

多くのダンスは 資格や教授法は確立されていません

優秀な野球選手が 優秀な監督とは限らないように

ダンスが上手で人気があっても

教えることが上手いとは限りません

 

あなたは自分の感覚で教えていませんか?

生徒を頑張らせていませんか?
理想形を押し付けていませんか?
生徒に触れるとき、急に無理に動かしていませんか?
生徒の ”間違いを正そう” としていませんか?

 

どこか痛めたり故障したりしていませんか?
身体をどのくらい知っていますか?

 

教師でいることにストレスを感じることはありませんか?
生徒はのびのびと成長していますか?

 

 

4月から指導者向けのAT Dance Proを始めます
第2・4木曜の13〜16時

2つのプログラムで開催します


・どういう視点で生徒を観察するか
・どういう言葉をもち提案するか
・どういう態度で教え、生徒とコミュニケートするか
・教えるために必要な身体の情報

・自身の健康管理について

 

ダンスの教授法や指導法ではありませんが
あなたの指導者としての活動に

さらに磨きをかけるための
最善の学びを提供します

 

あなたのレッスンは より楽しく

より安全で効果の高いものになるでしょう

あなたは個々の生徒の能力を引き出すための
より明確な視点と言葉、態度

生徒からの信頼

教えることへの自信を手に入れます!

 

どんな学びになるのか・・?
興味がある方はこちらから登録してください
https://maroon-ex.jp/fx43102/atdance4

 

あなたがダンス以外の指導者

ヨガやピラティス、ジャイロキネシス
各種スポーツやエクササイズなどの指導者でもOKです

 

あなたと あなたの生徒のダンスライフが
ともにハッピーでありますように

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

生徒に動きをうまく伝えられないとき

教えること comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)
こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく
踊る! 身体のコツ&骨トレーナー さちこです

今日はトミー・トンプソンさんのワークショップ
今年もたくさんの学びをいただくことができました
というか 毎回聞いていたことが
ようやく自分の身体におちてきたという感じかも

そんな学びは皆さんへのレッスンに活かすとして
皆さんに関係ありそうなトピックをシェアしますね

ダンス教師が生徒に動きを教えるとき

言葉で説明しても 動きを見せても
生徒が思うように動いてくれないと
「あ〜 なんで上手く伝わらないんだろう!」
って思いますよね



質問した彼女が最初に思っていたことは
生徒に伝えられないのは
”その動きを自分がわかっていないから”
うまく説明できないのでは
 ということでした

トミーさんは まずその場を設定して
彼女が動きを教えるところを見ました
私は生徒のグループに入って 一緒にやりました(^_^)

先生役の彼女は動きをゆっくりやって見せて
それを私たち生徒が一緒に真似します
簡単な動きから始めて 少しずつ動きを大きくします

その様子を見ながらトミーさんは
「もっとゆっくり動いて もっとゆっくり」
「生徒の動きをよく見て
 生徒が動きについてきているのを見たら
 少しテンポをあげていこう」

たしかにゆっくりになると より動きが見えるし
自分との違いも確認しやすくなりました
生徒として 自分で学ぶゆとりができました


「こうやるのよ!」

教師が結果(最終形)を伝えようとしたら
どうやってその動きをやっているのか
動きのプロセスは伝えられません
生徒の動きの結果だけを求め 見ていたら
生徒がプロセスをわかっていないことに気づきません


それは ATで言うところの
「エンドゲイニング(目的・結果指向)」

でも その動きをやるためには
十分な時間をとって プロセスを学ぶ必要があります
ダンスは 見て真似しながら覚えるものですから
じっくり見れる環境をつくりたいですね

レッスンという限られた時間の中で
大勢の生徒を一緒に教えていると
どうしても 結果を急ぎたくなってしまいます

でも 良いことわざがありますよ
「急がば回れ」

できていない という結果だけにとらわれずに
「何が どこがわかっていないのか」
そのことを見るゆとりを
先生も自分にとってあげましょうね☆



ダンスに限らず 親が子に何かを伝えるときも
これって似ているかな〜って思います
言われたからって すぐにできるわけじゃありません
受け取ったことを咀嚼して飲み込み
消化する時間が必要
なのです

今の世の中 やたら便利になってスピーディになって
その分 みんないつも追われて急いでいます

でもね
ほんの少し時間をとってみませんか
相手のために
そして自分のためにも(^_^)b



どうやって伝えるかは 
自分が体験すると より明確になりますよ☆

【テーマWS「動かしたい場所だけ動かしたい!」】
 3月26日(土) 11:15〜13:45 新宿マイスタジオ6C

【身体を活かす使い方 3月】
 3月23日(水) 14:15〜15:45
 3月28日(月) 19:15〜20:45

【身体を活かす使い方 4月〜】
 4月4日(月) 16:15〜15:45
 4月11日(月) 19:15〜20:45
 4月13日(水) 14:15〜15:45
  すべて新宿マイスタジオ6C

4月からは3つのクラスでそれぞれ月に2回です
継続して学べるお得なコースもあります

【踊る身体の骨&コツレッスン 1Dayワークショップ】
 4月30日(土) 12:30〜18:30 新宿マイスタジオ5C
  ☆3月末までのお申し込みは早割!


すべてのご予約&詳細は こちらからどうぞ
https://reserva.be/atdanceyoyaku

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

トミー・トンプソンさん来日

教えること comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)
USE は YOU
ユース(使い方と訳すけど)とは あり方・存在

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく
踊る! 身体のコツ&骨トレーナー さちこです

今日はダンスではないお話ですが・・・
今年もトミー・トンプソンさんが来日しました
(まだ次もあるので ハグはしたけど写真は撮ってないよ〜)
今日は卒業しても参加できるトレーニー&教師クラス(有料ですが)
ありがたいことに土曜日だし これは逃すまい!ってことで
がんばって早起きして朝から行ってきました

目黒のスタジオに行ってみると なんとほとんどが古い人(笑)
やっぱりトミーのレッスンは受けたいですもんね!
(逆に トレーニーさんは少なくて意外でしたが)
例によってとても深く濃厚な3時間でした

そして ”アレクサンダー・テクニークを教える”ということを
あらためて深く考える時間にもなりました
今まで何度も聞いている言葉も 自分の中に重ねた経験とともに
より意味が深まっていきます

アレクサンダー・テクニークで学んでいくのは
何かを「やろう」とするのを「やめる」こと
でも誰もが何かを体験してそれでOKと思うと
今度はそれをやろうとしてしまう
「正しい体験 やり方」をするのも 生徒の望みの一つなので
「正しくやろうとする」をしないようなことが
学びのプランの中には必要なのですね

生徒が今している「体験」ではなく
自分に起きていることへの「気づき」に焦点をあてるように
そして 自分が思う”アレクサンダー・テクニークの世界”目線でなく
生徒そのもののあり様をただ見て
生徒の望みに寄り添い 尊重すること

他の人からの質問の答えも含めて 今日の学びはこんな内容ですが
思いあたることはいろいろとあります
以前ユズルさんのWSでも いろんなプランに対して
「それは”やり方”だからね」って言われたことがありました
プランは ぎゅ〜をさせないためのものでもあるのだけど
そこにまた「Doing」が入ってしまう可能性はもちろん大ですね

あと2回トミーさんのレッスンに参加する機会があるので
さらに深めていきたいです(^_^)

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM