腕や脚を長く使うには・・

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

もっと腕や脚が長かったら・・!

 

最近の若い皆さんは長い腕や脚をお持ちですが

昭和生まれの大人ダンサーな私たちは・・ね(^^;

 

長さは変わらないけど

せめて「長く見せる」ように

使い方を工夫したいですよね

 

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

 

腕や脚を長く見えるように使うために

大事なポイントは2つ

 

●腕や脚はどこから始まっているか

 正しいマッピングをもつ

 

つけ根というのは 軸とつながる場所

腕なら肩ではなく 鎖骨の内側

 

脚は パンツの線のあたりではなく 

股関節はもう少し上にあるし

軸とつながっているのは 仙腸関節です

 

そこから先端までが腕や脚の長さ

始まりが違うと 長さが変わるだけでなく

動きやすさもアップします!

 

 

●スパイラルのつながりで動く

 

まっすぐ伸ばそうとしないで

スパイラルを使うと もっと長くなります

 

==ちょっと実験です==

手を肩のところから すっとまっすぐ

遠くに伸ばします

 

一度戻してから 

今度は少しだけねじりを加えながら

前に遠くに伸ばします

 

どんな違いを感じますか?

 

まっすぐの方は 少し突っ張った感じや

腕に力が入る感じがしませんか

 

スパイラルのねじる動きを入れると

動きも ”すっ”じゃなくて”にゅ〜”

にゅ〜って感じしません(笑)

指先は突っ張り感なく遠くへと

伸びていったのではと思います

 

 

脚も同じです

まっすぐ伸ばしていくのと

少し外にねじるように出すのでは

伸び具合が違うでしょ(^^)b

 

バレエでもアンデオールしますよね

 

さっきの写真にスパイラルを描くと

こんな感じ

 

まぁちょっとわかりにくいけど(^^;

 

右腕は外向きのスパイラル

左腕は(描いてないけど)内向きのスパイラル

 

腕や脚だけでなく 胴体も全部

スパイラルでつながっているでしょ

身体ってそういうものなのです

 

 

スパイラルのつながりを活かすには

もちろん「きらめく☆」

アレクサンダー・テクニーク使って

楽な首とフワッと自由で高い頭を思い出します

 

そうすると 首から背中の力みが減って

肩甲骨が自由になります

 ↑

これ 腕が長くなるために必須!!

 

 

背面が長く広くなると 腰が楽になって

骨盤が自由になります

 ↑

これも 脚が長くなるために必須!

骨盤(寛骨)は脚ですから

 

あとは ちゃんとした”つけ根”の場所から

にゅ〜っと長くなっていくなら

あなたの腕や脚も もっときれいに見えます

長くなると 少し細く見えますしね♪

 

 

腕や脚を長くみえるように使うには

「きらめく」とスパイラルがポイント☆

 

どんなふうにスパイラルはつながってるの?

 

そこんとこは ご自分の身体で

スパイラル体験しにいらしてください

巻いてみると めっちゃよくわかります♪

 

 

身体のつながりから動きを良くする

■ダブルスパイラル・ムーヴメント 体験WS

7月15日(月・祝) 13:20〜17:40

新宿マイスタジオ

 

 

(これは札幌WSのとき)

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

やっぱり動きはカーブとスパイラル(^^)b

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

今日は市川(千葉)でのDSM体験

GW後半のど真ん中にもかかわらず

来てくださった方

ありがとうございました💖

(今回は顔出しNGで写真ないです)

 

お二人だったので じっくりたっぷり♪

ていねいに体験を深めることができました

 

お一人は腰痛があって動けないかも・・

なんておっしゃっていましたが

カーブとスパイラルに沿っていくと

 

「うわ〜! 楽だし、痛くない!」

 

自然な動きを止めていたことや

身体に合わない動きをしていたことが

腰痛を起こしていたことに気づき

「来て良かった〜!」と

 

いつも頭が先頭で

脊椎は長くなりながらついていきます

それは 脊椎動物の動きのシステム

一番自然な動きをDSMでは学びます

 

 

どのレッスンもそうですが

基本的には生徒さんのやりたい動き

気になっていることに沿って

内容を深めていきます

 

今回はバレエのエカルテの上げる脚

 

まず立っている時の軸の流れ

スパイラルを使ったパッセから

ひざを伸ばしていくときのつながりと

足の方向性などを

スパイラルを使って確認しました

 

 

身体の流れに合った使い方をすれば

無理なく動けるだけでなく

良い張りがうまれて ラインが美しくなります🌟

 

 

「すべての動きはカーブとスパイラルでできている!」

 

あらためて実感しまくった1日でした(^_^)

 

次は夏くらいに東京でWS考えてます

 

普段のレッスン

身体を活かす使い方 アレクサンダー・テクニーク

こちらでも 質問があればご紹介しますし

必要があればレッスンの中で取り入れます

 

気になった方はまずレッスンへどうぞ☆

個人レッスンも承っています

 

■身体を活かす使い方 アレクサンダー・テクニーク

 → 詳しくはこちら

 

最初は5〜10回続けて受けることをお勧めしています

チケットや3ヶ月コースなどもご利用ください

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

背中の硬さが気になる人は・・・

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

丸くなるのが苦手・・

背中が鉄板のように硬い

 

丸くなるわけではなくても

上体が前に倒れるときに

(お辞儀や前屈、下を向く)

脊椎で起きてほしい動きがあります

 

そこが動いてくれないと

丸くなることも難しくなっちゃうんですね!

 

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

バレエの人は特に丸くなる動きに

慣れていないせいもあって

「硬いなぁ」と感じているかもですね

 

姿勢を良くしておきたい人

いつもまっすぐでいたい人

 

いつも背中側が縮んでいるから

使いたいときに動かせなくなっています

 

イスに座っていても 立っていても

そこから少し前に上体を倒してみてください

どこが前に動いていますか?

 

アゴとか胸 お腹ではありませんか?

座っていたら 脚の付け根が縮んでいませんか?

 

 

やっているのはたぶんこんな動き

前にカーブしている 首と腰は

ただ前に倒れているだけですね

 

 

起きてほしい動きの方向はこれではなく

ちょっと違っているのです

 

前回 こんな記事を書きました

気持ちよく反るためには 脊椎を長く使う

 

背中を縮めるのではなく

前側が長くなっていく

頭のてっぺんの方に脊椎は長くなっていく

 

丸くなるときもこれは同じです

 

前側が縮むのではなく

背面が長くなっていく

頭のてっぺんの方向に脊椎は長くなります

 

こんな感じ

背面の矢印の方向は逆転していますよね

 

 

 

これは DSMの最初にやる

「センター8」の流れです

 

 

脊椎が動きやすいように

椎間板がふっくらするために

まず 頭は一番上にふわっとのせます

 

そこから 首のてっぺんで

頭が前に転がるように動き始めると

首の後ろが後ろの上に長くなり

 

頭のてっぺんがだんだん下を向いて

その方向に動いていくと

脊椎は長くなりながら頭についていって

背中の下の方も後ろの上に向かって

少し骨盤が後傾する感じで

腰も長く広がっていきます

 

丸くなるのはこういう動き(^^)b

 

 

お辞儀するときとか

フラットバックで股関節から上体を倒すとき

スマホを見るために下を向くとき

立ち上がるために少しだけ前傾するとき

 

同じ動きの流れです

 

まず一番上の頭が少し前に転がって

首の後ろが長くなって

背中の下の方が少し後ろにいくように

腰も長くなっていきます

 

だけど多くの人がやるのは

「まっすぐを保とうとして」

胸やお腹を前に出してしまうこと

そして背面(腰)を縮めてしまいます

 

逆なんですね!

 

 

この動きができるようになると

腰がずっと楽になります

それから 胴体がもっとしなやかに動きます

全体の動きが柔らかくなります

 

 

ぜひご自身で体験しにいらしてください☆

脊椎がたくさん動くようになると

ダンスはもっと楽しくなりますよ♪

 

次回のDSMの体験ワークショップ

5月4日(土) 13〜17時です

 

場所は市川です

秋葉原から20分くらいなので

どこからもアクセスは良いです(^^)

 

ご予約詳細はこちらから☆

■ダブルスパイラル・ムーヴメント 体験WS

5月4日(土) 13〜17時

 

■身体を活かす使い方 アレクサンダー・テクニーク

こちらもどうぞ☆

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

気持ちよく反るためには 脊椎を長く使う

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

反る動きで首や腰が痛くなる

思うように反れない

とにかく苦手!

 

そういうあなたは

反る動きは後ろに倒すこと

背中を縮めることって

思っていませんか?

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

 

反るのは 脊椎の動きです

それはわかりますよね

 

反る動きが苦しくつらいものになるか

楽でのびやかなものになるか

 

それは 動きの方向によります

 

スタートがどういう体勢だったとしても

苦しくつらい反り方は

・頭を後ろに倒して首を縮める

・腰を縮める

・背中のカーブを前に押す

 

こういう方向に動こうとしています

うつ伏せからただ腕で押し上げてしまうと

苦しい動きになりますね

 

 

 

 

一方で 楽でのびやかな反り方のときは

・頭はてっぺんの方へ

・頭がいく方向に首は長くなっていく

・背中の下の方から腰にかけても

 頭の方向に長くなっていく

・肋骨全体が上を向く

 

こんな感じですね

 

 

1番の違いは頭が動いていく方向

後ろではなく てっぺんの方向です

 

首や腰は つぶれて短くなるのではなく

伸びながらカーブしていきます

頭に近い側から順番にです

 

 

脊椎には 前と後ろにカーブがあります

いわゆる「S字カーブ」ですね

 

後ろのカーブは背中(胸椎)や仙骨

(DSMでは後頭部も後ろカーブと考えます)

これらは あまり動かない場所です

カーブの変化が少ないです

 

反るにしても丸くなるにしても

動きをつくるのは 前にカーブしているところ

カーブが長くなりながら動きをつくります

 

ヘビの動きをイメージしてみてください

カーブしながら頭がいく方に進んでいきますよね

 

 

 

まず 脊椎がしなやかに動けるように

頭のてっぺんと坐骨を結ぶ軸が長くて

首が楽で 頭はふわっと一番上にのせます

 

目線が上がっていくと

脊椎の上で頭が後ろに転がります

のどの前が長くなりはじめます

頭はてっぺんが向く方に動いていくと

脊椎は上から順番についていきます

 

のどの前が十分に長くなったら

胸骨(肋骨の前側)もついていきます

 

頭はずっとてっぺんが向く方に動き続け

脊椎は上から順番に

肋骨が骨盤の恥骨から離れて

お腹が長くなっていきます

 

 

こうして 頭についていきながら

脊椎の前のカーブが長くなっていくことで

首から胴体の前面が長くなっていく

反ることが楽にのびやかにできます

 

言葉としては「後屈」とも言いますが

後ろを縮めることや

後ろに倒すことではないのですね!

どちらかというと「前伸」です(^^)b

 

 

丸くなるときも 実は同じような動きです

それは次に書きますね

 

 

楽な首で 頭が動いて全体がついていく

これが身体にとって一番自然な動き方

 

あなたも体験しにいらしてください

 

■身体を活かす使い方 アレクサンダー・テクニーク

水曜日にグループレッスンを開催しています

 

 → ご予約・詳細はこちら

 

脊椎のカーブとスパイラルを使って

自然で無理のない姿勢と動きを見つける

■ダブルスパイラル・ムーヴメント 体験WS

 4月29日 横浜 → 詳細

 5月4日 市川(千葉) → 詳細

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

スパイラルだと腕や脚が長くなる♪

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

「まっすぐに動かすよりも

 スパイラルだと腕が自然と長く使えます!」

 

 

巻いてみて良かった〜♪

 

週末は札幌でのワークショップ

●ダブルスパイラル・ムーヴメント(DSM)

●踊る身体の骨&コツレッスン

二本立てでお届けしました☆

 

 

DSMでは 頭からつながる脊椎のカーブを

いろいろ動いて体験します

脊椎のしなやかな動きは

いつも頭から始まります

 

スパイラルのつながりを

感覚的につかんでいただくためには

包帯をくるくる巻いてみます

 

「シングルとダブルでは 動きやすさが全然違う〜!」

 

試してみると すごくよくわかります

 

 

今回は腕にも巻いてみたのだけど

これが思いのほか良くって・・♪

 

皆さん 腕が指先まで自然に長くなって

それはもう きれいな動きになってました

 

 

タンデュとかの脚の動きもね

まっすぐシュッて出すよりも

スパイラルのイメージがあると

楽に長く使える!と好評でした♪

 

この日は全体的にワイワイと

発見を楽しむ時間になりましたね〜

 

 

カーブもスパイラルも 頭からつながります

頭が楽に動けるところから始まります

それが 身体のシステム

それを使うのがアレクサンダー・テクニーク

 

余談ですけど 日曜の深夜にBSプレミアムで

パリ・オペラ座350年記念ガラをやっていたのね

現代作品を踊った男性ダンサーが

動きのつながりが 首までで途切れていて

あぁ惜しいなぁ・・と思ってしまったのです

相手の女性は 頭からのつながりで

とてもきれいになめらかに踊っていました

 

女性はエトワール

男性はプルミエだったので

そこが差なのかな〜とも

 

 

2日目は踊る身体の骨&コツレッスン

自分の身体を動いて触れて

再発見していきます

 

この日は 個々に体験を味わうというか

静かめに進んでいきました

参加する方によって雰囲気は違いますね(^^)

 

目からいっぱいウロコを落として

身体感覚を新しくできたようです

今度動く時に ぜひ思い出してくださいね☆

 

 

GWのワークショップは

■4月27日 東京 アレクサンダー・テクニークWS

■4月29日 横浜 ダブルスパイラル・ムーヴメント

■5月4日 市川 ダブルスパイラル・ムーヴメント

 

お待ちしております

 

 

ご参加いただいた皆さん

ありがとうございました💖

 

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

どんなに反っても ここは丸いんです(^^)b

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

上体を反るときに首がつらい

(頭が落ちてしまう)

骨盤の動きで腰を反るときに

お尻が抜けてしまう

 

そのときは カーブを思い出しましょう

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

先日の福岡WSで正式お披露目した

「ダブルスパイラル・ムーヴメント(DSM)」

 

2種類のカーブとダブルスパイラル

この身体のつながりを活かして

もっと楽でスムーズな動きを実現しよう

そんなプログラムです

すべての姿勢や動きは

カーブとスパイラルでできています

 

 

たとえば反る動き

上を向くように胸から上を反るものと

骨盤を動かすときの 腰を反るもの

2つのタイプがありますね

 

このとき起きやすいのが冒頭にあげた

・首や腰がつらい

・頭が落ちてしまう

・お尻が抜けてしまう

というもの

 

これを解決するためには

脊椎のカーブをどう使うかがポイント

 

 

カーブと言ったら脊椎ですね

前と後ろ 2つのS字カーブがあります

でももう一箇所

後ろにカーブしているところがあります

 

さて どこでしょう

見えましたか?

 

 

後ろにカーブしているのは・・

 

背中(胸椎)と

お尻(仙骨・尾骨)

 

そして・・

 

 

頭蓋骨!(後頭部)

 

両端のカーブは後ろで

先端は前に向かっています

 

胸から上を反ったとしても

後頭部の後ろカーブから

流れは前に向かっています

 

お尻を後ろに突き出したとしても

尻尾の先はやっぱり前に向かっています

 

頭・肋骨・骨盤とそれをつなぐ脊椎

この関係性の中で

いろんな流れとつながりがありますが

先端の方向は変わらないのですよ

 

 

この後頭部の後ろカーブは

DSMのベースになっている

「ダート・プロシージャ」のWSを受けたとき

えりこさんに教えていただきました

ありがとうございました💖

 

 

そこにある身体の真実

これを尊重して使ってあげれば

身体はもっと楽にスムーズに動きます

 

AT Danceではその方法を

さまざまな視点からお伝えしています

 

あなたの身体に合った姿勢と動きを見つける

あなたの身体と動きの可能性を開くレッスン

ぜひ体験しにいらしてください

 

レッスンの詳細・ご予約はこちらから

 → https://reserva.be/atdanceyoyaku

 

 

今週末は大阪にうかがいます

関西方面のみなさん お待ちしております☆

 

■ダブルスパイラル・ムーヴメント 体験WS

2月23日(土)13:30〜17:30

スタジオ1000(大阪・梅田)

 

 → 詳細はこちら

 

■身体感覚アップデート講座 「軸と脚のマッピング」

2月24日(日)13:00〜17:30

桜井ダンスアカデミー

 

 → 詳細はこちら

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

スパイラルで立ち方も変わる☆

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

「体全体がつながっていることが

 実感できました。」

 

「すべてが役に立ちました!」

「受けて良かった!」

 

わぁい、良かった〜💖

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

16&17日と福岡でのワークショップ

無事に 盛況に終わることができました

ご参加いただいた皆さん

ありがとうございました💖

2日間 とにかくいろいろと動きながら

たくさんの体験をしていただきました☆

 

 

特に16日は 私としても初めての

「ダブルスパイラル・ムーヴメント(DSM)」

昨年デモクラスはやったのですが

正式なものとしては初だったので

皆さんがどのくらい興味をもってくださるか

いろいろ心配な部分もあったんですけど・・

 

結果は大成功でした☆

 

あらためて これは良いわ〜!と自画自賛(笑)

アレクサンダー・テクニークを使うにも

具体的にわかりやすくなると思います

 

 

資料を作りながら 自分の中でも

「そういうことだったのか!」って思っていた

センターの8の字から脚につながるスパイラル

それを使って立つこと

 

これは本当に新発見&新感覚だったようで

 

「身体が全部つながってる」

「床がちゃんと押せてる」

「安定感がすごい」

 

皆さん驚きの連発でした!

ちょっと私もびっくりの反響でした♪

 

ひざを伸ばして立つことも スパイラルなのです

そしてたぶん あなたが思っているのと逆方向です(^^)b

 

 

カーブとスパイラルの流れを尊重した立ち方

これは アレクサンダー・テクニークでの

「きらめく」のお願いにつながります

ここから動き始めると何かが変わります

 

 

これは何をやってるのでしょう(笑)

プリエもスパイラルに沿うと きれいで楽です

 

スパイラルは ダブルなのも大事なところ

前後・左右

両方が一緒にはたらいているからこそ

全体が長く広いままで動けます

張りがあって しなやかで

のびやかに動くことができますよ♪

 

 

17日のアレクサンダー・テクニークの方では

思っていることと身体の動きが

どうつながっているのか

そのあたりも深めていきました

 

「動こうと思って自分の内に意識しすぎていた」

(愛香さん ジャズ)

「考えすぎてかたまっていた。

 やりたいのにやれないように使っていた。」

(R.A.さん バレエ)

 

そうなのですよね

自分で自分を縛っていること

自分を窮屈にする考えがたくさんあります

でも もっとシンプルで良かったんですね💖

 

 

古い教えや価値観

思い込みや勘違いがつくった習慣で

いつまでも自分を縛っておかないで

そろそろ解放してあげませんか🍀

 

あなたの身体と動きには

まだまだ可能性がありますよ(^^)b

 

 

今回いただいた感想では

「痛みを抱えている人に勧めたい」

という言葉を多くの方が書いてくださいました

私の想いとつながっていて嬉しいです

 

最後に 前回に続いてご参加いただいた

朱さんからのコメントです

 

「先生のおかげで自分の体に興味がもてて

 大事に使おうと思うようになりました。

 知れば知る程、自分の体への愛着が湧いてきます。

 人間の体ってスゴイ!!の一言に尽きますね。」

 

 

あなたもどうぞ自分を大事に使って

いつまでも好きなダンスを続けてくださいね💖

 

 

「ダブルスパイラル・ムーヴメント」

来週23日は大阪で

3月21日は東京でワークショップがあります

ご参加お待ちしております☆

 

■大阪WS

「ダブル・スパイラル・ムーヴメント(DSM)」1日体験講座
2月23日(土)13:30〜17:30
スタジオ1000 NY

 → 詳細はこちらから

 

■東京WS

「ダブル・スパイラル・ムーヴメント(DSM)」1日体験講座

3月21日(木・祝)13:20〜17:40

新宿マイスタジオ

 → 詳細はこちらから

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

スパイラルがわかると 動きがスムーズです

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

頭と胸と腰(骨盤)がそれぞれに動ける

 

だから え〜っていうポーズもできるし

いろんな動きができるわけです

それがダンスになるのですよね!

 

これもスパイラルのおかげなのです

 

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

以前このタイトルで記事を書きました

「動きはカーブとスパイラルでできている」

 

私たちの身体は 脊椎を中心とした

骨がつくる前後のカーブによるバランスと

斜め方向につながる筋肉

それから 腕や脚の関節がつくる方向性

これらの組み合わせで動いています

 

胴体にある3つの大きなパーツ

頭・肋骨・骨盤

これらは それぞれが違う方向に動いて

さまざまなポーズや動きをつくれます

 

このときに意識したいのが

2種類のカーブとダブルスパイラル

流れに逆行した 詰まったスパイラルは

動きにくさの元になります

 

 

骨盤のなめらかな動き

これはフラダンスやベリーダンスに多いですね

 

ヒップロールするときも

横に8の字を描くような動き

脚の動きも一緒につけるような

腰から下をねじる動きなども

 

スパイラルの流れを意識することで

動きがなめらかにつながるだけでなく

全体の身体の使い方もわかりやすくなります

 

 

 

 

バレエでは なんといってもアンデオール

これもスパイラルです

 

楽な首とフワッと高く自由な頭

そして2種類のカーブがつくる

自然なバランスのつながりが

脚のアンデオールに続いていきます

 

この流れがわかってくると

無理やり力でつけ根を回す(開く)

必要がなくなりますよ

 

 

身体や硬さに悩んでいる

動きのぎこちなさが気になる

やりにくいポーズがある

なめらかにできない動きがある

 

そういう人は このDSM

ダブルスパイラル・ムーヴメント

ぜひ一度受けてみてください

姿勢や動きの基本の見直しに役立ちます

 

今年は各地で1日体験WSを開催します

アレクサンダー・テクニークとともに

こちらも受講してみてくださいね☆

 

■ダブルスパイラル・ムーヴメント 体験WS

*2月16日 福岡

 13:30〜17:30 

 → 詳細はこちらから

 

*2月23日 大阪(ベリーダンス向け)

 13:30〜17:30

 

 → 詳細はこちらから

 

*3月21日 東京

 13:20〜17:40

 → 詳細はこちらから

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

ボディウェーブ系の動きは カーブを活かす!

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

身体をなめらかに

波のように動かしたいのに

どうしても硬くなってしまう

 

そこは身体のカーブを使いましょう

 

こんにちは

あなたの身体と動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

 

「動きはカーブとスパイラルでできている」

先日そんな記事を書きました

腕の波打つ動きを取り上げましたね

 

今回は身体の前後のウェーブを見ていきましょう

ベリーダンスではアンジュレーション

ジャズやストリートダンスでは 

頭から動きが始まるドルフィンです

 

 

アンジュレーションは

胸を上げながら前の足にのって背中がアーチ

後ろの足に戻りながら 骨盤の方に丸くなる

そんな波打つような流れですね

 

そのときやりがちなのが

胸を上げるのに必死になること

 

行くばっかりで戻らなかったら

動きを繰り返すことはできませんよ!

波は寄せては返すものです

(これ、どんな動きもそうです!)

 

顔を前に向けておこうとして

頭を止めてしまうのもよくないです

 

頭を止める=首に力が入る

でもこの動きは脊椎の動きですね

首は脊椎の一部ですから

そこを止めたらこの動きはうまくいきません

 

 

アレクサンダー・テクニークをベースにした

「ダブルスパイラル・ムーヴメント」

この動きをひもといてみましょう

 

身体には前後2種類のカーブがあります

この連なりでバランスしています

 

脊椎の4つのカーブと筋肉のつながりから

頭と胴体の間で8の字の流れがあります

 

 

胸が上がることで 8の字に沿った動きが起き

上がりきったら 次は逆転

背中が上がりながら お腹が続きます

 

 

実際には首からこの動きは始まっています

顔が前を向いたままで 

胴体が前後に波打つわけですからね

首の頸椎から全体が動いています

 

 

だからまず ”きらめく”

アレクサンダー・テクニークです

自分の首が楽でやわらかくなって 

頭が脊椎の上で自由に動けるように

自分に「動けるよ」の指示を出します

 

首が楽になっていれば

顔が前を向いたままでも 胴体は前後に動けます

もちろん脊椎全体は 椎間板もふっくらして

長く動きやすくなっています

 

やりたい動きの流れがはっきりわかっていれば

楽な首とふわっと自由な頭があれば

けっこう身体は動いてくれます

 

でも イメージがあいまいという人は

さっきの流れをイメージしてみてください

 

 

うまく波にならないときは

赤線で描いた 戻ってくる動きがつながっていません

 

そして そういうときは首が止まっています

首に力が入るとき

だいたいは後ろ側が縮みます

背中から腰にかけても 同じように縮みます

だから 背中が上がってくる動きは

やりにくくなります

 

楽な首と ふわっと高く自由な頭

この 戻ってくるときの背面の動きが

自然に起きてくるのを助けてくれます

 

 

動くときに大事なのは 

”動きながら確認しない”こと

 

どんな動きでもそうですが

動きながら

「今ちゃんと動いているかしら」

「これで合っているかしら?」

確認したい気持ちがあると

身体には力が入って思うように動きません

 

だから やるときはただやってみる

楽な首と 頭がふわっと高いこと

それだけ思ったら とにかくやってみる

 

余計なことを考え始めると必ず緊張が起きます

動かそうとも考えずに

ただ 自分が波になって揺れましょう(^^)b

 

 

ジャズダンスやストリートの「ドルフィン」

頭が前に転がる動きから始まります

イルカちゃんですからね🐬

 

先に頭が前に転がって首の後ろから背面

つまり 赤のラインの動きが先に起きます

 

「スネイク」は横のウェイブなので

ここにスパイラルが加わります

 

 

「ダブルスパイラル・ムーヴメント」

カーブやスパイラルのつながりが理解できると

”なんとなく”だった姿勢や動きが

より具体的になるだけでなく

身体にとって自然で無理のない動きに変わります

 

実際に動きながら体験してみてください

以下の日程で 体験WSを開催します

大阪は一番下にチラシも掲載しています

 

■ダブルスパイラル・ムーヴメント 体験WS

2月16日(土) 福岡WS

 13:30〜17:30

 → 詳細はこちらから

 

2月23日(土) 大阪(ベリーダンス向け)

 13:30〜17:30

 → 詳細はこちらから

 

3月21日(木・祝) 東京WS

 13:20〜17:40

 → 詳細はこちらから

 

こちらは大阪WSのご案内

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

動きはカーブとスパイラルでできている

ダブルスパイラル・DSM - - さちこ(HN:寝子)

どうも動きがカクカクする

力でがんばらなくてはできない

ポーズを保つのがつらい

 

それは 身体のつながりのしくみ

カーブとダブルスパイラルが

上手く使えていないんじゃない?

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

身体はすべて曲線と曲面でできています

まっすぐな骨はないし

関節面は曲面です

関節での動きの基本は”円運動”です

 

ダンスはいろいろな動きの組み合わせです

曲線と曲面でできた身体でできる動きは

カーブとスパイラルを組み合わせた動きです

脊椎のカーブと 筋肉のスパイラルのつながりが

さまざまな動きを作っています

丸くなったり反ったり

ねじったり波打ったり

 

カーブとスパイラルがつくる動きは

柔らかく しなやかです

でも 逆行した動きは窮屈で硬くなります

動けても なんとなく違和感が残ります

 

身体の動きの流れをつくる

カーブとスパイラルのしくみを上手に使うことで

さまざまなポーズや動きは より楽でスムーズになります

 

2種類のカーブと2組のダブルスパイラル

これらを活かして動きや姿勢を見直すのが

「ダブルスパイラル・ムーヴメント(DSM)」

新しいプログラムです

 

昨年いくつか説明の記事を書きました

よかったらこちらもご覧くださいませ☆

 → 記事一覧

 

 

骨(関節)と筋肉のつながりによって

身体には動きの方向や流れ

〜2種類のカーブと2組のダブルスパイラル〜

が生まれます

 

たとえば 腕のやわらかな動き

バレエの白鳥の羽ばたきを表現する腕の動き

ベリーダンスでは スネークアームですね

 

こういうのも ただ直線的に考えて

肩・肘・手首の関節の曲げ伸ばしで動くと

パタパタ カクカクした動きになってしまうし

動かしにくくなります

 

手のひらが下を向いているとき

腕には後ろから前に向かう

インサイドのスパイラルがあります

(イメージとしてはこんな感じ)

 

実際には肩甲骨の裏側から始まって

肘の内側 〜 手首の親指側

〜 手のひらの薬指方向

こんなふうにつながって 長くなっていきます

 

スパイラルの方向が逆になると

肘が落ちてしまいます

 

スパイラルに沿って長くなり続けながら

動いていくと 腕はもっと楽になります

 

 

もちろん 腕が動くときには

胴体にも動きがつながっていますね

この動きはスパイラルです

 

スパイラルは 頭と胸と骨盤が

それぞれで動くためのつながりです

ダンスには欠かせませんね!

 

左右が交互に上下するなら

胴体にはスパイラルの動きが起きています

(赤と青のライン)

 

 

両腕一緒に上下するときは

前後のカーブに沿った動きが起きます

(腕と一緒に肋骨が上がるので)

 

 

身体がもっているカーブとスパイラルの

つながりと流れを上手に使うことで

動きはもっと自然でなめらかになります

 

ただし・・!

そのときに忘れて欲しくないこと

 

こうした動きが自然に起きるためには

「首が楽で頭がふわっと自由」であること

”きらめく”を思うことが何よりも大事です

 

頭が止まってしまったら

胴体のスパイラルや 前後のカーブの動きは

思うようにいきません

 

胴体の動きは 本来は腕の動きについてきます

それを わざわざ動かそうとしたり

無意識に止めてしまったりすると

腕の方も動きにくくなります

 

 

そこで・・

アレクサンダー・テクニーク一緒に

ダブルスパイラル・ムーヴメント(DSM)を使う

 

そこがAT Danceのレッスンなのです☆

あなたの姿勢や動きの改善に

絶対に役立つプログラムです!!

 

2月16日 福岡WS あと4名!

2月23日 大阪WS ベリーダンス向け

3月21日 東京WS

ピンときた方はぜひチェックしてくださいね

 

■ダブルスパイラル・ムーヴメント 体験WS

2月16日 福岡WS あと4名!

 13:30〜17:30

 → 詳細はこちらから

 

2月23日 大阪WS(ベリーダンス向け)

 13:30〜17:30

 → 詳細はこちらから

 

3月21日 東京WS

 13:20〜17:40

 → 詳細はこちらから

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM