あなたの脊椎はどこまでありますか

身体のしくみ 頭・脊椎・軸 - trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

「首はどこまである?」

という記事で 脊椎の一番上を見つけましたね

じゃあ 一番下は?

 

今日はまた身体の思い出しですよ(^^)b

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

 

立って おじぎしたり

上を向いたり

丸くなったり

上体を横に倒したり

いろいろ動いてみましょう

 

この動きの一番下はどこでしたか?

どこまで身体がつながっていましたか?

指差してみてくださいね

 

そこが あなたが思っている

”脊椎の一番下”ということです

 

もしかしたら 腰あたりを中心に

骨盤より上の部分を動かしていませんでしたか

 

「骨盤を安定させる」

 

この意識が強いと

骨盤の上の端で分けたくなります

 

でも骨盤の中にも脊椎があります

尻尾の先までが脊椎で

 

 

あなたは無意識に 本当とは違う場所で

自分を動かしています

 

それが 動きにくさや

身体を痛める原因となります

 

自分が思っている自分の身体のイメージと

本当の自分の身体の構造

合っていれば踊りやすくなります

 

 

あなたも自分の身体を学びませんか

「踊る身体の骨&コツレッスン」

マスタークラスは2月から腕に進みます

2月は 肩甲骨や鎖骨周りを中心に学びます

速習コースは「腕全体」です

 

どちらも1回ずつの受講ができますので

お時間が合う方はお待ちしております

 

福岡出張ワークショップでは

2月17日に1Dayを開催します

 

■踊る身体の骨&コツレッスン

<マスタークラス>

 2月8日(木)11:15〜13:45

 2月21日(水) 14:15〜16:45

RESERVA予約システムから予約する

<速習コース>

 2月20日(火) 19:15〜21:45

RESERVA予約システムから予約する

 

<福岡ワークショップ>

 2月17日(土) 13:30〜17:30

RESERVA予約システムから予約する

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

首はどこまである?

身体のしくみ 頭・脊椎・軸 - trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

首はどこまで・・?

 

といっても 付け根じゃなくて

上はどこまでかってこと

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

この前「頭のてっぺん」の話をしました

 → 「頭のてっぺんはどこ?」

 

じゃあ その頭がのっている

首のてっぺんはどこでしょうか?

指差してみましょう☝️

 

 

後ろはわかるんです

骨と肉の境目がはっきりしてます

 

問題は 前から見たときです

さぁ 三択ですよ

 

 

 

もしや アゴの辺りを指しましたか?

そういう人は多いです

 

首のてっぺんということは

頭の一番下・底でもありますね

 

でも アゴはアゴで

頭ではありませんよ!

アゴを除くと・・・

頭の一番下はほお骨あたりですね

 

正解は真ん中の矢印です(^^)b

高さはわかりましたね

 

 

じゃあ 奥行きはどうでしょうか

頭をどの辺りで支えているでしょう?

また三択ですよ

 

 

 

頭を後ろの方で支えている

そんなイメージの人も多いですね

だって首の後ろに骨が触れるし・・!

 

でも 骨で見るとこんな感じ(^^)b

 

 

 

鼻の奥と耳穴の奥の交差点

その辺りが首のてっぺんです

 

あなたのイメージはどうでしたか?

 

 

”自分の”身体を知ると

もっとスムーズに 踊りやすくなります

ぜひ一度は身体のこと 学んでくださいね

 

■踊る身体の骨&コツレッスン

 速習コース(全3回) <頭と脊椎>

 16日(火) 19:15〜21:45

RESERVA予約システムから予約する

■踊る身体の骨&コツレッスン

 マスタークラス(全12回) <呼吸と声>

 17日(水) 14:15〜16:45

RESERVA予約システムから予約する

 

福岡ワークショップ

■踊る身体の骨&コツレッスン

 2月17日(土) 13:30〜17:30

RESERVA予約システムから予約する

 

メルマガ登録も忘れずに!

https://maroon-ex.jp/fx43102/atdance1

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

頭のてっぺんはどこ?

身体のしくみ 頭・脊椎・軸 - trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

頭のてっぺんを指差し確認!☝️

 

さて どこを指しましたか?

 

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキスト✨のさちこです

 

自分の身体をどう理解しているか

それが動きを左右しています!

 

さて あなたの頭のてっぺんは

どの辺りと思っているでしょう

 

つむじの辺り

 

・・ここ?

 

でもちょっと後ろですよね

 

 

てっぺんをココって思ってると

「上に伸びよう」としたとき

どうなるでしょうか

 

 

はい、後ろに引っ張り上げますね

そうすると何が起きますか?

 

バランスが崩れる

首の後ろが緊張する

全体のバランスのために胸が前に出る

腰が反ってお尻が出る

ひざが突っ張る

 

こんな諸々が必然として起きます

 

これ やりたいですか?

起きてほしいことですか?

 

たぶん違いますね

 

頭のてっぺんの位置が

少し後ろにずれていただけで

こういった「起きて欲しくないこと」が

勝手に起きてしまいます

 

逆に言うと 起きて欲しくないこれらの

そもそもの原因が 

頭のてっぺんの勘違い!

 

 

てっぺんはもっと前ですね

 

 

ほら・・・(^^)b

 

 

てっぺんがここなら

さっきの「起きて欲しくないこと」は

起きる必然性がなくなります

 

目印は ぐっと力を入れて押したとき

頭が押し返しても首がつらくない場所

壺をのせて運べる場所ね(^^)b

 

ほんの数cmの違いですが

全体には大きな違いですよ

 

 

◆身体がわかると 動きがかわる

 

「踊る身体の骨&コツレッスン」

こうした 身体の勘違いを解消して

自分の身体を 正しく使うためのレッスンです

 

全3回で”これだけは知っておきたい!”こと

学びに来ませんか?

 

「踊る身体の骨&コツレッスン 速習コース」

1月16日・2月20日・3月20日

毎月第3火曜19:15〜21:45

場所:市ヶ谷スタジオグロウ

RESERVA予約システムから予約する

 

 

全12回で じっくり全体を学ぶ

「マスタークラス」 (10月より開催中)

ビジター受講ができます

1月のテーマは「呼吸と声」

 

1月11日 11:15〜

1月17日 14:15〜

場所:新宿マイスタジオ

RESERVA予約システムから予約する

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

お腹ってどこ?

身体のしくみ 頭・脊椎・軸 - trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

素朴な質問なのですが・・

「お腹ってどこですか?」

 

締めたり引き上げたりしますよね

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

お腹っていうと おへそ周りとか下腹とか

なんとなく肋骨よりも下のあたりの

柔らかい部分というイメージ

漠然と持っていたのですよ

 

 

トップスで隠れてるあたりは「胸」

あれ・・その間は? 「胃」?

 

いやいや・・胃はお腹ですって(^^;

 

てことは 胸とお腹の境目はどこでしょう

 

身体の中を 胸とお腹に分ける場所

「横隔膜(おうかくまく)」

 

横隔膜は肋骨の下の方にあるドームで

このあたりにあります

あら・・けっこう上ですよね!

 

 

ということは そこから下がお腹

正式には「腹腔(ふくこう・ふくくう)」という

内臓が入っているスペースです

 

腹腔は 四方を筋肉で囲まれた

筒状の風船みたいなイメージで

天井が横隔膜ですね

 

そう思うと なんか引き上がる気がする!

お腹がそんなに高いところまであるって

ちょっとイメージがなかったです

 

このところの寒さで

身体が丸まりたくなってたのですが

なんだか胴体が伸びました(笑)

 

この支えはけっこう大きいですよ

胴体の2/3? 

そのくらいは腹腔 お腹ですよ!

肋骨の下半分は もうお腹なんですよね〜

そう思うと 胴体に安定感が増します

 

なんか イメージが変わったわぁ

身体って面白い(^^)

 

 

今月の「踊る身体の骨&コツレッスン」では

腹筋と体幹がテーマです

ビジター受講できますので

このエリアに興味がある方はどうぞ☆

 

「踊る身体の骨&コツレッスン マスタークラス」

20日(水) 14:15〜16:45

新宿マイスタジオ6C

RESERVA予約システムから予約する

 

 

マスタークラスは年間コースですが

1年続けるのは・・・という方のために

来年1〜3月で 全3回の速習コース

火曜日夜に開催します

 

まず大事なポイントを知っておきたい人!

こちらで学びましょう(^^)b

 

「踊る身体の骨&コツレッスン 速習コース」

1月16日・2月20日・3月20日

各回19:15〜21:45

市ヶ谷スタジオグロウ

RESERVA予約システムから予約する

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

腹筋は締めても 固めないでね(^^)b

身体のしくみ 頭・脊椎・軸 comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

腹筋を締めるのはいいけど

ぎゅ〜っと硬くしてませんか?

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

お腹を締めるって

ダンスの人は好きですよね

でも・・ 

締めすぎて動きにくくなっていません?

 

たとえば ねじる動き

これ スムーズにできる人少ないです

「ダンスABC」では立って座って

いろいろねじる動きをやるのですけど

多くの人が 首だけとか

腕だけが後ろにいって

胴体があまり動いていません!

 

 

お腹の部分が 骨じゃなくて筋肉なのは

動くためです

内臓を守って 安定もさせて

でも動く必要もあるからこそ

ここは筋肉なのですよ

 

筋肉は「動くため」にあります

 

骨の方がねじる動きをしたくても

筋肉がストップしていたら

それは困りますよねぇ(^^;

 

お腹を取り巻く腹横筋とかは

セントラルガードルとも言われます

ガードルです

腹巻きです

鎧みたいに固くない!

 

胴体がいろんな方向にねじれて

いろんな形になれるからこそ

自由に踊れるのですよ(^^)b

 

バレエや社交ダンスでは

形を崩してはいけないから・・と

思うかもしれないけど

あれだって 固まってるわけじゃないです

 

「ねじる」って 素晴らしい機能です

胴体において 肋骨と骨盤が

「違う方を向くことができる」

 

脚をあげる時も

 

ポーズをキメる時も

 

この構造と機能が活かされてこそ!

なにごとも

「過ぎたるは及ばざるが如し」

力は入れればいいってものじゃありません

 

筋肉は張りを持っていて

よく伸びるけど 元にも戻れる

これが良い状態(^^)b

 

まずスムーズに動ける自分を取り戻しましょう

 

ねじる動きがスムーズにできると

脊椎の周りの小さな筋肉がほどけます

脊椎全体が動きやすくなり

あなたの全体が動きやすくなります

 

今月から ダンスABCには

よりたくさん「ねじる動き」を入れてます

静かに ていねいに

頭のてっぺんから順番に動くこと

ちょっと地味な動きだけど

のびのびと 大きく動くために

きっと役立つ動きです

 

少しずつ 踊りやすい身体を作りましょう

 

■ダンスABC 踊りやすい身体作りとダンス基礎

11月のダンス基礎は「腕を横に上げる・足首の曲げ伸ばし」

14・28日(火) 19:20〜20:50

16日(木) 14:20〜15;50

RESERVA予約システムから予約する

 

■身体を活かす使い方 〜アレクサンダー・テクニーク

11月22日(水) 14:15〜15:45

11月16・30日(木) 19:15〜20:45

RESERVA予約システムから予約する

 

■踊る身体の骨&コツレッスン <2:脊椎の動き>

11月15日(水) 14:15〜16:45

11月21日(火) 19:15〜21:45

RESERVA予約システムから予約する

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

背中が硬くて反れない・・(>_<)

身体のしくみ 頭・脊椎・軸 comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

反るときに腰が痛い

背中が硬くて反れない

 

そう言っていた人も

楽にできちゃうのが

アレクサンダー・テクニークの不思議

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

本当は不思議じゃなくて

身体の流れに沿っただけですけどね

 

腰で反る

これは痛いです

 

たしかに腰椎は前にカーブしてるから

反りやすそうではあるけど

ここで反ったら痛めます

 

背中で反る

これは無理です

だって・・・骨を見てください

後ろに出ている”棘”の部分

下を向いてるでしょ

 

 

上の方は間隔が空いてるけど

前は肋骨がつながっていますよね

中に入っているのは・・・

そう 心臓と肺

生きるために大事な臓器です

 

一番反りやすい場所

それは 胸椎の一番下(緑の部分)

 

 

これは胸骨(肋骨の前でつながっている骨)の

一番下の突起とおへその

だいたい真ん中くらいの場所

いわゆる”みぞおち”のあたりです

 

ただし・・・

「そうなのね!」なんて

いきなりこの部分から後ろに倒したら

やっぱり痛くなっちゃいます

 

脊椎の動きは いつも上から順番です

そして てっぺんの方向へ

 

「きらめく」お願いして

頭のロックを外して自由にして

全体の準備ができたら

頭が後ろに「転がる」

その頭に脊椎が上からついていきます

それが一番楽で簡単♪

 

気づいたら 後ろが見えちゃった(^^♪

 

みなさん 自分でビックリします(笑)

あなたもやると きっと気に入りますよ(^^)

 

レッスンでお待ちしております❤️

 

9月18日は横浜にうかがいます!

敬老の日の祝日ですね

アレクサンダー・テクニークを使いながら

ダンスに必要な動きを

基本から見直していきましょう

8月25日までのご予約は早割!

 

【アレクサンダー・テクニークとダンスABC】

9月18日(月・祝) 13:30〜16:30

横浜 スタジオKaveri(横浜駅徒歩8分)

受講料 8,000円 (早割7,000円)

RESERVA予約システムから予約する

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

下を向くとき 頭の重さが・・

身体のしくみ 頭・脊椎・軸 comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

下を向くときに

顔が前に落ちていませんか?

 

頭が重くて・・首がつらい

 

それ もっと楽になりま〜す♪

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

上を向くときに

首が痛くなる人は多いですが

下を向くときも 

かなり首に負担をかけています

 

 

スマホを見ているときも

首のつけ根からガックン

前に落としている人多いでしょ

 

下を向くって どういう動きでしょう?

何がどっちへ動くのでしょうか

 

向くのは顔・・ですが

構造=骨で考えてくださいね

 

動くのは・・・頭

どっちへ?

 

前・・ではないですか?

下を向くために

”頭を前に動かす”・・?

 

これをすると 首は大変です💦

 

・首の後ろを固めたまま 前に落とす

・つけ根から折るように下を向く

・首だけで動かしている

 

つまり 頭がロックされた状態で

首という”部分”で動かしている

 

これは自然な動きではないですね

 

下を向く動きというのは

丸くなる方向の動きです

 

頭のロックがはずれていれば

首が楽で頭はふわっと自由なので

頭が前に転がる動きが起きます

 

さらに首の後ろが長くなって

首だけでなく 脊椎全体がついていって

背中も上の方に長くなると

下を向くことができます(^^)b

 

 

最初の”転がり”が肝心です!

いつも 頭が自由であるところから

全ては始まります

 

でも なかなか一番上から動けません

これはちょっと練習が必要です

 

もう一つ大事なのは

全体がついていくこと

 

多くの場合 首だけで動こうとします

脊椎は尻尾までつながっていますよ!

 

なのに 良い姿勢を保とうとして?

胴体がついていっていないのです

だって ついていくと

背中が丸くなった気がするんです

 

背中はまっすぐ起こしておきながら

頭は前に落ちようとする

それは首に負担もかかりますよ!

 

 

この最初の転がりは

立って下を向く

ロールダウンするときはもちろん

寝た姿勢からロールアップするとき

腹筋のエクササイズで上体を起こすときも

まずここから起きて欲しいです

 

そうすると 脊椎が一つ一つ

上から順番につながっていきます

なんたって 一番端は頭ですからね(^^)b

 

まず「きらめく」でロックをはずして

頭を転がすところから練習しましょう

 

レッスンでお待ちしております

 

■8月11・12日 夏の体験WS■

 

8月11日(金・祝) 13:30〜17:30

 身体の骨&コツレッスン

8月12日(土) 13:30〜17:30

 身体を活かす使い方 アレクサンダー・テクニーク

ご予約&詳細はこちらから

RESERVA予約システムから予約する

 

■身体を活かす使い方 アレクサンダー・テクニーク■

8月9・23日

 14:15〜15:45

8月17・24・31日

 19:15〜20:45

RESERVA予約システムから予約する

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

脊椎のカーブは必要だからあるのです

身体のしくみ 頭・脊椎・軸 comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

「脊椎はまっすぐではない」

 

これって動くために大事なことです

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

「背中に一本棒を入れておいて」

 

姿勢をただすために

こういうことを言う人もいます

昔は竹の物差しを入れました(笑)

でも これはナンセンス

 

まっすぐな芯を通す

 

そういうニュアンスはわかります

でもこれはあくまでも”イメージ”

実際に体内を通っている脊椎は

カーブをして 胴体を支えています

 

「脊椎はまっすぐな棒」

 

そう思って歩いたり動いたりしたら

どんな感じがするでしょう

 

歩きやすいですか?

どこに力が入りますか?

 

「脊椎にはカーブがある」

「棒じゃなくて骨の集合体」

 

そう思って動いたら

歩きやすさはどう変わるでしょうか

腕や脚の力の入り具合はどうでしょうか

 

もちろんあなたの脊椎は

骨がカーブしながらつながっています

良かったですね(^^)

 

脊椎の4つのカーブは 

最初から4つだったわけではありません

 

お母さんのお腹の中にいたときは

ただ丸くなっていましたよね

カーブは後ろに一つです

 

首が座って うつ伏せなると

頭を上げて顔を起こすようになります

首=頚椎のカーブができます

 

まだ背中から腰は丸いです

四つ足の動物を思い浮かべるとわかりますね

(円山動物園のオランウータンとマレーグマ)

 

上体を起こして 立って歩くようになると

全体のバランスが取れてくるにつれ

腰=腰椎にもカーブができます

 

こうして 2つの前のカーブができて

結果としてカーブは4つになりました

完成するのは10歳頃といわれます

これは 立って安定して活動するために

必要があってできた形です

 

カーブがあることで

・衝撃を吸収できる

 (クッション=椎間板も入ってるし!)

・さまざまな形状や方向に変化しやすい

 (つまり動きやすい)

というメリットもあります

この特質は 踊るときに活かしたいですね!

 

 

逆にカーブを減らしたらどうなるでしょう

どんなことが起きるか 考えてみてください

 

私はカーブを減らそうとがんばって

いろいろなトラブルに見舞われました

自然の姿に余計なことをし過ぎましたね(^^;

 

自分の身体の 自然なシステムと

しくみを活かして使いましょう(^^)b

 

ーーーレッスンのご案内ーーー

 

身体のしくみを 見て触れて動いて学ぶ

「踊る身体の骨&コツレッスン」

 

1日集中ワークショップ

8月11日(金) 13:30〜17:30

 1日で軸・腕・脚の大事なしくみを

 ピックアップして学びます

RESERVA予約システムから予約する

 

マスタークラス(年間コース)

8月15日(火) 19:15〜21:45

8月16日(水) 14:15〜16:45

 足首・足について学びましょう

RESERVA予約システムから予約する

 

アレクサンダー・テクニークを使って

もっとスムーズな身体の使い方を学ぶ

「身体を活かす使い方 アレクサンダー・テクニーク」

 

1日体験ワークショップ

8月12日(土) 13:30〜17:30

RESERVA予約システムから予約する

 

通常グループレッスン

8月9・23日

 14:15〜15:45

8月3・17・24・31日

 19:15〜20:45

RESERVA予約システムから予約する

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

背骨・脊柱よりも ”脊椎”派です(^^)

身体のしくみ 頭・脊椎・軸 comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

背骨・脊椎・脊柱

 

いろんな呼び方がありますが

あなたはどれを使いますか?

 

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

踊るための身体のしくみを

また少しずつ振り返っています

 

今日は いわゆる「背骨」

 

私としては「脊椎」と呼びたいです(^^)

 

だって 背骨って言うと

背中にありそうじゃないですか

ノドを通っている骨を「背骨」って言う?

「首の骨」ですよね

 

首の骨 = 頚椎

背中の骨 = 胸椎

腰の骨 = 腰椎

 

用語的にはエリア別に名前があるけど

でも 全体はつながっているのですよ

 

分けた言葉を使っていると

自分の意識の底(いわゆる無意識)でも 

違うものに扱ってしまうのですね

 

だから 全体で「脊椎」

仙骨や尾骨 尻尾の先まで脊椎!

 

それと 背骨っていうと

やっぱり背中にある気がしちゃいます

でも背中に触れるのは突起です

たとえばこれは胸椎の部分

 

突起も大事なのだけど

重さを支える仕事をしていて

あなたが思う カーブを描いている骨は

もっと前を通っています

 

背中にあると思ってしまうと

いろんなものが後ろにズレていきます

だから 「背骨」にしたくないのね

 

もう一つ 「脊柱」というのもあります

まさに柱のように積み重なっているんだけど

柱っていったら 普通はこれでしょ

 

曲がった柱ってないですよね

だから「脊柱」って思っていると

やっぱり意識の底で

まっすぐにしたくなっちゃうのです

 

使う言葉って大事なのです

自分が 自分の身体をどう思っているか

どんなイメージに理解しているのか

それを表していますからね!

 

なので・・・ 

私は「脊椎(せきつい)」派です(^^)

 

AT Danceで身体を学ぶとき

たんなる解剖学ではなく

自分の身体をどう信じているか

そこを見直すことを大事にしています

 

知識は大事だけど

それを自分に落とし込むこと

体感すること

 

あぁ 私の身体ってそうだよね!

 

それをぜひ学んでいって欲しいです(^^)

「踊る身体の骨&コツレッスン」

そういうクラスです

 

8月10日(木) 13:15〜15:45

 腕全体のしくみを学びましょう

RESERVA予約システムから予約する

 

8月11日(金) 13:30〜17:30

 軸・腕・脚の大事なしくみを

 ピックアップして学びます

RESERVA予約システムから予約する

 

8月15日(火) 19:15〜21:45

8月16日(水) 14:15〜16:45

 足首・足について学びましょう

RESERVA予約システムから予約する

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

頭ってこれよ

身体のしくみ 頭・脊椎・軸 comments(0) trackbacks(0) さちこ(HN:寝子)

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

頭ってどれですか?

 

そう質問すると

みんな 頭を抱えるのだけど

髪がある部分だけになっちゃう

 

頭の一番下は 前から見るとどこ?

 

そう質問すると

どこ? ってみんな迷う

 

たかが「頭」だけど

実は身体にとって一番大事なもの

 

脳が入っているだけでなく

 

身体の一番上端にあって

とても重くて

全体に影響しているから

 

身体全体の動きはもちろん

あなた全体のあり方

あなた全体の反応

あなた全体の考え

いろいろなことに影響してる

 

だから 頭のこと

よく知っておいてね(^^)

 

脊椎の端にのって 一番上にある

頭って これだよ(^^)b

アゴは頭じゃないからね〜

 

【踊る身体の骨&コツレッスン 1:頭と脊椎】

7月13日(木) 13:15〜15:45

新宿マイスタジオ6C

 

→ ご予約・詳細はこちら

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM